Academic Box Logo

なぜ体重が落ちない...?ダイエット初期に体重が減らない理由を解説



なぜ体重が落ちない…。ダイエット初期に体重が減らない理由を解説します。



体重が減らない理由

なぜ食事を減らしているのに体重が減らないのですか?

運動不足や筋肉量の低下、生理前の体の変化などが原因です。

ダイエットしているのに体重が減らない原因について、栄養士による解説があります。

食事を減らしているのに体重が減らない理由として、運動不足や筋肉量の低下、生理前の体の変化などが挙げられます。

運動を行わないと消費カロリーが少なくなり、摂取カロリーを上回ることができないため、食事量を減らしても痩せにくくなります。

また、筋肉量が少ないと基礎代謝量が低下し、脂肪の燃焼が難しくなります。

さらに、生理前は体がむくみやすく、体重も増えやすい傾向があります。

生理前の体の変化によって、ダイエットの効果が出にくくなることもあります。

詳しくみる ⇒参照元: なぜ?「そんなに食べてないのに体重が減らない…」間違いダイエ...

たんぱく質の摂取と基礎代謝の関係

たんぱく質を摂取して筋肉量を増やすと基礎代謝がアップすることを意識すべきですか?

筋肉量を増やすと基礎代謝がアップします。

ただ体重を落とすのではなく、引き締まったヘルシーな美しさを手に入れたい方は筋トレ習慣を身につけましょう。

たんぱく質を摂取して筋肉量を増やすと基礎代謝がアップし、同じトレーニングをしても消費できるカロリーが増加します。

ダイエットは一朝一夕で結果が出るものではなく、継続して取り組むことが重要です。

フィットネスクラブTIPNESSが運営するオンラインフィットネスtorciaなら、自宅で現役インストラクターの指導を受けることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 一定の体重から痩せないのはなぜ?ダイエット初期に体重が減らな...

食事制限をしている方に多い傾向

食事制限をしている方に多いのは何か?

基礎代謝が落ちたことによる停滞

食事制限をしている方に多いのが、基礎代謝が落ちたことによる停滞です。

摂取カロリーを減らそうという前向きな気持ちも大切ですが、寒天や野菜などの低カロリーなものばかり食べていると体の筋肉量がガクンと落ちてしまいます。

筋肉量と基礎代謝量はある程度比例しているため、「食事制限をする→筋肉が減る→基礎代謝が落ちてカロリーが消費されない→体重が落ちない」というサイクルになってしまうのです。

詳しくみる ⇒参照元: 一定の体重から痩せないのはなぜ?ダイエット初期に体重が減らな...


痩せないときの対処法

一定の体重から痩せないときの対処法は何ですか?

有酸素運動や睡眠の質を高めることがおすすめです。

一定の体重から痩せないときに試したい対処法を4つ紹介します。

生活習慣を見直し、睡眠や入浴、ストレス解消にも注意しましょう。

特に睡眠はダイエット成功のカギであり、寝具やブルーライトのカットなどで質を高めることが重要です。

また、有酸素運動を行うことで脂肪を落とし、体重減少が期待できます。

有酸素運動は内臓脂肪や皮下脂肪の燃焼に効果的であり、ストレス解消や睡眠の質向上にも役立ちます。

さらに、筋トレも見た目痩せに効果的です。

詳しくみる ⇒参照元: 一定の体重から痩せないのはなぜ?ダイエット初期に体重が減らな...

効果的な体重減促進アクティビティ

体重減を促進するためにはどのようなアクティビティが効果的ですか?

動き続けることが重要です。

体重減の目標に向かって順調に進むためには、動き続けることが重要です。

ただ立っているだけでもカロリー燃焼を促進することができます。

また、階段を登る、お店の玄関から離れたところに車を停める、ジャンピングジャックをするなど、毎日のルーティーンにカロリーを燃焼させるアクティビティを取り入れることも効果的です。

詳しくみる ⇒参照元: ヘルシーなライフスタイルを送っているのに、なかなか体重が落ち...

タンパク質の摂取量の目安

タンパク質の摂取量の目安は何ですか?

タンパク質は体重1kgにつきタンパク質1gを目安に摂取しましょう。

タンパク質は筋肉量を増やし、基礎代謝を上げるために必要な栄養素です。

体重1kgにつきタンパク質1gを目安に摂取しましょう。

タンパク質が豊富な食品を3食に分けて摂ると、筋肉の栄養源となりやすく、おすすめです。

プロテインを利用する場合は、他の栄養素の摂りすぎに注意しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: なぜ?「そんなに食べてないのに体重が減らない…」間違いダイエ...


筋トレ+有酸素運動の組み合わせでのダイエット効果は?

「筋トレ+有酸素運動」で組み合わせてダイエットを行うと、どうなるの?

脂肪が燃焼されやすくなります。

「筋トレ+有酸素運動」で組み合わせてダイエットを行うと、脂肪が燃焼されやすくなります。

筋トレは「スクワット」がおすすめで、有酸素運動は「無理なくできるもの」を行うことが大切です。

ダイエットはすぐに結果が出るものではなく、長期的な視点で行う必要があります。

食事内容を見直す・運動を習慣化するといった着実な方法で、地道に続けていきましょう。

詳しくみる ⇒参照元: なぜ?「そんなに食べてないのに体重が減らない…」間違いダイエ...

体重が減らない原因は何か?

ダイエット中に体重が減らない原因は何ですか?

ダイエット中に体重が減らない原因は様々ですが、食事の摂り方や運動不足などが主な要因です。

ダイエット中に体重が減らない原因や、効率よく体重を減らすための食事ポイント、おすすめの置き換え食品についてご紹介します。

体重が減らないことで不安になっている方はぜひ参考にしてみてください。

詳しくみる ⇒参照元: 【管理栄養士執筆】ダイエット中に体重が減らないのはなぜ?原因...

