Academic Box Logo

アパートの壁についてるやつ!騒音トラブルを防ぐポイントとは?



アパートの壁についてるやつ。騒音トラブルを防ぐポイントとは。



内見時の注意ポイント

内見時に注意すべきポイントは何ですか?

自分と生活時間帯が似ている人が多く住んでいる物件を選ぶことが重要です。

内見時には、自分と生活時間帯が似ている人が多く住んでいる物件を選ぶことが重要です。

洗濯機や掃除機の音などの生活音に対する過敏さは人それぞれです。

隣や上下の部屋に神経質な人が住んでいる可能性があるため、近隣トラブルの有無を確認することも大切です。

また、予算や空き物件の状況によっては防音性が高い物件に住むことが難しい場合もありますが、家具の配置を工夫することで生活音を軽減することができます。

防音性の高い物件を選ぶと、静かな暮らしを楽しむだけでなく、室内の保温性も高まります。

詳しくみる ⇒参照元: 騒音トラブルを防ぐ! 防音性の高いアパートやマンションを選ぶ...

騒音トラブルを避けるための建築構造の選び方

賃貸物件での騒音トラブルを避けるためには、どのような建築構造の物件を選ぶべきですか?

鉄筋コンクリート構造の物件を選ぶべきです。

不動産コンサルタントの三橋秀行さんによると、賃貸物件での騒音トラブルを避けるためには、建築構造に注目する必要があります。

音は空気の振動によって伝わり、壁の材質や構造によって振動の伝わりやすさが異なります。

一般的なアパートやマンションの建築構造は木造、鉄骨、鉄筋コンクリートの3つに分類されますが、最も防音性が高いのは鉄筋コンクリートです。

鉄筋コンクリート構造の物件ならば、普段の生活音が周囲の部屋まで響くことは少ないです。

逆に防音性が低いのは木造建築で、木材は通気性が良いため音も通しやすいです。

鉄骨構造は木造建築よりもやや音を遮りやすいですが、素材の厚みによって防音性が変わります。

より防音性を高めたい場合は重量鉄骨の物件を選ぶと良いでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: 騒音トラブルを防ぐ! 防音性の高いアパートやマンションを選ぶ...

木造アパートの後悔の多さ

木造アパートは後悔することが多いのですか?

木造アパートは防音性が低く、生活音がうるさく感じられるため後悔することが多いです。

木造アパートは家賃が安く、費用を抑えたい人に人気ですが、防音性が低く生活音がうるさく感じられるため、後悔することが多いです。

隣人や上下階の生活音がかなり聞こえてくるため、テレビやスマホのアラーム音、洗濯機や掃除機の音なども基本的に聞こえます。

また、冷暖房が効きづらく光熱費がかさむという問題もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 木造アパートはやめとけ?避けるべき7つの理由や後悔した人のリ...


石膏ボードかコンクリートかを調べる方法は

石膏ボードかコンクリートかを調べる方法は?

画鋲を壁に刺したときに針先に白い粉が付着すれば石膏ボードです。コンクリートの場合は画鋲が刺さりません。

石膏ボードかコンクリートかを調べるためには、画鋲を壁に刺したときに針先に白い粉が付着すれば石膏ボードであることがわかります。

一方、コンクリートの場合は画鋲が刺さりません。

コンクリートへの取り付けは難しく、アパートやマンションではおすすめされていません。

詳しくみる ⇒参照元: 賃貸(アパート・マンション)でも取付可能なギターハンガーを無...

壁に画鋲を刺してもいいの?

賃貸アパートやマンションで壁に画鋲を刺してもいいの?

原状回復義務によって判断される

賃貸アパートやマンションで壁に画鋲を刺すことは、原状回復義務によって判断されます。

原状回復義務とは、借りたときの状態に戻して退去することを指します。

ただし、普通に使用して傷んだものについては原状回復の対象外とされています。

画鋲を刺すことによって壁紙が傷んだ場合、借り主の故意や過失によって傷んだものであれば、原状回復の義務が発生する可能性があります。

したがって、画鋲を刺す際には注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 賃貸の部屋の壁、画鋲(押しピン)は禁止?代わりになるものはあ...

