Academic Box Logo

ユダヤ人とは...?アメリカがユダヤ人に寄り添う理由とは?



ユダヤ人とは…。アメリカがユダヤ人に寄り添う理由とは?



ユダヤ人迫害の最大の事件

ユダヤ人迫害の最大の事件は何か?

ナチス・ドイツによるホロコースト

啓蒙思想とともにユダヤ人解放思想が生まれ、19世紀のヨーロッパ各国でユダヤ人にも公民権が与えられるようになったが、反ユダヤ主義の運動も現れ、ロシアでは「ポグロム」と呼ばれる迫害が繰り返された。

しかし、史上最大のユダヤ人迫害は、ナチス・ドイツによって行われ、500~600万のユダヤ人が強制収容所などで殺された(「ホロコースト」)。

詳しくみる ⇒参照元: ユダヤ人(ユダヤじん)とは? 意味や使い方

イスラエル寄りの姿勢の理由

イスラエル寄りの姿勢を貫いている理由は何ですか?

アメリカは歴史的な背景からユダヤ人国家を支持しており、中東政策においてイスラエルに寄り添っています。

アメリカの中東政策においてイスラエル寄りの姿勢を貫いている理由は、歴史的な背景と政治的な理由の二つが挙げられます。

アメリカが超大国になったのは第二次世界大戦後であり、それ以前は中東に関心がなかったため、中東におけるアメリカの関与はユダヤ人国家が建設された後から始まりました。

アメリカはユダヤ人国家を支持する立場から中東を見始め、その姿勢を現在も維持しています。

詳しくみる ⇒参照元: アメリカがイスラエル寄りの理由「ユダヤ人が米社会で極めて大き...

アメリカにおけるユダヤ人の影響力

アメリカにおいてユダヤ人はどのような影響力を持っているのか?

ユダヤ人はアメリカの政治に極めて大きな影響力を持っている。

アメリカにおいてユダヤ人は非常に大きな影響力を持っており、金融・エンターテイメント業界を中心に資本を持っている。

そのため、アメリカの政治にも大きな影響を与えている。

また、ユダヤ人のコミュニティは高い教養と知識を持った人たちの集団であり、アメリカの社会においても重要な存在である。

さらに、アメリカの選挙はテレビ選挙が圧倒的であり、ユダヤ人の影響力はそれによってさらに拡大している。

詳しくみる ⇒参照元: アメリカがイスラエル寄りの理由「ユダヤ人が米社会で極めて大き...


バイデン大統領のイスラエル寄り発言の理由

アメリカのバイデン大統領はなぜイスラエル寄りの発言をしているのか?

アメリカのバイデン大統領はイスラエルとの連帯を示すためにイスラエル寄りの発言をしている。

アメリカのバイデン大統領は、ガザ北部の病院への爆撃事件を受けてイスラエルとの連帯を示すためにイスラエル寄りの発言をしている。

ジャーナリストの立岩陽一郎氏によれば、アメリカにはユダヤ人が極めて大きな存在しており、特に金融やエンタメ業界においてユダヤ資本が大きな力を持っているため、イスラエルを支持するのは仕方がないとされている。

また、立岩氏はイランをキーワードにして、日本には事態の沈静化に向けて重要な役割があると指摘している。

詳しくみる ⇒参照元: アメリカがイスラエル寄りの理由「ユダヤ人が米社会で極めて大き...

ユダヤ人の定義とは?

ユダヤ人とは何ですか?

ユダヤ人はイスラエル人であり、セム族の一派である。

ユダヤ人はイスラエル人であり、セム族の一派でアラム族の一つでアモライト・ヒッタイト・フィリスタインと混血して成立しています。

ユダヤ人は古代イスラエルの一支族であり、ユダ王朝の住民であると狭義には定義されます。

バビロン捕囚後、ユダの地に帰り住んだ民を指し、その後ローマ帝国によって世界各地への離散を余儀なくされました。

現在、ユダヤ人の総人口は約1300万人で、イスラエル国のほか、アメリカ合衆国、旧ソ連地域、ヨーロッパ諸国に散在しています。

詳しくみる ⇒参照元: ユダヤ人(ユダヤじん)とは? 意味や使い方

ハスモン朝によるユダヤ人の獲得

ユダヤ人がハスモン朝のもとで何を獲得したか?

