Academic Box Logo

ユニクロの情報製造小売業を実現させた5つの要素とは?



ユニクロの情報製造小売業を実現させた5つの要素とは。



ユニクロのセルフレジシステムの機能

ユニクロのセルフレジシステムはどのように機能しているのか?

ユニクロのセルフレジはRFIDタグを読み取って自動的に商品登録を行うシステムである。

ユニクロのセルフレジシステムは、RFIDタグを読み取って自動的に商品登録を行うシステムである。

セルフレジ横のくぼみに商品を投入するだけで、バーコードを読み込ませる必要はない。

さらに、各種キャッシュレス決済手段やモバイル決済にも対応しており、会計にかかる時間を短縮している。

RFIDタグは、ユニクロが2017年から商品に付与し始めたものであり、小売業界全体を変革する可能性を秘めた技術となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 「ユニクロ」のファストリが目指す“情報製造小売業”とは何か…...

ユニクロの「情報製造小売業」への施策

ユニクロがビジョンとして掲げた「情報製造小売業」に向けて、具体的にどのような施策を実施してきたのか?

ユニクロは「情報製造小売業」への変革を宣言し、消費者が求めるものを作るために製品開発の時間軸を短縮しました。

ユニクロは2015年をピークに日本の店舗を半減させた海外ブランドの衰退に対して、ビジネス、商品品質や価格に敵わなかった可能性があります。

ユニクロは「情報製造小売業」への変革を宣言し、消費者が求めるものを作るために製品開発の時間軸を短縮しました。

これにより、消費者の指向とのズレをなくし、より多様な側面を持つ日本市場への適合を図りました。

ユニクロの成長を見ていると、海外ブランドの衰退とは異なり、ユニクロのビジネス、商品品質や価格に敵わなかった可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: ユニクロが掲げたビジョン「情報製造小売業」を実現させた5つの...

RFID導入の理由

ファーストリテイリングがRFIDを導入した理由は何ですか?

ファーストリテイリングがRFIDを導入した理由は、Avery Dennison社の製品を使用していたことがきっかけであり、両社の提携関係が10年以上にわたっていたからです。

ファーストリテイリングは、Avery Dennison社の製品を使用していたことがきっかけで、RFIDの導入に取り組みました。

両社の提携関係は10年以上にわたっており、ファーストリテイリングはAvery Dennison社のタグを使用することで、セルフレジの読み取り速度や精度を改善し、顧客に受け入れられるシステムを開発しました。

また、ファーストリテイリングは製造から流通、販売までを自社で手がけるため、RFIDをエンド・ツー・エンドで導入し、全体の最適化を図る意向です。

丹原氏は、今後もRFIDを活用しつつ、他の技術も含めて全体の最適化を進める考えを示しています。

詳しくみる ⇒参照元: 「ユニクロ」のファストリが目指す“情報製造小売業”とは何か…...


ユニクロの特徴

ユニクロの特徴は何ですか?

ユニクロはベーシックなデザインのアパレルブランドであり、究極の普段着を提供しています。

ユニクロは「究極の普段着」というコンセプトを掲げ、ベーシックなデザインのアパレルブランドとして随一の存在感を持っています。

ユニクロの親会社であるファーストリテイリングは、年間売上2兆円を超える大企業であり、世界3,527店舗を展開しています。

ユニクロは日本を代表する企業であり、アパレル業界で世界3位の売上を誇るグローバル企業でもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 情報製造小売業を目指すファーストリテイリング(9983)、改...

ファーストリテイリングのデジタル部門の方針

ファーストリテイリングのデジタル部門では、どのような方針を採っているのか?

