Academic Box Logo

看護師のインシデントを隠すリスクとは?対策方法を解説



看護師のインシデントを隠すリスクとは。対策方法を解説する。



インシデントレポートの重要性

看護師のインシデントレポート作成はなぜ重要か?

インシデントレポート作成は重要な責務であり、重大な事故を未然に防ぐための手段となる。

医療現場に務める看護師は、患者さんの命を預かっている存在です。

医療事故を引き起すと、患者さんの命に大きな危険を及ぼす可能性があります。

看護師としてインシデントレポート作成は、重大な事故を未然に防ぐための重要な責務です。

ミスや事故の表面的な事象だけでなく、何故それが発生したのかなどを元に作成します。

大事に至らない為に、そもそものインシデントの原因や、師長への報告の仕方などを徹底解説します。

医療機関で発生するインシデントには、様々な種類があります。

厚生労働省が平成13年〜14年に行った調査において報告された代表的な事例としては、以下が挙げられています。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のインシデント事例!師 への報告の仕 とは?

看護師のミス防止に重要な要素

看護師がミスを防ぐために重要なことは何ですか?

指差し確認など、看護師同士が連携をして確認業務をしっかりと行います。

看護師がミスを防ぐためには、以下のことが重要です。

1. 看護師同士が連携をして確認業務を行うこと。

2. 医療や投薬の知識を高めてミスを防ぐこと。

3. 疲れを溜めずに休憩を取ること。

4. インシデントが発生したら報告書を書いて提出すること。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のインシデント事例!師 への報告の仕 とは?

インシデントレポートの活用方法

インシデントレポートはどのように活用されるのか?

インシデントレポートは再発防止のための資料として活用されます。

インシデントが発生した日時や場所、内容の詳細、患者さんの生命危険度や信頼度など、インシデントレポートには様々な情報が記載されます。

インシデントレポートは、インシデントが発生した状況や対応、原因とその後の防止策を報告書に盛り込むことが重要です。

また、コミュニケーションエラーや連携の問題など、インシデントには様々な要因が関与しています。

インシデントレポートは反省文ではなく、再発防止のための資料として活用されます。

インシデントが発生した場合は、隠さずに上司に報告し、再発防止に努めることが重要です。

また、不安なことがあれば先輩や上司に相談することも大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のインシデント事例!師 への報告の仕 とは?


インシデントを防ぐための対処法

インシデントを起こさないためにはどのような対処法があるのか?

インシデントを起こさないためには、自身の行動を見直す必要がある。

インシデントを起こさないか不安に感じている看護師の方は、多いのではないでしょうか。

また、やばいインシデントを起こして、落ち込んだ経験がある方も少なくないでしょう。

このコラムでは、やばいインシデントの事例やその対処法について紹介。

インシデントは患者の命に繋がります。

インシデントを起こさないためにも、今一度自身の行動を見直しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のやばいインシデントとは?よくある事例や対処法を解説

インシデントやアクシデントの防止対策

看護師がインシデントやアクシデントを防ぐためにはどのような対処法があるのか?

インシデントを防ぐためには、確認の徹底や疲労の蓄積に注意することが重要です。

看護師にとって、インシデントやアクシデントを防ぐことは困難ですが、起きてしまったミスに対しては反省し、改善策を考えることができます。

インシデントを防ぐためには、確認の徹底や疲労の蓄積に注意することが重要です。

また、医療に関する知識を高めることで、ミスや医療事故を防ぐことができます。

確認の徹底やチェックの精度向上、口に出して確認するなどの対処法も有効です。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のやばいインシデントとは?よくある事例や対処法を解説

疲労蓄積の影響

疲労が蓄積すると何が起こりやすくなるのか?

集中力が低下し、ミスや医療事故を起こしやすくなる。

疲労が蓄積すると集中力が低下し、ミスや医療事故を起こしやすくなる。

疲れを感じたら、無理をしないで休息を取るように心がけましょう。

インシデントやアクシデントを起こした後は、冷静に発生した理由を分析しましょう。

発生した理由がわかれば、インシデントを未然に防げる確率が高くなる。

インシデントを起こしてしまった背景に言い訳をしないようにしましょう。

必ず報告をすることが重要であり、事実を隠蔽することは避けるべきである。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のやばいインシデントとは?よくある事例や対処法を解説


看護師のミスを防ぐための重要なポイント

看護師が心身の疲れからミスを犯すことを防ぐためには何が重要ですか?

しっかりと休息を取ることが大切です。

看護師は心身ともに疲れやすい仕事です。

集中力が低下してミスを引き起こさないためにも、しっかりと休息を取るようにしましょう。

また、インシデントを起こしてしまったときはしっかり反省し、同じミスを繰り返さないようにすることが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のやばいインシデントとは?よくある事例や対処法を解説

最も多い看護師のインシデント

看護師のインシデントの中で最も多いのは何ですか?

看護師のインシデントの中で最も多いのは処方・与薬のミスです。

看護師のインシデントの中で最も多いのは処方・与薬のミスです。

点滴注射や内服薬、点眼薬、外用薬など、さまざまな薬剤を扱うため、投与量間違いや与薬時間間違い、投薬忘れなどがよく起こります。

また、点滴の投与速度間違いも頻繁に報告されています。

ダブルチェックやバーコード認証などの確認手段があるにもかかわらず、看護師の間違いが多く発生していることが課題とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師がインシデント続きで落ち込んだり、辞めたくなった時に立...

