Academic Box Logo

ポーランドの民族衣装の名前とその特徴について!男性・女性の伝統衣装は?



ポーランドの民族衣装には、男性と女性の伝統衣装があります。今回は、ポーランドの民族衣装の名前とその特徴についてご紹介します。



クラクフ地方の男性の民族衣装のきらびやかさの理由

クラクフ地方の男性の民族衣装はなぜきらびやかなのか?

クラクフ地方の男性の民族衣装は、ポーランドの首都がかつてクラクフにあったからです。

クラクフ地方の男性の民族衣装は、白いシャツに青の長いコートのような衣装で、黄色のぼんぼりがあしらわれています。

さらに革製のブーツとマギェルキと呼ばれる帽子も着用します。

これはポーランドの首都がかつてクラクフにあったため、クラクフ地方の男性の民族衣装がきらびやかなのです。

現在はワルシャワが首都ですが、17世紀はじめまではクラクフが首都でした。

クラクフは歴史ある都市であり、多くの由緒ある建造物が残されています。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランドの民族衣装について!男性・女性の伝統衣装は?着用シ...

ポーランドの民族衣装の特別な機会

ポーランドの民族衣装はどのような特別な機会に着用されるのか?

ポーランドの民族衣装は民俗祭、民俗結婚式、宗教的な祝日、収穫祭などの特別な機会に着用されます。

ポーランドの民族衣装(ポーランド語:stroje ludowe)は、地域によって異なります。

彼らは日常生活で着用されていませんが、民俗祭、民俗結婚式、宗教的な祝日、収穫祭、その他の特別な機会に着用されます。

コスチュームは地域を反映し、時には社会的または婚ital状態を反映する場合があります。

ポーランドの民族衣装グループは、ほとんどのポーランドの民族グループによって使用されていました。

民族衣装の最大の発展の時期は、19世紀後半と20世紀の初めであり、農民の特権、商品経済と産業の発展が農民の富の増加を引き起こした。

戦間期には、民族衣装は日常着としてではなく、お祝いの服として扱われ、素晴らしい機会に着用されるようになりました。

衣装の外観は、それが作成されたポーランドの地域、気候条件、経済の種類、社会経済関係、および作成された歴史に依存していました。

コスチュームのアイデアは、高貴で中流階級の服、軍服からしばしば得られました。

バロックとルネサンス時代のヨーロッパのファッションにも影響がありました。

詳しくみる ⇒参照元: 地域の種類–ポーランドの伝統的な民族衣装、ワルシャワ国立民族...

ポーランドの女性用の民族衣装・伝統衣装の3つ目の地方衣装

ポーランドの女性用の民族衣装・伝統衣装の3つ目はどの地方の衣装ですか?

ポドハーレ地方の衣装です。

ポーランドの女性用の民族衣装・伝統衣装の3つ目は、ポドハーレ地方の衣装です。

ポドハーレ地方はポーランドの南に位置する地域で、豊かな自然に囲まれています。

このポドハーレ地方の衣装は、同じポーランドでありながら、これまでご紹介したマゾフシェ地方やルブリン地方の衣装とはまた違った魅力があります。

白いブラウスにアレンジが加えられているのが、ポドハーレ地方の民族衣装の特徴です。

胴体部分のボディスのデザインも個性的で、リボン部分が長いのもポドハーレ地方の民族衣装のポイントです。

ボディスにあしらわれた刺繍も大胆で華やかで、花柄スカートとの相性もよく、女性なら一度は着てみたいと思うでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランドの民族衣装について!男性・女性の伝統衣装は?着用シ...


ポーランドのかわいい民族衣装で有名な街

ポーランドで一番かわいい民族衣装で有名な街はどこですか?

Łowicz(ウォヴィチ)

ポーランドでは、カラフルで華やかな聖体節パレードが開催されています。

その中でも、ポーランドで一番かわいい民族衣装で有名な街はŁowicz(ウォヴィチ)です。

聖体節の祝日であるBoże Ciało(ボジェ チャウォ)には、各地でプロツェシアと呼ばれる行列が行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ポーランド】カラフルで華やかな聖体節パレード

ポーランドの民族衣装の影響要素

ポーランドの民族衣装は何に影響を受けているのか?

他国からの影響を受け時代ごと、地域ごとの変遷や差異が大きい。

ポーランドの民族衣装は、ポーランドで祭礼や民族舞踊の際に身に付けられる地域独自の特色を残した衣服である。

ポーランドは東西ヨーロッパの中継点であり、古くから栄えた多民族国家であったため、他国からの影響を受けて時代ごとに変遷し、地域ごとに差異が大きい。

特に、小ポーランドと大ポーランド地方の民族衣装は、コシューシコの乱やプロイセンなどのドイツ化政策への蜂起のシンボルとしても知られている。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランドの民族衣装

民族衣装ファンにとってのスナップチャンス

民族衣装ファンにとっては絶好のスナップチャンスとは何ですか?

民族衣装を来て参加しているグループが集まっているため、スナップチャンスとなっている。

ポーランドのカジミエシュドルネで開催されている民芸市では、民族衣装を来て参加しているグループが集まっており、民族衣装ファンにとっては絶好のスナップチャンスとなっている。

また、ポーランド各地や周辺国から集まった人たちが様々な民族衣装を着用しており、ポーランド湖水地方のマズーレ地方とは異なる民族衣装の多様性も魅力的である。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランド民族衣装名鑑 1


ルベルスキ地方の男性の衣装の特徴

ルベルスキ地方の男性の衣装はどんな特徴がありますか?

