Academic Box Logo

高速道路工事中の速度規制に注意!オービスの対策方法まとめ



こんにちは、ライターのYUKINOです。今回は、高速道路工事中の速度規制についてお伝えします。皆さんも一度は経験したことがあるかもしれませんが、工事中の道路では安全のために速度規制が行われます。しかし、その速度規制によってオービスに引っかかることもあるかもしれません。そこで今回は、オービスの対策方法をまとめましたので、ぜひご覧ください。



オービスの設置場所

北海道の高速道路で唯一のオービスはどこに設置されているか?

オービスは江別東から岩見沢方面に走行していくと、中央分離帯キロポスト標識N21.1の所に設置されています。

北海道の高速道路では唯一のオービスは、江別東から岩見沢方面に走行していくと、中央分離帯キロポスト標識N21.1の所に設置されています。

このオービスはループコイル式で、通常のレーダーでは検知できません。

オービスの手前には「速度監視機設置路線」という標識があります。

詳しくみる ⇒参照元: 高速道路の速度規制(50キロ制限)時のオービス動作

光る速度の目安は何キロから?

オービスが光る速度の目安は何キロからですか?

オービスが光る速度の目安は一発免停の罰則に該当する時速30キロ以上(高速道路は40キロ以上)の速度違反です。

オービスはスピード違反をしている車を感知して光り、通過したときに運転者の顔と車のナンバープレートを記録する自動取締装置です。

オービスが光る違反速度について正式に公表されたデータはありませんが、一発免停の罰則に該当する時速30キロ以上(高速道路は40キロ以上)の速度違反でオービスが光る事例が多いと言われています。

ただし、オービスは種類や設置地域によって設定速度に違いがあるため、目安としての数値として参考にしてください。

詳しくみる ⇒参照元: オービスが作動する速度|測定の限界・速度規制はあるのか?

札幌ー岩見沢間のループコイル式オービスの作動速度

札幌ー岩見沢間の速度規制中のループコイル式オービスの作動速度は何キロですか?

オービスの作動速度は一般道で30キロ以上の超過、高速道路で40キロ以上の超過となります。

札幌ー岩見沢間の速度規制中のループコイル式オービスは、一般道で30キロ以上の超過、高速道路で40キロ以上の超過で作動する。

オービスは赤外線カメラを使用しており、スピード違反で撮影される時は赤色のフラッシュが点灯する。

オービスの作動速度の変更がいつされるか分からないため、制限速度以下で走行するのが大原則となる。

詳しくみる ⇒参照元: 高速道路の速度規制(50キロ制限)時のオービス動作


オービスの測定速度の限界

オービスの測定速度に限界はあるのか?

オービスの測定速度には限界があるが、200キロを超えるスピードでも測定される可能性がある。

オービスの測定速度には限界があるという噂があるが、実際には200キロを超えるスピードでも測定されることがある。

中央高速道路での135キロオーバー事件では、違反者が235キロで走行している現場をオービスに検知され逮捕された。

オービスは悪天候による速度規制には対応していないが、スピード違反は道路交通法違反であり、速度規制に従うように注意が必要である。

詳しくみる ⇒参照元: オービスが作動する速度|測定の限界・速度規制はあるのか?

証拠の用意方法

もし、本当に身に覚えのない測定速度が検知された場合には、どのような証拠を用意すれば良いですか?

ドライブレコーダー・運行記録計・同乗者の証言など、自身が違反をしていないという事実を客観的に証明できる証拠を用意しておきましょう。

もし、本当に身に覚えのない測定速度が検知されてしまった場合には、裁判でオービスに誤作動があった可能性を証明しなければいけません。

ドライブレコーダー・運行記録計・同乗者の証言など、自身が違反をしていないという事実を客観的に証明できる証拠を用意しておきましょう。

この場合、専門家のサポートは必須と思われますので、すぐ弁護士に相談されることをおすすめします。

詳しくみる ⇒参照元: オービスが作動する速度|測定の限界・速度規制はあるのか?

速度規制時のオービスの取り締まり対応

雨など速度規制が出されている時、オービスはその規制速度に対応した取り締まりをおこなっているのか?

オービスは規制速度に対応した取り締まりを行っている。

速度規制が出される状況や速度は明確に定義されており、豪雨や強風、霧などの視界不良や降雪、路面凍結などの場合に速度規制が行われる。

オービスも規制速度に対応した取り締まりを行っている。

詳しくみる ⇒参照元: 【取り締まりの疑問】 オービスは悪天候時の臨時速度規制にも対...


速度規制の適用条件

速度規制はどのような場合にかけられることがあるのか?

工事や交通事故による車線の規制などでも速度規制がかけられる場合がある。

高速道路では、工事や交通事故による車線の規制などの場合に速度規制がかけられることがある。

速度規制は、当該区域を管轄する警察(一般的には高速道路警察隊=高速隊)によって実施される。

速度規制の基準は状況に応じて設定され、設定区間も緻密に管理されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【取り締まりの疑問】 オービスは悪天候時の臨時速度規制にも対...

オービスの光らせ方の影響は?

オービスを光らせてしまったらどうなるのか?

オービスを光らせてしまうと、速度違反が検知されて罰金や行政処分を受けることになります。

オービスを光らせてしまうと、速度違反が検知されて罰金や行政処分を受けることになります。

オービスは自動速度違反取締装置のことで、道路上の車の速度を自動計測し、速度超過をしている車両を撮影します。

オービスは24時間365日稼働しており、速度違反をした場合には赤色のストロボが点灯して運転手に速度違反を知らせます。

オービスのデータは警察署に転送され、所有者に出頭命令が出されます。

オービスには6種類の種類があり、それぞれ異なる撮影方法や測定方法があります。

オービス対策をしっかりと行い、速度違反を防止しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: オービスの全てがわかる!6つの種類・流れ・3つの対策まとめ

半固定式オービスのメリット

半固定式オービスのメリットは何ですか?

半固定式オービスは24時間365日、悪天候でも動き続けます。

半固定式オービスは、固定式オービスに比べてコストパフォーマンスが高く、メンテナンス作業も効率的に行えます。

移動式オービスと比べても、半固定式オービスは24時間365日、悪天候でも動き続けることができます。

さらに、高速道路などでの取締りは警察官にとって危険を伴うため、無人で運用できるメリットもあります。

半固定式オービスは頑丈な金属製の金網に入れられ、監視カメラも備えているため、イタズラ対策も行われています。

ドライバーには予告看板が設置されていますが、看板の形状が小さくスリムなため、気づかない人もいるかもしれません。

詳しくみる ⇒参照元: これからも増え続ける? 「“半”固定式オービスとは」




半固定式オービスの作動速度

半固定式オービスはどのような速度で作動するのか?

半固定式オービスは高速道路で制限速度プラス40km/h以上で撮影されると考えられている。

半固定式オービスは、高速道路で制限速度プラス40km/h以上で撮影されると考えられています。

ただし、半固定式オービス本体は対象速度を変更できるため、警察官が近くで監視していれば、青キップレベルでの違反も検挙される可能性があります。

現在、6府県に3か所ずつの拠点と、オービス本体が1台ずつ配備されていますが、今後他の都道府県にも増える予定です。

都心の首都高速などでは設置が難しいため、従来の固定式オービスや移動式オービスが活用されることになるでしょう。

詳しくみる ⇒参照元: これからも増え続ける? 「“半”固定式オービスとは」