恐れの対象は何か?

なにを恐れているのか?

インシデントを隠すという心理または行為は、回避することなのです。

大切なのは、いかにその気持ちを打ち破るかではないでしょうか?

なにを恐れているのか?

インシデントを隠蔽しようとするとき、人それぞれ隠したい理由があるでしょう。

「能力が無いと思われたくない」「先輩に叱られたくない」「評価が低くなるのを避けたい」「レポートの提出をしたくない」これらの理由には1つ共通点があります。

それは全て語尾が「回避」で終わっていることです。

つまり、インシデントを隠すという心理または行為は、回避することなのです。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師がインシデントを隠すとき~それはアクシデントに変わる




ルーティンワークの確認方法

医療機関でのルーティンワークにおいて、どのような確認方法が推奨されているか?

ダブルチェック体制を敷いて、声に出して確認することが推奨されている。

多くの医療機関では、ルーティンワークにおいてダブルチェック体制を導入している。

特に患者名・薬剤名称・投与量などの重要な情報は声に出して確認することが推奨されている。

医師からの指示変更に関しても、時間を空けずに確認することが重要であり、特に突発的な指示変更や実施時間が決まっている場合は確認を怠ると重大なインシデントにつながる可能性がある。

指示変更後や実施直前には、他の看護師とも情報を共有しながら確認することで、全体としてのインシデント発生率を下げることができる。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師がインシデントを極力減らす方法とは?気をつけるポイント...

病院内での主なインシデントの割合

病院内で引き起こるインシデントの割合は何が多いのか?

「普段なら問題なくできていたこと」や「ふとした瞬間に起こってしまったこと」の割合が大変多いです。

病院内で引き起こるインシデントの多くは、「普段なら問題なくできていたこと」や「ふとした瞬間に起こってしまったこと」の割合が大変多いです。

医療現場ではヒューマンエラーも起こり得るものですが、取り返しのつかない結果を生むこともあります。

そのため、常に緊張感を持ち、ヒヤリ・ハットに気付くことが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師がインシデントを極力減らす方法とは?気をつけるポイント...

インシデントの主な原因

インシデントの主な原因は何ですか?

経験不足や知識不足、マニュアルや手順の不守、不注意が主な原因です。

経験不足や知識不足、マニュアルや手順の不守、不注意が主な原因として挙げられます。

経験不足や知識不足によって業務に対応できない場合や、マニュアルや手順を守らないことで引き起こされるインシデントが多くあります。

また、知識や技術があるにも関わらず不注意が原因でインシデントが発生することもあります。

これらの原因は新人看護師からベテラン看護師まで起こり得るものです。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のインシデント事例!師 への報告の仕 とは?


コミュニケーションエラーの原因

コミュニケーションエラーによるインシデントが起こりやすい原因は何ですか?

他の看護師や医師などと連携が図れていない、業務が忙しい時に他のスタッフに依頼できずひとりで抱えてしまう、報告・連絡・相談ができていない、同僚の看護師と患者のケアに必要な情報交換ができていない

コミュニケーションエラーによるインシデントが起こりやすい原因は、他の看護師や医師などと連携が図れていないこと、業務が忙しい時に他のスタッフに依頼できずひとりで抱えてしまうこと、報告・連絡・相談ができていないこと、同僚の看護師と患者のケアに必要な情報交換ができていないことです。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師のインシデント事例!師 への報告の仕 とは?

看護師のインシデントからの立ち直り方法

インシデントを起こした看護師はどのように立ち直る?

インシデントから立ち直るまでの過程や期間は人それぞれですが、私が今までで経験してきた中で大事にしていることをご紹介します

インシデントを起こした直後は後悔や恥ずかしさに苦しむが、周りの人々の支えや経験談を聞くことで少しずつ立ち直ることができる。

自分を追い込みすぎずに気持ちの整理をつけることが重要であり、落ち込むだけでは意味がない。

インシデントから立ち直るまでの過程や期間は人それぞれであるが、自分に合った方法を見つけることが大切である。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師がインシデント続きで落ち込んだり、辞めたくなった時に立...

心の整理方法とは?

どのように心を整理したらいいか、分からなければ、どうすればいいですか?

同期の看護師や先輩と話をしてみるのもいいでしょう!

開き直るのではなく、その間違いを起こさないためには何が必要か、どう注意したらいいのかを考えていくのです。

ここまで考えないと、失敗から学ぶことができません。

どのように心を整理したらいいか、分からなければ、同期の看護師や先輩と話をしてみるのもいいでしょう!

「自分がインシデントを起こした時はこうだったよ」とまわりの経験談を聞くと、自分にも同じように当てはまることがあるかもしれません。

いろいろな人のインシデントを参考にすることで、自分が経験したインシデントだけではなく、さまざまな状況をイメージして、トラブルを回避するトレーニングを行うことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 看護師がインシデント続きで落ち込んだり、辞めたくなった時に立...