体重が減らない原因は何ですか?

体重が減らない原因は何ですか?

食べ過ぎている、早食い・よく噛まない、太りやすい食べ物を好む

ダイエット中に体重が減らない原因は、食べ過ぎていること、早食いやよく噛まないこと、太りやすい食べ物を好むことなどが挙げられます。

体重を減らすためには、摂取カロリーを抑えることや食事の時間をかけることが重要です。

また、健康的な食材を選ぶことも効果的です。

詳しくみる ⇒参照元: 【管理栄養士執筆】ダイエット中に体重が減らないのはなぜ?原因...




体重が減らないときに見直すべきトレーニング

体重が減らないときには、どのようなトレーニングを見直すべきですか?

適度な運動量と筋力トレーニングを行うべきです。

体重が減らないときには、適度な運動量と筋力トレーニングを行うべきです。

減量中に極度の疲労感を感じる場合、ワークアウトをやりすぎている可能性があります。

運動量とカロリーの燃焼量は比例しないことが判明しており、適度な運動をした人と過度な運動に励んだ人は、ほぼ同じエネルギー消費量でした。

中強度レベルの有酸素運動を週に最低2時間半行い、主要な筋肉を鍛えるトレーニングを最低週2回行うことが推奨されています。

また、筋力トレーニングを怠らずに行うことも重要です。

有酸素運動は減量に効果的ですが、脂肪と共に除脂肪体重も減ってしまい、代謝が悪くなり停滞期を引き起こす可能性があります。

筋力トレーニングを行うことで、除脂肪体重が重くなりカロリー消費量が増えます。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】体重が減らないのはなぜ?原因と対処法12

効果的なトレーニング方法

運動しているのになかなか痩せない場合、どのようなトレーニングを追加すれば良いですか?

HIIT(High Intensity Interval Training)トレーニングを追加してみましょう。

運動しているのになかなか痩せない場合、ルポート医師は「HIIT(High Intensity Interval Training=高強度インターバル)トレーニングを追加してみましょう」とアドバイス。

いつもとは異なる運動、たとえばジョギングの途中に全力疾走やジャンピングジャックを取り入れると、より激しい運動ができ、カロリーもいつも以上に燃焼するのだとか。

またHIITトレーニングは短時間で終わるのも良い点。

学術誌『Journal of Obesity』で発表された研究によると、HIITトレーニングを行った人は一般的な有酸素運動を行った人に比べて、体脂肪は減ったという結果が。

筋肉は脂肪よりも重いため、体重的には変化がない場合でも、ウエストがサイズダウンするなどの変化が期待できるとのこと。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】体重が減らないのはなぜ?原因と対処法12

体重減少のタイミングの難しさ

体重が減る時期にたどり着くのはなぜ難しいのか?

体は摂取カロリーを減らすと欠乏していると受け止め、体重を維持しようとするため。

体重が減る時期にたどり着くのはなかなか難しい。

体は摂取カロリーを減らすと欠乏していると受け止め、その状態に抵抗して体重を維持しようとする。

また、体重が減り始めると体の代謝率が衰え、カロリー燃焼率も落ちる。

さらに、体は基準体重から5〜10ポンド内に入っていることをキープしようとするため、体重を減らそうとしても限界値を守るように脳が指令を出す。

ワークアウトが激しすぎると極度の疲労感を感じる場合は、ワークアウトが持続しづらいレベルまで強化しようとしている可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: ヘルシーなライフスタイルを送っているのに、なかなか体重が落ち...


ベストな方法は何か?

何がベストな方法なのか?

適度な激しさの有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせることがベストな方法です。

適度なエクササイズをした人が、ジムであくせく運動した人と同じエネルギー量を使っていた。

NHSが推奨するのは、1週間あたり最低2時間半の適度な激しさの有酸素運動と、主な部分の筋肉に作用する筋力トレーニングを1週間あたり最低2日行うことです。

また、体重を落とす際には、食生活にもっとタンパク質を取り入れることが重要です。

さらに、ストレス解消も大切であり、ストレスホルモンの分泌を抑えるために心がけるべきです。

詳しくみる ⇒参照元: ヘルシーなライフスタイルを送っているのに、なかなか体重が落ち...

エクササイズのルーティーンの変化方法

ワークアウトにおいて、体が同じエクササイズのルーティーンに慣れてしまうことを防ぐためにはどうすればいいですか?

インターバルトレーニングをミックスすると役立ちます。

満腹感を持続するためには、繊維質の豊富な食品を摂取することが重要です。

また、ワークアウトにおいては、体が同じエクササイズのルーティーンに慣れてしまうことを防ぐために、インターバルトレーニングを取り入れることが効果的です。

さらに、水を飲むことや野菜を食べることも、満腹感を持続させるために役立ちます。

詳しくみる ⇒参照元: ヘルシーなライフスタイルを送っているのに、なかなか体重が落ち...

繊維質を含む食品の効果

繊維質を含む食品はどのような効果があるのか?

繊維質を含む食品は満腹感を持続させるだけでなく、便秘の予防にも効果的です。

繊維質を含む食品をたっぷり食べると満腹になるだけでなく、満腹感も持続する。

繊維質は便秘の予防にも効果的であり、腸の蠕動運動を助ける。

また、毎食野菜を食べることで高カロリーの食品を避けることができ、食物繊維の摂取量も増加する。

ストレスを適度に減らすことも重要であり、ダイエット中に強いストレスを感じた場合はヨガや瞑想などを試すことが推奨される。

詳しくみる ⇒参照元: 【医師監修】体重が減らないのはなぜ?原因と対処法12