Academic Box Logo

湘南工科大学の魅力とは?受験生必見!



湘南工科大学の魅力とは。受験生必見。



湘南工科大学のミッション

湘南工科大学のミッションは何ですか?

「社会に貢献する技術者の育成」です。

湘南工科大学は、「社会に貢献する技術者の育成」をミッションとしています。

開学以来、さまざまなフィールドで活躍する技術者を社会に送り出してきました。

湘南工科大学での4年間は、探究心を満たし時代の変化に対応できる力を養い、創造性豊かな、実践力のある技術者になるための時間です。

学生からのメッセージでは、将来の目標に合わせて学べる学部・学科の特徴と魅力が紹介されています。

限りない可能性を全力で応援し、次代の技術者を育成する湘南工科大学です。

詳しくみる ⇒参照元: 受験生の方

最先端技術を学べる研究室の分野

最先端の技術を学べる研究室はどのような分野がありますか?

幅広い分野の研究室があります。

湘南工科大学では、最先端の技術を学べる幅広い分野の研究室が紹介されています。

卒業生のメッセージも掲載されており、彼らが学んだ先輩たちが幅広い業界で活躍していることが紹介されています。

また、湘南エリアの魅力やキャンパスの位置する湘南・辻堂の特徴、施設や学びの環境についても触れられています。

湘南工科大学は、最先端の研究が行える環境を提供しており、学生は充実したキャンパスライフを過ごすことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 受験生の方

大学進学の要素の考慮

私は大学進学の際、どのような要素を考慮しましたか?

大学進学の際、私はVRやARの研究ができる大学を選びました。

週に6日、部活動があったので、土・日もほとんど休みがありませんでしたが、とても充実していました。

また、行事ごとが好きだったので積極的に参加しました。

体育祭では、部活動と両立しながら許される限り競技に参加し、文化祭では、準備期間に下校時刻ギリギリまで残って作業していたことはいい思い出として残っています。

私は当初、大学は情報系の学部へ進学をしようと考えていました。

その中でもVRやARといった分野に特に興味があったので、それらの研究室がある大学を調べていた時に、たまたま湘南工科大学の工学部情報工学科を知りました。

ほかにもVR・ARについて学べる大学はあったのですが、「横断型先端分野学修プログラム」という、2年次から、いま注目の技術をテーマに、学部・学科を越えて発展的に学ぶことができるプログラムは、他大学ではなかなか見かけない取り組みだったので、進学の決め手の一つになりました。

他学部・学科の学生とも交流する機会があり、視野が広がったことを実感しています湘南工科大学の入試は難問・奇問よりも基礎的な問題が多く出ると知ったので、教科書に載っている問題を確実に解けるようにしました。

また、私が受験した時は、理系の大学では珍しく現代文が試験科目になっていました。

そしてその中の設問には、「図が2つ用意されていて、それを指定された文字数で説明する」というものがありました。

この問題の対策として、自分が書いた説明文を友だちに読んでもらって、それをもとに図を描いてもらいました。

それが問題の図と違ったら、私の説明が不十分だったということです。

その違った部分を正しく伝えられるように再度説明文を書き直すといった練習を繰り返し行いました。

入学前は、学校名に“工科大学”とついているので、とにかく専門的なことをたくさん学ぶのだろうと思っていました。

しかし、全学部・学科の学生が受ける「共通基盤ワークショップ」というグループワーク形式の授業もあり、自分とは別の分野を学んでいる人の考え方に触れる機会がありました。

想像していた以上に専門外のことに触れるチャンスが多く、視野が広がったと感じています。

将来はVRを使った商品開発に携わりたい。

詳しくみる ⇒参照元: 湘南工科大学のセンパイ紹介


湘南工科大学附属高等学校の特徴

湘南工科大学附属高等学校の特徴は何ですか?

生徒が実践的な社会経験を積むことができる。

湘南工科大学附属高等学校は、生徒が実践的な社会経験を積むことができることが特徴である。

オンライン会議を通して教員や企業とともにプロジェクトを進行していく経験は、生徒にとっての今後の人生やキャリア教育の観点からも非常に貴重な経験となる。

みなで意見を出し合いながら、みなが集まる場所を目指している。

詳しくみる ⇒参照元: プレスリリース:湘南工科大学附属高等学校がSIT新図書館(仮...

新図書館プロジェクトの目的

湘南工科大学附属高等学校の新図書館プロジェクトの目的は何ですか?

「他にはない魅力的な図書館」を創ることを目指している。

湘南工科大学附属高等学校は、新図書館プロジェクトをスタートし、生徒・教員・企業が一体となって「他にはない魅力的な図書館」を創ることを目指しています。

新しい図書館は2023年5月に完成予定です。

詳しくみる ⇒参照元: プレスリリース:湘南工科大学附属高等学校がSIT新図書館(仮...

環境整備について

本学はどのような環境を整えていますか?

本学はICT環境と設備を整えています。

本学は、ICT環境と設備を整えており、学生支援制度や就職・キャリア支援など、学生の成長をサポートする充実した環境を提供しています。

また、クラブ・サークル学生自治会公認のクラブ・同好会も活発であり、学生同士の交流を深める機会も豊富です。

本学では、学生一人ひとりを見守り、安心して学生生活を送れるような環境を整えています。

詳しくみる ⇒参照元: 受験生の方


矢野さんの高校生活での活動

矢野さんが高校生活で関わった活動は何ですか?

矢野さんは工業高校で電子工学部に所属し、ロボットの製作や子供達への教育活動に取り組んでいました。

矢野さんは工業高校に通っており、電子工学部に所属していました。

彼女はロボットの製作や地域のイベントでの子供達への教育活動に取り組んでいました。

また、彼女はグローバルサイエンスキャンパス(GSC)というプログラムにも参加し、大学の研究室で研究活動を行い、学会での発表も経験しました。

彼女はモノづくりを通じて多くの人と関わることができた高校生活を送っていました。

詳しくみる ⇒参照元: 湘南工科大学のセンパイ紹介

工学部進学の動機

なぜ私は工学部に進んだのか?

自転車のパーツやメンテナンスに興味を持ち、自転車の仕組みと機械工学の関係を知り、機械工学科に進んだ。

数学は得意ではなかったが、自転車のパーツやメンテナンスに興味を持ち、自転車の仕組みと機械工学の関係を知ったことがきっかけで、機械工学科に進学した。

入試では数学の得点を上げるために個別指導塾に通い、英語も復習して受験に臨んだ。

湘南工科大学では授業はスライドや配布資料をもとに進み、体験型科目も多く、実験・実習も行われる。

座学の授業もあるが、手を動かす機会が多く、楽しく学ぶことができている。

習熟度別のカリキュラムで確実に知識が身につく手応えを感じている。

詳しくみる ⇒参照元: 湘南工科大学のセンパイ紹介

湘南工科大学の偏差値は?

湘南工科大学の偏差値はどのくらいですか?

湘南工科大学の偏差値は43~48となっています。

湘南工科大学の偏差値は43~48となっており、情報学部の偏差値は45~48、工学部の偏差値は43~47となっています。

共通テスト得点率は45~57%となっており、各学部・学科や日程方式により偏差値が異なるので、志望学部・学科の偏差値を調べて志望校決定に役立てることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 湘南工科大学/偏差値・入試難易度