ピクチャーレールの壁への取り付け方法

ピクチャーレールを壁に取り付ける方法は?

ピクチャーレールを壁に取り付ける方法は、はがせる粘着剤や金属製のワイヤーを使用することができます。

壁に取り付けられたピクチャーレールからワイヤーでカレンダーやポスターフレームをつり下げることができる。

はがせる粘着剤や金属製のワイヤーを使用することで、フレームと壁を固定することができます。

金属製のワイヤーは重たいフレームでも安心ですが、目立つ場合は透明なタイプを選ぶことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 賃貸の部屋の壁、画鋲(押しピン)は禁止?代わりになるものはあ...


給気口の使い方は簡単ですか?

給気口の使い方は簡単ですか?

給気口の使い方は簡単です。

給気口の使い方は簡単で、基本的には開けておくことが推奨されています。

ただし、気密性の高い建物ではなるべく開けっ放しにしておくのが理想です。

給気口には角型と丸形の2種類があり、角型はプッシュ式で押すごとに2段階開く構造になっています。

一方、丸形は蓋を外して使ったり内部を回して使用します。

プッシュ式の給気口にはフィルターが入っており、花粉や粉塵をカットすることができます。

フィルターの寿命は半年ほどで、交換が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: アパートの換気口の使い方!開けっ放しにしておくべき?閉めても...

給気口の使い方と注意点

給気口の基本的な使い方や注意点は何ですか?

給気口を開けることで部屋を効率的に換気することができます。

アパートやマンションの換気口(給気口)の基本的な使い方や注意点についてご紹介します。

給気口は部屋の換気を効率的に行うために設置されており、24時間換気システムの一部として義務づけられています。

給気口を開けることで部屋の空気が循環し、シックハウス症候群などの健康被害を防ぐことができます。

また、給気口は窓を開ける必要がないため、外部の騒音や虫の侵入を防ぐこともできます。

詳しくみる ⇒参照元: アパートの換気口の使い方!開けっ放しにしておくべき?閉めても...

木造アパートの選ばれる理由

木造アパートが選ばれる理由は何ですか?

家賃が安いからです。

入居者の質や、壁に使われている防音素材によって住み心地が左右されることがわかります。

木造アパートが選ばれる理由は「家賃の安さ」建物構造の中で木造アパートが1番安い建物の構造と間取り別の家賃相場建物の構造ワンルーム1K1DK木造45,000円52,000円64,000円鉄骨造58,000円63,000円73,000円RC造66,000円67,000円72,000円SRC造78,000円74,000円112,000円木造アパートはやめとけと言われるのに、選ばれる理由は「家賃が安い」ことにあります。

他の建物構造と比較しても、かなり安いです。

学生、フリーター、新卒など、収入が少ない人など、費用を抑えることを最優先している人が、木造アパートを選択しています。

家賃が安い理由を不動産屋に確認すべき安すぎる物件は「築年数が古い」「住民のモラルがない」「設備が不十分」など住みづらい条件が揃っている可能性があります。

なぜ安いのか、不動産屋に理由を確認しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 木造アパートはやめとけ?避けるべき7つの理由や後悔した人のリ...




防音対策の工夫

防音が考慮された賃貸住宅では、どのような工夫がされているのか?

石膏ボード間にグラスウールを詰め、石膏ボードは二重に張られています。

防音が考慮された賃貸住宅では、石膏ボード間にグラスウールを詰め、石膏ボードは二重に張られています。

また、鉄筋コンクリートの物件でも防音性は物件によって異なります。

窓の構造や取り付け位置によっても防音性が低くなることがあります。

同じ建物に住む住人の影響もあります。

防音性の高い物件を選ぶことで、保温性が高まり、外からの音だけでなく自分自身の音も遮断されます。

これにより、快適な生活が送れるだけでなく、近隣トラブルを未然に防ぐこともできます。

詳しくみる ⇒参照元: 騒音トラブルを防ぐ! 防音性の高いアパートやマンションを選ぶ...