ファーストリテイリングのデジタル部門では、「グローバルワン」という方針を採っており、国内外の市場を含めてシステムから流通、販売までを一元管理している。

ファーストリテイリングのデジタル部門では、エンジニアが業務のスタッフと一緒になってソフトウェアを構築しており、フィードバックを直に得てシステムの改良が行われている。

また、ファーストリテイリングでは「グローバルワン」という方針を採っており、国内外の市場を含めてシステムから流通、販売までを一元管理している。

デジタル部門は1つしか存在せず、ユニクロやGUを含むすべてのブランドを管理している。

エンジニアリングチームの半分近くが外国籍であり、社員間でのコミュニケーションは英語で行われている。

ファーストリテイリングは東京とニューヨークにグローバルヘッドクォーターを設置し、エンジニアが世界中で活躍する場が増える可能性を示唆している。

デジタル部門では、データサイエンスやアーキテクトに関する人材も求められており、現場に近いところで新しいチャレンジや発想を活かすことができる環境を提供している。

詳しくみる ⇒参照元: 「ユニクロ」のファストリが目指す“情報製造小売業”とは何か…...

ファーストリテイリングの戦略的パートナーシップの影響

ファーストリテイリングが重要な取引先と「戦略的パートナーシップ」を構築したことは、どのような影響を与えたのか?

ファーストリテイリングは、重要な取引先との戦略的パートナーシップを構築することで、手の届く価格帯の製品を提供することができた。

ファーストリテイリングは、ユニクロ特有の素材や従来高級品としての製品を大量生産することで手の届く価格帯にすることができた。

この成功は、ファーストリテイリングが重要な取引先と「戦略的パートナーシップ」を構築し、技術のある企業を内部に取り込み、開発・企画していけたことに大きく関係している。

詳しくみる ⇒参照元: 情報製造小売業を目指すファーストリテイリング(9983)、改...


他のブランドの機能性はどうか?

ユニクロの機能性に匹敵するのは何か?

意匠性素材と着崩せるパターン

ユニクロの機能性に匹敵するのは意匠性素材と着崩せるパターンではなかろうか。

グローバルブランド事業は15.0%伸びても1416億円と全社売上の5.1%(前期5.4%)に過ぎず、コントワー・デ・コトニエ事業の減損損失とリストラ費用で営業赤字が30億円(前期8億円)に拡大したが、業績への影響は軽微にとどまる。

プラステ事業は増収で赤字幅が縮小し、セオリー事業は大幅な増収増益とアナウンスしている。

世界をインフレが席巻する中、高単価なブランド事業の拡大は必定で、セオリー事業のラグジュアリー化が期待される。

欧米ユニクロ事業が本格的な収穫期に入る24年8月期の売上収益3兆500億円(10.2%増)、営業利益4500億円(営業利益率14.8%)は中国事業に異変がない限り、余裕で達成できるのではないか。

一株あたり配当金は40円増の330円を予定しており、株式を3分割した前々期からは6割の増配になる。

詳しくみる ⇒参照元: 飛躍する「ユニクロ」、苦闘する「無印良品」 なぜ明暗が分かれ...

ユニクロのビジネスモデルの進化

ユニクロのビジネスモデルはどのように進化しているのですか?

ユニクロはお客様とダイレクトにつながり、お客様のご要望をすぐにカタチにするビジネスモデルへと進化している。

ユニクロは合繊メーカーとの協業で開発した画期的な素材や、高品質な天然素材を使用したベーシックなデザインのブランドとして、世界中でシェアを拡大しています。

ユニクロはLifeWearというコンセプトに基づき、世界中のあらゆる人々の日常を快適にする究極の普段着をつくり続けています。

デジタル化が進んだ現代社会のなかで、ユニクロはお客様とダイレクトにつながり、お客様のご要望をすぐにカタチにするビジネスモデルへと進化していきます。

詳しくみる ⇒参照元: 事業紹介|ファーストリテイリンググループ採用情報

ユニクロのビジョンにおける3つの要素

ユニクロのビジョンにおいて追加された3つの要素は何ですか?

