Academic Box Logo

肝臓と心臓のつながりについて知ろう!

肝臓と心臓のつながりについて知ろう!


研究の目的

研究の目的https://www.ri.ncgm.go.jp研究の目的は何ですか?

脂肪肝を引き起こさない、動脈硬化の新治療薬の開発

この研究では、脂肪肝を引き起こさない、動脈硬化の新治療薬の開発を目指しています。動脈硬化は血管の内皮にLDL(悪玉)コレステロールやマクロファージがたまった状態を指し、心筋梗塞の原因となります。現状根本的な治療法がなく、予防することしかできないため、有望な治療法の開発が求められています。詳しくみる ⇒参照元: No.17 肝臓からみる心血管疾患へのアプローチ

脂肪肝やNASHと心血管疾患の関連性についての研究

脂肪肝やNASHと心血管疾患の関連性についての研究http://kyorin-gastro.com脂肪肝やNASHと心血管疾患の関連性について、どのような研究が行われていますか?

脂肪肝やNASHと心血管疾患の関連性についての研究はほとんど行われていません。

脂肪肝やNASHと心血管疾患の関連性についての研究はほとんど行われていません。脂肪肝やNASHは、高血糖や高脂血症を介して動脈硬化を引き起こす原因となる可能性があるという説があります。しかし、まだ十分なエビデンスが集まっていないため、確定的な関連性は示されていません。臨床検査技師の経験からも、脂肪肝をもった患者の中には動脈硬化や循環器系の疾患が悪化する人が多いという観察結果があります。しかし、この結果をもとにした研究はまだ進んでおらず、脂肪肝やNASHを治療することが心血管疾患の改善につながるかどうかは明確ではありません。詳しくみる ⇒参照元: No.17 肝臓からみる心血管疾患へのアプローチ

肝臓の悪化による状態

肝臓の悪化による状態https://seikagaku.jbsoc.or.jp肝臓が悪くなるとはどのような状態ですか?

肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、なかなか自身で症状を自覚することはありません。

肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、なかなか自身で症状を自覚することはありません。また、再生力が旺盛で、早い段階で障害の原因を取り除くことができれば、もとの状態に戻ることも期待できます。再生力を超える障害が生じることがさまざまな問題の原因となります。詳しくみる ⇒参照元: 肝臓|臓器移植Q&A|一般の方



肝臓の働きの分類

肝臓の働きの分類https://ishiinaikadm.net肝臓の働きは何種類に分けられるか?

「必要なものを作る」と「不必要なものを壊す(分解する、代謝する)」

肝臓は、3種類の血管と胆管の計4種類の管が張り巡らされた血液をたくさん含んだ大きな臓器であり、非常に多様な働きを持っています。肝臓の働きは、「必要なものを作る」と「不必要なものを壊す(分解する、代謝する)」の二つに分けることができます。これらの働きは血液検査などで推測することができます。詳しくみる ⇒参照元: 肝臓のかたちとはたらき

肝臓の形状

肝臓の形状https://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp肝臓はどのような形をしていますか?

肝臓はラグビーボールをさらに非対称にしたような形をしています。

肝臓はおなかの上部に位置し、右が大きく左が小さい非対称な形をしています。成人の重量は約1.2kgで、表面はすべすべした膜で覆われています。肝臓はスポンジのように血液をたくさん含んだ臓器で、門脈という血管から血液を送り込まれます。詳しくみる ⇒参照元: 肝臓のかたちとはたらき

ものを作る働きの弱体化の影響

ものを作る働きの弱体化の影響https://jfpaonlineshop.jpものを作る働きが弱れば、どのような影響があるのですか?

体に必要な蛋白質が作られなくなり、成長の障害やむくみが起こることがあります。また、血液が固まりにくくなることもあります。

ものを作る働きが弱れると、体に必要な蛋白質が作られなくなり、成長の障害やむくみが起こることがあります。また、血液を固める働きをもつ蛋白質も肝臓で作られるため、この働きが悪くなると血が固まりにくくなることもあります。一方、不要なものを分解する作用が損なわれると、体に黄色い色がつく「黄疸」が出たり、「アンモニア」が上昇して脳の働きが障害されて意識がおかしくなる(肝性脳症といいます)ことがおこったりします。詳しくみる ⇒参照元: 肝臓のかたちとはたらき



肝硬変の定義と症状

肝硬変の定義と症状https://www.otsuka.co.jp肝硬変とは何ですか?

肝硬変は肝臓が線維化して硬くなり、門脈圧亢進状態になる病態です。

肝硬変は肝臓が線維化して硬くなり、門脈圧亢進状態になる病態です。門脈圧亢進状態では側副路に大量の血液が流れようとし、その場所の血圧が異常に高くなり、さまざまな症状が現れます。肝硬変は肝障害の末期症状であり、慢性進行性肝障害の結果として発生します。肝硬変の主な原因は、ウイルス感染やアルコールの乱用などが挙げられます。肝硬変の治療は、原因に応じた対処療法や肝移植などが行われます。詳しくみる ⇒参照元: 肝臓はどのような構造になっているの?

肝臓細胞の産物

肝臓細胞の産物https://www.natureasia.com肝臓の細胞は何を作っているのか?

胆汁

肝臓の細胞では胆汁という液体を作っている。最初は細かい管を流れ、合流して太くなり、肝臓から出る時には左右の2つの大きな胆管(肝管)となる。これがさらに合流して1本の総胆管になり、十二指腸という消化管につながって、食べ物と胆汁を混ぜ合わせる。詳しくみる ⇒参照元: 肝臓|臓器移植Q&A|一般の方

肝臓と心臓のつながりについての知識を深めることで、私たちの健康にも大きな影響を与えることがわかりました肝臓の重要性を再認識し、心臓との関係を意識して生活することは、健康な体を維持するために欠かせません今後もAcademic Boxでは、さまざまな身体の仕組みについての情報をお届けしていきますので、ぜひチェックしてくださいまた、Academic Boxの最新情報や役立つ知識をいち早く受け取るために、Facebookページへの『いいね』もお願いします!



12