Academic Box Logo

【滋賀】滋賀"大学"の経済学部で学ぶ魅力とは?先輩の入学理由とカリキュラムを徹底解説!



ライターの遠藤です。滋賀’大学’の経済学部で学ぶ魅力とは。先輩の入学理由とカリキュラムを徹底解説します。



滋賀大学の経済学部への入学理由

滋賀大学の経済学部に入学した理由は何ですか?

近江商人の精神を活かすため

滋賀大学の経済学部に入学した理由は、近江商人の精神を活かすことができるからです。

経済学部は2023年度から総合経済学科となり、専攻に分かれるため、将来をゆっくりと考えることができます。

また、1、2回生で基礎を学ぶことができる教育内容も魅力的です。

また、会計士を目指すために国立大学で学ぶ必要があり、滋賀大学は会計士資格を目指すための教育が充実しています。

さらに、関東圏で過ごしてきた経験から、関西にも行ってみたいという思いもあり、滋賀大学を選びました。

滋賀大学の経済学部は知名度が高く、就職にも有利なため、就職実績も魅力的です。

詳しくみる ⇒参照元: 先輩が、滋賀大学に入学を決めた理由

滋賀大学経済学部の特徴

滋賀大学経済学部の特徴は何ですか?

滋賀大学経済学部は受験科目が3科目で受けられるため、得意科目のみを受験できます。

滋賀大学経済学部は、偏差値55.0で倍率3.0倍という競争率が高いですが、受験科目が3科目で受けられるという特徴があります。

国語と外国語は必須ですが、数学と地歴公民から自由に選べるため、得意科目のみを受験できます。

さらに、経済学部は経済、ファイナンス、企業経営、会計情報、社会システムの5つの学科に分かれており、倍率も異なります。

特にファイナンス学科の倍率が比較的低めであり、狙い目とされています。

ただし、偏差値は55.0と決して低くはないため、しっかりとした学習と試験対策が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 滋賀大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!

経済学部(夜間主)の特徴

経済学部(夜間主)の特徴は何ですか?

経済学部(夜間主)は、就職に有利であり、学費が安く、学習環境が整っています。

経済学部(夜間主)は、就職に有利であり、学費が安く、学習環境が整っています。

夜間主コースでは、昼間主との受講内容、卒業後や就職の際でも昼間主と同じであり、入学金や授業料が昼間主の半額であり経済面の負担が少なくなると考え志望されています。

また、経済学部(夜間主)では、英語TOEIC-IPや難関資格指導が充実しており、就職に有利です。

さらに、滋賀大学は旧商大でもあり、就職に有利な点もあります。

学習環境も整っており、昼夜の差がほとんどないため、家庭の経済面への負担を減らしながら通える距離にあるという利点もあります。

経済学部(夜間主)では、経済活動を支える金融取引に興味を持ち、金融機関に就職したいと考える学生が多く、ファイナンスを学ぶための環境が整っています。

詳しくみる ⇒参照元: 先輩が、滋賀大学に入学を決めた理由


滋賀大学を選んだ理由

滋賀大学を選んだ理由は何ですか?

立地や教育内容、就職実績などが魅力的だったからです。

滋賀大学を選んだ理由は、立地の良さや教育内容の充実、就職実績の高さなどが魅力的だったからです。

また、学習環境や教職を目指すための充実したプログラムも魅力の一つでした。

さらに、地元での学びや自宅から通える利便性も大きな要素となりました。

経済学部では、知名度や就職に強いという評判もあり、自分の将来に有利だと感じました。

教育学部では、教員になるための適切な教育を受けることができると考えました。

滋賀大学は士魂商才を大切にし、近江商人の精神を持つ大学としても知られており、その考え方に共感しました。

詳しくみる ⇒参照元: 先輩が、滋賀大学に入学を決めた理由

滋賀大学経済学部への合格に向けた学習内容と勉強法

滋賀大学経済学部に合格するにはどんな学習内容を、どんな勉強法ですすめるのかイメージをしながら見ていきましょう。

滋賀大学経済学部に合格するには、正しい対策、勉強法を実行する必要があります。

滋賀大学経済学部に合格するには、正しい対策、勉強法を実行する必要があります。

どんな入試方式があるのか、受験できる入試科目は何か、合格最低点や合格ラインについて、偏差値や倍率、入試問題の傾向と対策など、把握しておくべき情報、データがたくさんあります。

詳しくみる ⇒参照元: 滋賀大学|経済学部対策|オーダーメイド受験対策カリキュラム

受験勉強時間の目安は?

滋賀大学経済学部に合格するために必要な受験勉強時間はどれくらい?

滋賀大学経済学部に合格するためには、2000〜3000時間が目安です。

滋賀大学経済学部に合格するためには、2000〜3000時間の受験勉強時間が必要です。

高2の夏休みからの受験勉強開始が必須であり、高1から始める場合は平日1時間、休日2〜3時間が目安です。

長期休暇も1日1〜2時間の勉強時間を確保することがベストです。

高2では平日2〜3時間、休日4〜5時間の勉強時間が目安であり、高3では平日3〜4時間、休日6時間の勉強時間が目安です。

ただし、受験科目や科目数、開始時期、学校の課題や授業内容、学習への取り組み方により、目安時間以上に学習時間を確保しないといけない場合もあります。

普段の授業対策に加えて、上記の勉強時間を目安に受験勉強を進めてみてください。

詳しくみる ⇒参照元: 滋賀大学|経済学部対策|オーダーメイド受験対策カリキュラム


滋賀大学の特徴

滋賀大学の特徴は何ですか?

滋賀大学は明治時代に開設された滋賀県師範学校がもとになっており、大学として設立されたのも1949年と非常に歴史ある大学です。

滋賀大学は明治時代に開設された滋賀県師範学校がもとになっており、大学として設立されたのも1949年と非常に歴史ある大学です。

教育憲章では、21世紀を切り開く3Cスピリット(創造Creation、協同Cooperation、貢献Contribution)を合言葉に、「先進的な教育研究」「国際的連携の推進」「市民的公共心」の3つを理念に掲げています。

これらをもとに、文理融合の基礎となるデータサイエンスリテラシー科目の必修化や実践型教育プログラム、アントレプレナーシップ、国際交流アソシエイト、協定大学との交換留学などの制度を整備。

さらに、最近ではサイバー空間と現実世界を融合させた「Society5.0」に対応できる人材の育成を目指して、未来社会研究やデータサイエンスの全国最高水準の教育拠点を目指す取り組みを推進しています。

また、経済学部にある付属史料館では、江戸時代に滋賀県を中心に活躍した近江商人に関する文献などの史資料を豊富に所蔵しており、経済の歴史に興味がある人にとってもおすすめの大学です。

滋賀大学の卒業生には、宇野宗佑元総理やトヨタ自動車副社長の小林耕士さん、産経新聞代表取締役の飯塚浩彦さん、京都銀行代表取締役の土井伸宏さん、カブドットコム証券会長の能島伸夫さんなど、政治家や日本を代表する企業の経営陣など、そうそうたる顔ぶれが揃っています。

詳しくみる ⇒参照元: 滋賀大学で入りやすい穴場学部はどこ?偏差値や倍率を徹底調査!