政治的・宗教的自由を獲得した。

ペルシア帝国滅亡後、ユダヤ人はアレクサンドロスの帝国の支配下に入ったが、その後ディアドコイの争いに巻き込まれ、プトレマイオス朝エジプト、セレウコス朝の支配を経験した。

セレウコス朝の弾圧によりユダヤ人は結束を強め、ハスモン家のユダス=マカバイオスがマカベア戦争を起こし、ハスモン朝のもとで政治的・宗教的自由を獲得した。

詳しくみる ⇒参照元: ユダヤ人


ユダヤ教とキリスト教の関係の変化

ユダヤ教とキリスト教の関係はどのように変化したか?

ユダヤ教はローマでは劣勢となり、むしろ異教として否定されるようになった。

古代のユダヤ人の歴史は、イェルサレム神殿の第一期と第二期とに分けて整理するとわかりやすい。

第一神殿期におけるヘブライ史の著しい特徴は、「預言者」の存在であり、その時代が生み出したものは「(旧約)聖書」であった。

第二神殿期において、ユダヤ人が、それまでもっぱら、それと結びつけられていた土地(パレスチナ)から切り離された結果、その明らかとなったものは「ラビ」であり、その文学的祈念碑は「タルムード」であった。

2~4世紀、ローマ帝国内に離散(ディアスポラ)したユダヤ人は、各地で集団を作り、信仰を守った。

政治的な独立は失ったが、ユダヤ教の指導者はこの頃はパトリアルクと言われ、律法(トーラー)を守り、集会所(シナゴーグ)につどい信仰を守り、禁止されることもなく一定の自治を認められた。

それに対してキリスト教はネロ帝などによって弾圧の対象となって厳しく取り締まられた。

そのような中、使徒パウロらは弾圧を受けながら、ユダヤ人のシナゴークにはいりこみ、形式的な戒律の遵守ではなく、悔い改めて神の愛を信じよ、とキリスト教への改宗を働きかけていった。

212年、カラカラ帝がアントニヌス勅令を出し、帝国内のすべての自由人にローマ市民権が与えられたとき、ユダヤ人もローマ市民とされた。

コンスタンティヌス大帝が313年に出したミラノ勅令は、「信教自由令」であって、キリスト教を公認するとともにユダヤ教も他の宗教と共に認められ、その地位は法的には維持されたが、実際にはユダヤ教の衰退が始まった。

キリスト教は帝国内ではユダヤ人以外にも広がって世界宗教となっていったが、民族宗教であるユダヤ教はローマでは劣勢となり、むしろ異教として否定されるようになった。

特にキリスト教徒は、イエスが十字架の苦難によって殺されたユダヤ人のためだと信じ、聖書(マタイによる福音書)にもユダヤ教徒はイエスを殺した責任を永久に負うべきであると説かれていたので、ユダヤ教徒への反感を強めていった。

詳しくみる ⇒参照元: ユダヤ人

過激な国粋主義者の存在

ユダヤ人のなかには何とよばれる過激な国粋主義者がいたのか?

ユダヤ人のなかには「熱心党」とよばれる過激な国粋主義者がいた。

ペルシアにかわったアレクサンドロス帝国ののち、セレウコス朝シリア王国の支配下に置かれたが、シリア王アンティオコス4世の迫害に対してマカベア戦争を起こし、前141年にハスモン朝の祭司王国として独立を回復した。

やがてローマが台頭すると、前63年その属領とされた。

[漆原隆一]前1世紀後半にはローマの庇護(ひご)のもとで、ヘロデ大王が強圧的統治を行った。

ローマからは総督が派遣されたが、ポンシオ・ピラトのもとでイエス・キリストの処刑が行われたことは有名である。

ユダヤ人のなかには「熱心党」とよばれる過激な国粋主義者がおり、これが中心となって第一次ユダヤ戦争を起こしたが、紀元後70年にローマに敗れ、エルサレムは征服されて神殿も焼かれた。

さらに135年にも第二次ユダヤ戦争に敗れ、ユダヤの地はついに廃墟(はいきょ)と化し、その結果ユダヤ人は世界中に離散する身となり、これをディアスポラ(離散)とよんでいる。

神殿を失ったのち、貴族、祭司は力を失い、ユダヤ人の指導者となったのは律法学者(ラビ)であり、彼らの研究成果として聖書解釈の体系である「タルムード」がバビロンとパレスチナで編集されたことは、ユダヤの伝統の集大成としてきわめて重要である。

