Academic Box Logo

東京大学数理教育研究の最新トピックス



東京大学数理教育研究の最新トピックスについて紹介します。



東大の設置内容

東大は何を設置したのか?

数理・情報教育研究センター

東京大学は、データサイエンスや情報技術に関する教育基盤を整備するために、数理・情報教育研究センターを設置しました。

このセンターは、数理・情報教育のカリキュラムを体系化し、全学的な教育を推進することを目指しています。

東大は、数理と情報の能力の重要性が急速に広がっているため、これらの能力を持つ人材の育成が喫緊の課題であると説明しています。

設置されたセンターは4部門に分かれており、対象の学生に合わせた教育を実施しています。

詳しくみる ⇒参照元: 東大、数理情報教育の拠点を全学対象に設置

データサイエンスの定義とは?

データサイエンスとは何ですか?

データサイエンスは統計学や機械学習などの手法を用いてデータを分析し、洞察を得る学問です。

統計学の理論を専門分野として研究しています。

データサイエンスという言葉から連想する内容は人や立場によって様々かもしれません。

このスクールでは、その中でも必ず身につけたい内容を中心として、発展的な内容まで学べるよう設計されていると感じます。

データサイエンスは統計学や機械学習などの手法を用いてデータを分析し、洞察を得る学問です。

データを扱うビジネスにおいては、倫理や法制度の素養も重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 講師紹介 – 東京大学 エクステンション株式会社

マイクロ派の定義とは

マイクロ派とは何ですか?

マイクロ派は可視光線よりもエネルギーが低く、紫外線が最もエネルギーの強い電磁波です。

プラスチックがもろくなるというより、選択肢の中でもっともエネルギーの強い電磁波は紫外線です。

マイクロ派なんて、可視光線よりもエネルギーが低くてこれが危険ならば光も危険になります。

詳しくみる ⇒参照元: - 「数理教育研究会」スタッフブログ


データサイエンスの基礎となる数理的知識を学ぶために必要なスキル

データサイエンスの基礎となる数理的知識を学ぶためにはどのようなスキルが必要ですか?

データサイエンスの基礎となる数理的知識を学ぶためには、統計学の考え方が役立ちます。

データサイエンスの基礎となる数理的知識を学ぶためには、統計学の考え方が役立ちます。

データサイエンスは、データを巧妙な技法で加工して成果を得るというイメージがありますが、加工品が常に有用なわけではなく、結果の吟味が必要です。

統計学の考え方を学ぶことで、データサイエンスの実践において結果を判断する手助けになります。

詳しくみる ⇒参照元: 講師紹介 – 東京大学 エクステンション株式会社