C O 2削減・廃棄物Z E R O、安心・安全に配慮した事業の実現、循環型経済の実現

ユニクロは「製造小売業」から「情報製造小売業」へと変革し、2021年にさらに「サステナブルな情報製造小売業」への変革を目指すビジョンを掲げた。

このビジョンには、C O 2削減・廃棄物Z E R O の実現、安心・安全に配慮した事業の実現、循環型経済の実現の3つの要素が追加された。

ユニクロは経営陣がリーダーシップを取り、パーパスやビジョンの見直しを行っており、顧客を起点としたコーポレート戦略やバリューチェーン戦略の立案と実践、新たなる技術革新などを通じて企業活動を実行している。

詳しくみる ⇒参照元: ユニクロが掲げたビジョン「情報製造小売業」を実現させた5つの...




海外ユニクロ事業の売上収益と営業利益の成長率

海外ユニクロ事業の売上収益と営業利益はどれくらい伸びたのか?

売上収益は15.2%増の6202億円、営業利益は25.0%増の1043億円になった。

海外ユニクロ事業は売上収益が15.2%増の6202億円、営業利益が25.0%増の1043億円に伸びた。

これにより、海外ユニクロ事業の売上収益は全社売上の52.0%を占めることになり、営業利益率も15.8%に達した。

特に欧米事業は収穫期に入り、売上収益が49.1%増の1913億円、営業利益が82.5%増の273億円になった。

これらの成果が今後の業績を押し上げることになる。

詳しくみる ⇒参照元: 飛躍する「ユニクロ」、苦闘する「無印良品」 なぜ明暗が分かれ...

ユニクロの最も高い営業利益率の地域はどこですか?

ユニクロの営業利益率はどの地域が最も高いですか?

東アジア事業が最も高いです。

ユニクロの営業利益率は、東アジア事業が17.7%で最も高く、売上規模はユニクロのグレイターチャイナ事業を上回っています。

一方、東南アジア・オセアニア事業は前期から低下しており、欧米事業はまだ収益化の段階にあります。

ユニクロの海外事業の売上高の大部分は東アジア事業によるものであり、中国への依存が続いています。

詳しくみる ⇒参照元: 飛躍する「ユニクロ」、苦闘する「無印良品」 なぜ明暗が分かれ...

「情報製造小売業」を実現させるための5つの要素

「情報製造小売業」を実現させるための5つの要素は何ですか?

①お客様とダイレクトに繋がる顧客基盤、②お客様の声を起点にした情報の商品化、商品の情報化、③リアルタイムな情報展開、④デジタル技術の活用、⑤グローバルな展開

ユニクロは「情報製造小売業」を目指し、5つの要素を実現しています。

まず、お客様とダイレクトに繋がる顧客基盤があります。

ユニクロは5700万人のアプリ会員を持ち、お客様・店舗からの声を収集し、個々のお客様に寄り添った情報発信を行っています。

次に、お客様の声を起点にした情報の商品化と商品の情報化があります。

ユニクロはお客様の声をリアルタイムに分析し、新しい商品アイデアを創出し、年間50品番以上の商品開発を実現しています。

また、ユニクロは撮影スタジオを新設し、リアルタイムに新商品を情報化する基盤を構築しています。

さらに、ユニクロはリアルタイムな情報展開とデジタル技術の活用を行っています。

ユニクロの商品はLifewearマガジン、カタログ、E Cサイトなど様々なチャネルを通じて即時展開されています。

最後に、ユニクロはグローバルな展開も行っており、海外ブランドと比較しても突出した会員数を獲得しています。

詳しくみる ⇒参照元: ユニクロが掲げたビジョン「情報製造小売業」を実現させた5つの...


ユニクロの成長の原動力

ユニクロの成長の原動力はどこにあるのか?

ユニクロの成長の原動力は日本からグレーターチャイナ、東南アジアのエリアへの拡大です。

ユニクロは日本からグレーターチャイナ、東南アジアのエリアへと広がり、成長を遂げています。

また、ジーユーはファッションと低価格を強みとし、日本市場を中心に約2,400億円の売上を創出しています。

ファーストリテイリングは有明プロジェクトを通じて情報を商品化する新しい産業に取り組んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 事業紹介|ファーストリテイリンググループ採用情報