[漆原隆一]中世ヨーロッパ諸国のユダヤ人に対する態度は一定していないが、一般的にはユダヤ人はキリスト教世界の社会機構から締め出されていた。

土地所有は認められず、ギルドからも排斥された。

必然的に、キリスト教徒には禁じられている金融業、高利貸業などに進出せざるをえなかったこともあり、人々の憎悪の対象となった。

12世紀の後半、異端問題が深刻化するに伴い、迫害はユダヤ人にも及ぶようになり、キリスト教徒がユダヤ人に雇われることや、同居することなどが厳禁された。

13世紀初めにはユダヤ人に差別バッジをつけさせる制度が始まった。

さらに富裕なユダヤ人は王にとっての財貨の源泉とみなされたため、追放と財産没収とが繰り返された。

十字軍時代には、大衆のユダヤ人への偏見、迷信などが増幅され、ヨーロッパ各地で大量虐殺が行われた。

詳しくみる ⇒参照元: ユダヤ人(ユダヤじん)とは? 意味や使い方

ユダヤ人解放の実現過程

ユダヤ人解放はどのように実現していったのか?

市民革命と自由主義の潮流に伴って実現していった。

ユダヤ人解放は、市民革命と自由主義の潮流に伴って実現していった。

アメリカ独立革命、フランス革命、ドイツ統一などが顕著な例であり、立憲主義に基づいて平等な市民権を獲得していった。

しかし、20世紀になってナチス・ドイツ政府による迫害が行われ、ユダヤ人は公職から追放され、職業から排斥されるなどの政策が推進された。

第二次世界大戦では、ユダヤ人は強制収容所で射殺、注射、毒ガスなどによって根絶され、数百万人が殺害された。

一方、第一次世界大戦では、ユダヤ人が連合国側を支援し、イギリスはパレスチナにユダヤ人の国家を建設することを承認した。

しかし、イスラエル国の建設後もアラブ人との間に「パレスチナ問題」が生じ、深刻な国際問題となっている。

詳しくみる ⇒参照元: ユダヤ人(ユダヤじん)とは? 意味や使い方




ユダヤ人のロシア近代化への寄与

ユダヤ人はロシアの近代化にどのように寄与したのか?

ユダヤ人はロシアの近代化に寄与した。

ユダヤ人はロシアの近代化に寄与し、その一方でロシアは東洋的な性格を持ち続けているという認識があった。

詳しくみる ⇒参照元: 『イスラエルの起源 ロシア・ユダヤ人が作った国』(鶴見 太郎...

イスラエルの特徴と文化

イスラエルはどんな国ですか?

イスラエルは中東で戦争をしている小国ですが、強大な軍事力を持っています。

イスラエルは中東で戦争をしている小国ですが、強大な軍事力を持っています。

また、ユダヤ人がナチスによるホロコーストの末に作り上げた国でもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 『イスラエルの起源 ロシア・ユダヤ人が作った国』(鶴見 太郎...

迫害の始まり

ユダヤ人の迫害は何時頃から始まったのか?

13世紀末から14世紀初頭

ユダヤ人の迫害は13世紀末から14世紀初頭に始まり、キリスト教徒との結婚の禁止や職業からの締め出しなどが行われるようになりました。

その後、宗教改革によって反ユダヤ主義は宗教的なものから人種的なものへと変質し、ナショナリズムや反ユダヤ感情の政治利用などを背景に迫害は過激化しました。

ナチス政権下ではユダヤ人は公職からの追放、市民権の剥奪、財産の没収、暴行などの徹底的な迫害を受け、ホロコーストによって600万人のユダヤ人が命を落としました。

詳しくみる ⇒参照元: 迫害の意味とは?ユダヤ人やロヒンギャ難民など実際の事例から学...


ユダヤ人の歴史

ユダヤ人はどのような歴史を持っているのか?

ユダヤ人は古代から現代までの歴史を持ち、差別や迫害に苦しんできました。

ユダヤ人は古代に国家を形成し繁栄しましたが、ローマに征服されてから広く離散しました。

中世以降のヨーロッパでは差別が続き、ナチス・ドイツによる大迫害が起こりました。

ユダヤ人は民族国家樹立を目指すシオニズムを起こし、第二次世界大戦後にイスラエルを建国しましたが、現在もパレスチナのアラブ人との民族対立が続いています。

ユダヤ人の歴史は古代のローマ時代から現代までの様々な時期に分けて整理する必要があります。

ユダヤ人はセム系氏族とされますが、ディアスポラのなかで混血が進み、セファルディームとアシュケナジームの違いが生じました。

現在、ユダヤ人は世界中に分布しており、ユダヤ教を信仰する人々と捉えられています。

詳しくみる ⇒参照元: ユダヤ人