Academic Box Logo

学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガイドライン~『新しい生活様式』を踏まえた学校生活を進めるために

学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガイドライン~『新しい生活様式』を踏まえた学校生活を進めるために


学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガイドライン~『新しい生活様式』を踏まえた学校生活を進めるために。



1

ガイドラインの作成者は誰か?

ガイドラインの作成者は誰か? https://sloc.or.jp 学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガイドラインは誰が作成したのか?

文部科学省

学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガイドラインは、文部科学省が作成したものである。このガイドラインは、新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドラインや教育活動の再開に関するQ&A、衛生管理マニュアルなどを踏まえて策定されている。各県立学校はこのガイドラインに基づいて学校生活の定着に取り組むべきであり、市町教育委員会も地域の実情に応じて各学校の対策を検討・実施することが求められている。ガイドラインの内容は、今後の感染状況や国の通知に応じて見直される可能性があるため、最新情報の確認が必要である。 詳しくみる ⇒ 参照元: 学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガ...

2

学校の役割の再認識とコロナ禍

学校の役割の再認識とコロナ禍 https://www.toyokan.co.jp コロナ禍を通じて再認識された学校の役割については何ですか?

学校の役割を再認識し、生徒の資質・能力の育成に取り組む

コロナ禍を通じて再認識された学校の役割は、生徒の資質・能力の育成に真に必要なものを回復させることです。また、ICT環境を活用し、デジタル技術を生かした教育実践の工夫を取り入れることも重要です。各学校は、基本的な感染症対策を講じながら通常の教育活動を実施することが求められています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 新型コロナウイルス感染症の対応について

3

学校教育活動の再開における重要な要点

学校教育活動の再開における重要な要点 https://toilet-magazine.jp 学校教育活動の再開にあたって重要なことは何ですか?

学校教育活動の再開にあたっては、教職員、幼児・児童・生徒、その保護者、その他学校関係者などの全員が、この認識を共有し基本的な感染症対策を徹底していくことが、重要である。

学校教育活動の再開にあたっては、教職員、幼児・児童・生徒、その保護者、その他学校関係者などの全員が、この認識を共有し基本的な感染症対策を徹底していくことが、重要である。学校では、特に(1)~(6)の基本的な感染症対策を徹底する必要がある。また、学校外における行動についても自ら感染症対策を意識することができるよう学校においてもしっかりと指導していくことが大切である。 詳しくみる ⇒ 参照元: 学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガ...



4

健康観察の項目の例

健康観察の項目の例 https://www.city.hida.gifu.jp 健康観察の項目の例は何ですか?

風邪症状などないか家庭と連携した健康観察を実施する。

文部科学省のQ&Aによると、健康観察の項目の例は「風邪症状などないか家庭と連携した健康観察を実施する」となっています。この項目では、学校で登校した児童生徒の体調管理をより一層行うために、毎朝起床時に検温することや、登校前に検温していない場合は登校後に保健室で検温を実施することが指導されています。また、授業中や昼食前、部活動前など随時、児童生徒の健康観察を行うことも重要とされています。さらに、児童生徒が感染する場合、家庭内感染であることも多いため、家族も健康観察を実施していただくなど、感染症対策を徹底することが求められています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガ...

5

学校到着時の行動ガイドライン

学校到着時の行動ガイドライン http://www.kiki-kanri.jp 学校到着時には何をするべきか?

学校到着時に手洗いをする。

学校到着時には手洗いをすることが重要である。 詳しくみる ⇒ 参照元: 学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガ...

6

感染症予防のための対策

感染症予防のための対策 https://tokushima-hst.tokushima-ec.ed.jp 感染症を予防するためにできることは何ですか?

感染症を予防するためには、正しい情報を知り、適切な行動を取ることが重要です。

感染症を予防するためには、正しい情報を知り、適切な行動を取ることが大切です。感染者や濃厚接触者、医療従事者などに対する偏見や差別は許されません。新型コロナウイルスに感染する可能性は誰にでもあり、感染した本人に罪はありません。正しい情報を知り、自分の人権感覚に基づいた行動をすることが重要です。また、他の人の人権を尊重し、思いやりの気持ちを持つことも大切です。学校では、正しい情報を教え、偏見や差別、いじめの発生を防ぐ取り組みを進めるべきです。 詳しくみる ⇒ 参照元: 学校における新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガ...



7

マスク着用の指導方法

マスク着用の指導方法 https://reseed.resemom.jp マスクの着用の有無による差別や偏見等を防ぐために、生徒に対してはどのような指導が行われるべきですか?

マスクの着用の有無による差別や偏見等を防ぐために、生徒に対して適切に指導する。

マスクの着用の有無による差別や偏見等を防ぐために、生徒に対して適切に指導することが重要である。ただし、今後の感染状況や国の動向によって対応が変更される可能性があるため、詳細な対応については別途通知を確認する必要がある。具体的な対応については各学校や市町村教育委員会にお問い合わせすること。 詳しくみる ⇒ 参照元: 新型コロナウイルス感染症の対応について

8

県教育委員会の対応内容

県教育委員会の対応内容 https://www.pref.hiroshima.lg.jp 新型コロナウイルス感染症への県教育委員会の対応についてはどのような内容ですか?

県教育委員会は、新型コロナウイルス感染症への対応として、国庫補助金や新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、各県立学校の備品整備を行っています。

この記事では、県教育委員会が新型コロナウイルス感染症への対応として行っている取り組みについてまとめられています。具体的には、国庫補助金や新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、各県立学校の実情に応じて必要な備品等を整備しています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 新型コロナウイルス感染症の対応について

9

出席停止措置の期間の決定方法

出席停止措置の期間の決定方法 https://www.town.aisho.shiga.jp 学校園における出席停止措置の期間はどのように決められていますか?

出席停止の期間は、「発症した後五日を経過し、かつ、症状が軽快した後一日を経過するまで」を基準とします。

新型コロナウイルス感染症への感染が確認された幼児児童生徒に対する出席停止の期間は、「発症した後五日を経過し、かつ、症状が軽快した後一日を経過するまで」を基準とすること。無症状の感染者に対する出席停止の期間の取扱いについては、検体を採取した日から5日を経過するまでを基準とします。また、「症状が軽快」とは、従来の社会一般における療養期間の考え方と同様、解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状が改善傾向にあることを指します。 詳しくみる ⇒ 参照元: 5類感染症への移行後の学校園における新型コロナウイルス感染症...



適切な換気や手洗い、咳エチケットの指導などの対策を講じること... 続きは次のページで!