Academic Box Logo

"世界初"のバイクは?ゴットリープ・ダイムラーが発明したリートワーゲンとは



こんにちは、YUKINOと申します。今回は「世界初」のバイクについてお話しします。ゴットリープ・ダイムラーが発明したリートワーゲンというバイクについてご紹介します。



ゴットリープ・ダイムラーによる世界初のオートバイの特徴

ゴットリープ・ダイムラーが作った世界初のオートバイの特徴は何ですか?

ゴットリープ・ダイムラーが作った世界初のオートバイは木製のフレーム、ホイール、タイヤを持ち、補助輪が付いていました。

1885年にゴットリープ・ダイムラーが作った世界初のオートバイは、木製のフレーム、ホイール、タイヤを持ち、補助輪が付いていました。

手元のレバーで2段階のギアを選択できる構造で、エンジン排気量264ccで出力は0.5PS、最速速度は12km/h程度でした。

しかし、ダイムラーは自動車の開発に注力したため、この2輪車の市販化は実現しませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 世界初のバイクは?独ゴットリープ・ダイムラーが発明したリート...

世界初の市販オートバイの製造年

世界初の市販オートバイはいつ製造されたか?

1894年

排気量1489ccの並列2気筒エンジンを搭載し、出力は0.5PSで最高速は45km/hの世界初の市販オートバイは、1894年にヒルデブラント&ヴォルフミュラーによって製造されました。

このバイクは水冷エンジンを搭載し、フレームの下にエンジンが配置されていました。

また、リアホイールは直接長いコンロッドで駆動されていました。

ダイムラーの「リートワーゲン」からわずか10年足らずで登場したこのバイクは、現在のスーパースポーツバイクに近いスタイルで大ヒットしました。

しかし、第一次世界大戦の勃発によって製造中止となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 世界初のバイクは?独ゴットリープ・ダイムラーが発明したリート...

世界初の市販オートバイの製造時期

世界初の市販オートバイはいつ製造されたか?

1894年

排気量1489ccの並列2気筒エンジンを搭載し、出力は0.5PSで最高速は45km/hの世界初の市販オートバイは、1894年にヒルデブラント&ヴォルフミュラーによって製造されました。

このバイクは水冷エンジンを搭載し、フレームの下に配置されたエンジンがリアホイールを駆動する構造を持っていました。

スタイルは現在のスーパースポーツバイクに近く、大ヒットしましたが、第一次世界大戦の勃発によって製造中止になりました。

詳しくみる ⇒参照元: 世界初のバイクは?独ゴットリープ・ダイムラーが発明したリート...