Academic Box Logo

地下鉄サリン事件の真相と警察の対応

地下鉄サリン事件の真相と警察の対応


警察の有毒ガス事案への対応活動

警察の有毒ガス事案への対応活動https://www.npa.go.jp有毒ガス事案への対応で警察が行った活動は何ですか?

警察は駅、ターミナル、デパート、地下街、公共交通機関など不特定多数の人が集まる場所で警戒警ら活動を強化しました。

長野県警察と警視庁はオウム真理教による有毒ガス事件の解決に向けて合同捜査本部を設置し、引き続き捜査を行っている。警察は公共の場所での警戒警ら活動を強化し、検問を実施して不審者への職務質問を行った。また、警察は事業者や管理者との連絡協議会を開催し、環境整備や自主警備体制の強化、防犯カメラの増設などを行った。さらに、警察は地域安全活動を推進し、情報提供や地域警察官の活動を通じて国民の不安感を解消し、同種事案の抑止を図った。詳しくみる ⇒参照元: 第1節 サリンを使用した多数殺人事件等特異な事案の発生と警察...

惨劇の繰り返しと怪物の誕生

惨劇の繰り返しと怪物の誕生https://m.media-amazon.comなぜ惨劇が繰り返されたのか、怪物が生まれたのか。

捜査の限界が露呈した

一斉捜索の2日前の3月20日、オウム真理教の惨劇が起きた。死者13人、負傷者約6300人を出し、さらなる暴発を食い止めることはできなかった。証拠を積み重ねて立件する刑事警察の捜査手法や都道府県警察による捜査の限界が露呈した。被害者の会代表の高橋シズヱさんは、なぜ惨劇が繰り返されたのか、怪物が生まれたのかを求めて裁判所に足を運んでいる。オウム裁判の判決で印象に残っている裁判官の言葉は、「師を誤るほど不幸なことはなく、被告もまた、不幸かつ不運だった」というものだった。詳しくみる ⇒参照元: 地下鉄サリン事件20年

麻原彰晃死刑囚の力量

麻原彰晃死刑囚の力量https://assets.bwbx.io麻原彰晃死刑囚はどのような力量を持っていたのか?

麻原彰晃死刑囚はヨガや瞑想法の指導者として卓越した力量を持っていた。

地下鉄サリン事件や坂本弁護士一家殺害の実行役らと面会や文通を始めた。地下鉄サリン事件の実行犯だった広瀬健一死刑囚など同世代もいた。岡崎一明死刑囚からは、6年余りの間に、70通を超える手紙が届いた。それとは別に30人近い元信者にも繰り返し取材した。麻原彰晃死刑囚というペテン師が、狂信的な信者を操った「異常な事件」と矮小化すべきではないということだ。麻原死刑囚は、ヨガや瞑想法の指導者として卓越した力量を持っていた。詳しくみる ⇒参照元: 地下鉄サリン事件20年



米国の指摘内容

米国の指摘内容https://article-image-ix.nikkei.com米国では何が指摘されたのか?

CIAなどがアルカイダのテロを防ぐ機会を10回も見逃したと指摘された。

米国では10年前の米中枢同時テロの後、独立調査委員会が設立され、1年8カ月にわたって検証された結果、575ページの報告書にまとめられた。報告書では、CIAなどがアルカイダのテロを防ぐ機会を10回も見逃したと指摘された。また、オウム事件では警察の責任が追及されず、警察組織全体の問題として検証すべきだったとされている。被害者支援の道が開かれ、犯罪被害者基本法も制定されたが、カルト組織の恐ろしさや教訓が社会全体で共有されているかは疑問である。米国は引き続き元幹部からの聴取を続けており、日米両政府のテロに対する意識の差が大きいことが示されている。詳しくみる ⇒参照元: 地下鉄サリン事件20年

サリン生成法を独自に開発した国はどこか

サリン生成法を独自に開発した国はどこかhttps://cdn.mainichi.jpCIA文書によれば、どの国の軍がサリン生成法を独自に開発したとされているか?

ロシア軍

CIAの文書によれば、サリン生成法はロシア軍独自のものであるとされている。詳しくみる ⇒参照元: 地下鉄サリン事件

地下鉄サリン事件の真相と警察の対応について、今回は松本智津夫元死刑囚が犯人であることが明らかになりましたこの事件は多くの人々に衝撃を与え、社会に大きな影響を与えました警察の対応についても様々な意見がありますが、今後の事件への対応に生かされることを願うばかりです



12