Academic Box Logo

ポケットモンスターXY&Zの魅力とは?アニメファン必見!



ポケットモンスターXY&Zの魅力とは。アニメファン必見。



最終回の放送回数は?

ポケモンアニメXY&Zシリーズは何回目の放送が最終回ですか?

最終回です。

ポケモンアニメXY&Zシリーズは、今回で本ストーリーは最終回ですが、上の予告動画のような外伝的な話の放送はまだ残っています。

詳しくみる ⇒参照元: サトシとセレナのキスシーンも登場。ポケモンアニメXY&Zシリ...

ポケットモンスターXYの新シリーズの制作基準

ポケットモンスターXYの新シリーズは何に基づいて作られているのか?

ポケットモンスターXYの新シリーズはポケットモンスターX・Yのゲームをベースに作られている。

ポケットモンスターXYの新シリーズは、ポケットモンスターX・Yのゲームをベースにしており、BWシーズン2 デコロラアドベンチャー最終話と直接繋がるストーリーが展開される。

シルエットクイズの形式が変更され、次回予告ではサトシとピカチュウが登場するアニメーションが入り、サトシが「さあみんな!

一緒に行こうぜ!

次の冒険へ!!」と言ってモンスターボールを投げて本編映像に入る形式となっている。

詳しくみる ⇒参照元: ポケットモンスター XY

最終回の出来事

ポケモンアニメXY&Zシリーズの最終回で何が起こったのか?

ポケモンアニメXY&Zシリーズの最終回では、サトシがセレナにキスをするシーンがありました。

ポケモンアニメXY&Zシリーズの最終回では、サトシがセレナ、シトロン、ユリーカとお別れをするシーンがあり、セレナの言葉からキスをする場面が描かれました。

キスを画で見せない表現が使われ、それが非常に良い演出として評価されています。

詳しくみる ⇒参照元: サトシとセレナのキスシーンも登場。ポケモンアニメXY&Zシリ...


『ポケットモンスターXY』の監督は誰?

アニメ『ポケットモンスターXY』の監督は誰ですか?

矢嶋哲生

アニメ『ポケットモンスターXY』は、2013年10月17日から2016年11月10日まで放送されたアニメで、ポケットモンスターシリーズの5期にあたります。

監督は矢嶋哲生で、シリーズ構成は冨岡淳広が担当しています。

また、本作をラストに一部のメインライター陣が降板しました。

物語は、サトシがパンジーとピカチュウと共にカロス地方行きの飛行機に乗るところから始まり、ミアレシティの空港に到着したところから冒険が始まります。

詳しくみる ⇒参照元: ポケットモンスター XY(アニメ)

ポケットモンスターXYの新シリーズの特徴

ポケットモンスターXYの新シリーズの特徴は何ですか?

ポケットモンスターXYの新シリーズは、ゲーム『ポケットモンスター X・Y』をベースにしている。

ポケットモンスターXYの新シリーズは、ゲーム『ポケットモンスター X・Y』をベースにしている。

ストーリーはBWシーズン2 デコロラアドベンチャー最終話と直接繋がる形で展開され、一部のキャラクターと舞台が一新されている。

ポケモンのシルエットクイズの形式も変更され、次回予告ではサトシとピカチュウが登場するアニメーションが入る。

放送直前スペシャルや先行上映会も行われた。

詳しくみる ⇒参照元: ポケットモンスター XY

ヒャッコクジムのゴジカに勝利後の作品

『XY』でヒャッコクジムのゴジカに勝利した後の位置づけとなっている作品は何ですか?

本作は『XY』でヒャッコクジムのゴジカに勝利した後の位置づけとなっています。

『XY』でヒャッコクジムのゴジカに勝利した後の位置づけとなっており、舞台・登場キャラ・設定が引き継がれるほか、『最強メガシンカ』に登場したキャラクターも登場しており、『XY』と『最強メガシンカ』がリンク(交差)することが特徴ともなっている。

『XY』での総作画監督は広岡トシヒトが単独で担当していたが、本作では広岡トシヒトと小山知洋が数話ごとに担当しており、共同で担当した回もある。

サトシゲッコウガ、ジガルデ・コア、ジガルデ・セル、ジガルデ・10%フォルム、ジガルデ・パーフェクトフォルムが登場し、『XY』には登場しなかった第6世代のポケモンも登場するようになる。

なお、ジガルデのフォルムチェンジやサトシゲッコウガはゲームにおいては第7世代『ポケットモンスター サン・ムーン』で登場する。

サブタイトルの表示やアイキャッチ、提供は『XY』を引き継いでいる。

OP後の提供クレジットのアニメーションはピカチュウからプニちゃん(ジカルデ・コア)に変更された。

第25話(通算118話)以降は、Aパート後の提供ではボルケニオン、次回予告後の提供ではマギアナに変更されている。

2015年11月5日放送の第2話(通算95話)「熱血ハリボーグ!

狙われたプニちゃん!!」で通算900回目の放送を達成した[注 14]。

エンディング後のおまけコーナーは「オーキド博士のポケモンホロキャスター」に替わり、施設やポケモン等にスポットを当てた様々なテーマを混ぜ込んだコーナーが始まり、幾つかに分けられている。

その回の後日談を放送する場合もあり、「オーキド博士のポケモンホロキャスター」では使われなかった劇場版を含む過去の映像が使われている。

テレビ東京系列で2016年1月28日に放送された第12話(通算第105話)内のミニコーナー「パフォーマー通信」では、OLM内に新設されたデジタル作画チームにより、シリーズにおいては初となるデジタル作画が行われている[5]。

2016年4月7日より、放送時間を5分繰り上げ、18:55 – 19:25の放送となる[6]。

本アニメシリーズの放送時間帯変更はPMが木曜19時枠にて放送再開した1998年4月以来18年振り[注 15]となる。

詳しくみる ⇒参照元: ポケットモンスター XY


ポケモンの主題歌で最もヒットした曲は何か

ポケモンの主題歌で最もヒットした曲は何か?

『めざせポケモンマスター』

1997年に放送が開始されたアニメ「ポケットモンスター」の主題歌で最もヒットした曲は、松本梨香が歌う『めざせポケモンマスター』である。

この曲は1997年にリリースされ、半年以上にも及ぶロングヒットを達成し、185万枚以上を売り上げるヒット曲となった。

詳しくみる ⇒参照元: 【人気投票 1~61位】歴代ポケモン主題歌ランキング!みんな...