Academic Box Logo

越後線の運行情報をチェック!新潟県民の予想は的中?



越後線の運行情報をチェック。新潟県民の予想は的中。



越後曽根駅の開業年

越後曽根駅は何年に開業した?

1912年(大正元年)

越後曽根駅は1912年(大正元年)に開業した。

詳しくみる ⇒参照元: 越後線 各駅停車の旅

越後線の遅れの影響要因は何ですか?

越後線は何の影響で遅れが出ているのですか?

雪の影響で遅れが出ています。

雪の影響で、越後線の吉田~新潟駅間の下り線の一部列車に遅れが出ています。

この雪による遅れは、通常運行している越後線にとっては奇跡的な出来事とも言えるほどのものです。

詳しくみる ⇒参照元: 「越後線いきてる?」 本格的な降雪で、新潟県民の予想は的中

新潟県内での雪による鉄道の遅れと運休

新潟県内で本格的な雪が降り、鉄道の遅れや運休が相次いだことについて何が言及されているか?

新潟県内では本格的な雪となり、鉄道は遅れや運休が相次いだ。

新潟県内では本格的な雪が降り、鉄道の遅れや運休が相次いだ。

写真付きのツイートでは、JR越後線の駅ホームが一面の雪景色に覆われている様子が投稿されている。

越後線は全線単線であるため、片方が遅れていたらもう片方も必然的に遅れるため、雪の影響も受けやすいとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 「越後線いきてる?」 本格的な降雪で、新潟県民の予想は的中


遅れの原因は何か?

何が遅れ始めたのか?

越後線の列車が遅れ始めた。

2017年12月6日9時過ぎ、越後線の列車が遅れ始めた。

大雪の影響で内野~新潟駅間の一部列車が運休している。

新潟市民は電車をギャンブルと考えている。

詳しくみる ⇒参照元: 「越後線いきてる?」 本格的な降雪で、新潟県民の予想は的中

白山駅の乗車人員の順位

白山駅の乗車人員は新潟市内の駅ではどこに次いで多いですか?

新潟駅に次いで多いです。

白山駅は新潟市中央区に位置し、市役所、大学病院、県立がんセンター、県立・私立高校などが近くにあります。

乗車人員は新潟市内の駅では新潟駅に次いで多いです。

駅舎はホーム下の地下に設けられており、駅北側には地下へつながる入り口があります。

南口は一方通行の道路に面しています。

隣接駅は上り側が関屋駅(1.5km)、下り側が新潟駅(2.6km)です。

周辺には白山公園や白山神社、信濃川やすらぎ堤などの観光スポットもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 越後線 各駅停車の旅

新潟大学前駅の開業時期

新潟大学前駅はいつ開業したの?

1984年(昭和59年)に開業した。

新潟大学前駅は、新潟大学の五十嵐地区への移転と越後線の電化完成と共に1984年に開業した駅である。

キャンパスまでは徒歩で約15~20分かかる。

詳しくみる ⇒参照元: 越後線 各駅停車の旅


増発社会実験の開始年

吉田 - 内野間の増発社会実験は何年から始まったのか?

吉田 - 内野間の増発社会実験は2007年4月1日から始まった。

この区間の1日当たりの平均通過人員は吉田 – 内野間が1987年度9,444人、2017年度が7,650人とやや減少しているが、内野 – 新潟間は1987年度が22,300人、2017年度が23,253人で横ばいである。

吉田以北の沿線2自治体のうち、新潟市は2007年4月1日から政令指定都市へ移行したのに伴い、越後線沿線の西川・巻・岩室の各地区は西蒲区の区域となり、巻駅近くに区役所が置かれた。

同市内のJR線は市内8行政区のうち南区を除く7行政区を経由している。

西蒲区を除く6行政区については、新潟駅から区役所等(北区・中央区・江南区・秋葉区・西区=各区役所、東区=東区役所石山出張所)所在駅までの運行間隔が昼間20分間隔となっているのに対し、西蒲区域全域を含む内野以西の区間は、昼間50 – 70分間隔となっていた。

また交換設備が設けられていない駅が多いため列車の増発に限界があり、後述する強風による遅延・運休が頻発するなど設備上の問題点も山積している上、越後線に並行する国道116号も交通量の増加によって渋滞や速度低下が慢性化しつつあった。

このため燕市・新潟市と沿線各地区の住民組織、沿線に所在する大学・専門学校各校などはJR東日本新潟支社に対し、交換設備の増設など設備面の改善と、吉田 – 内野間の運行間隔を他区間同様20分間隔に短縮するなど運行体制の改善を求めている。

特に新潟市は、公共交通の振興を目指して2008年春に策定した短中期計画「にいがた交通戦略プラン」において「越後線の利便性向上」を重点プロジェクトの一つとして挙げており、運行頻度向上や各駅の利用環境改善、交通結節機能の強化などを課題としている。

また2010年12月には西蒲・西両区の自治協議会が吉田 – 内野間の列車増発を求め、要望書と共に合計約4万1千人分の署名を市に提出したのを受け、市は2011年1月、JR東日本新潟支社に署名簿を提出し列車増発などを要望。

これに対しJR東日本新潟支社側は「前向きに検討したい」と回答した。

詳しくみる ⇒参照元: 越後線

岩室温泉の特産品

岩室温泉の特産品は何ですか?

岩室温泉の特産品は「からし巻き」です。

岩室温泉は、新潟市西蒲区和納にある温泉地であり、岩室駅からバスやタクシーで約10分の場所にあります。

この温泉地は、「越後の毒消し」発祥の地でもあります。

また、岩室温泉では地元で非常に有名な特産品である「からし巻き」が提供されています。

からし巻きは、干した大根でからしを巻いて味つけし寝かせたもので、地元の食卓にはお馴染みの一品となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 越後線 各駅停車の旅