刺繍が入ったジャケットとベルト、女性とおそろいのシャツを来ている。

ルベルスキ地方の男性の衣装は、刺繍が入ったジャケットとベルト、女性とおそろいのシャツを着用しています。

ウォビッツの民族衣装は、緑をベースに様々な色が使われた縞のスカートと特徴的な花の刺繍、赤いバラの刺繍がほどこされた女性らしいふんわりとした袖のブラウスが特徴です。

ポーランドではウォビッツの衣装が一番有名な民族衣装とされています。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランド民族衣装名鑑 1

ポーランドの伝統衣装について

ポーランドの伝統衣装について教えてください。

ポーランドの伝統衣装は、女性が白糸刺繍を施した白いチュール布のボンネットやボディス、スカート、エプロンなどで構成されています。また、既婚女性と未婚女性でボンネットのサイズやデザインが異なります。さらに、地域によっても特色があり、豪華で重厚な衣装が好まれる地域もあります。

ポーランドの伝統衣装は、女性が白糸刺繍を施した白いチュール布のボンネットやボディス、スカート、エプロンなどで構成されています。

既婚女性のボンネットは耳を覆うほどの大きさで、未婚女性のボンネットは小ぶりです。

祭日には黒いビロードのボディスも着られます。

ポーランドの地域によっても特色があり、豪華で重厚な衣装が好まれる地域もあります。

クヤヴィ地方では、シルクハットやアストラカンで縁どりをした帽子、灰色か黒のウールの帽子などが着られます。

結婚式では、紺色の外套が着られます。

また、既婚女性は白いボンネットを付け、白いブラウスやピンクや赤のエプロン、緞子のスカートを着ます。

未婚女性は青系のボディスを着ます。

冬にはトルコ模様のショールが着られます。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランドの民族衣装

ポーランドの伝統的な衣装の特徴

ポーランドの伝統的な衣装にはどのような特徴がありますか?

ポーランドの伝統的な衣装には、麦わら帽子、フェルト帽、青いウールのジャケット、ズボンなどがあります。

ポーランドの伝統的な衣装は、麦わら帽子やフェルト帽を被り、青いウールのジャケットとズボンを穿くことが一般的です。

婚礼などの特別な場合には、赤糸刺繍の茶色の「スクマナ」を着用し、赤いアップリケの付いたシャツや金属ボタンで飾った革ベルトを外に出します。

女性の衣装はクラクフに準じており、特徴的なジャケットや赤いアップリケ、小さな赤い立ち襟をヴェストの上に重ねます。

マゾフシェ地方では、鮮やかな縞模様の女性服が有名で、ウォヴィチの衣装では黒いフェルト帽を飾り付けます。

男性は袖なしの無地のジャケットと縞模様のズボンを着用し、腰には毛糸の飾り帯を締めます。

女性は刺繍のブラウスやボディス、刺繍やビーズの飾り付きスカートに、さまざまな色の縞模様のエプロンを締めます。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランドの民族衣装




ポーランドの民族衣装・伝統衣装の着用シーン

ポーランドの民族衣装・伝統衣装を着用するシーンは何か?

ポーランドの民族衣装・伝統衣装を着用するシーンは、結婚式やカトリックの聖体節など様々な場面で行われます。

ポーランドでは、民族衣装・伝統衣装を着用するシーンがいくつかあります。

結婚式では、新郎新婦やゲストが民族衣装を着てダンスパーティーを楽しむことがあります。

また、カトリックの聖体節では、男性も女性も民族衣装を着てパレードを行います。

さらに、ポーランドの女性用の民族衣装には可愛らしい髪型や花飾りが特徴で、花のモチーフを使った柄が多く見られます。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランドの民族衣装について!男性・女性の伝統衣装は?着用シ...

ウォヴィチの重さの理由

ポーランドの伝統衣装ウォヴィチはなぜ重いのか?

ウォヴィチの伝統衣装は重たいです。

ポーランドの伝統衣装ウォヴィチは、カラフルなスカートや刺繍のブラウス、スカーフや花冠などで構成されています。

しかし、この衣装は見た目とは裏腹にとても重いのです。

実際の重さは約10キロにもなります。

この重さの理由は、昔の人々が刺繍や飾りが多く重たい衣装を身に着けることで豊かさを象徴していたからです。

現在では、衣装をレンタルする人が多いそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 【ポーランド】カラフルで華やかな聖体節パレード

ポーランドの有名な民族衣装の地方

ポーランドの民族衣装で最も有名な地方はどこか?

小ポーランド地方

ポーランドの民族衣装で最も有名な地方は小ポーランド地方である。

かつての首都クラクフを中心に発展した南部の地帯であり、他の地方でもこの地方の民族衣装が着られることが多い。

男性の衣装には「マギェルキ」と呼ばれる帽子や「スクマナ」というケープ付きの外套、「キュレヤ」という白やベージュや紺の外套などがあり、女性の衣装にはスカーフやスカート、エプロンなどがある。

また、小ポーランド地方の一部であるシロンスク地方や下シレジア地方でも独自の民族衣装が存在する。

詳しくみる ⇒参照元: ポーランドの民族衣装


ロズバークタイプポーランドの民族衣装の開花期間

ロズバークタイプポーランドの民族衣装は何世紀まで開花しなかったのか?

19世紀後半まで

19世紀後半まで、ロズバークタイプポーランドの民族衣装は田舎で農民の不法占拠と農奴制の廃止まで開花しなかった。

農民の法的地位が変わり、農村コミュニティの一般的な生活条件の改善に貢献した。

衣装は高価な刺繍、レース、宝飾品などで装飾され、より豊かになった。

詳しくみる ⇒参照元: 地域の種類–ポーランドの伝統的な民族衣装、ワルシャワ国立民族...