Academic Box Logo

パナソニックとエネオスが太陽光発電で競争!壁や窓にも活用する最新技術とは?

パナソニックとエネオスが太陽光発電で競争!壁や窓にも活用する最新技術とは?


パナソニックとエネオスが太陽光発電で競争。壁や窓にも活用する最新技術とは。



1

パナソニックHDのガラス建材一体型のペロブスカイト太陽電池の特徴

パナソニックHDのガラス建材一体型のペロブスカイト太陽電池の特徴 https://news.panasonic.com パナソニックHDのガラス建材一体型のペロブスカイト太陽電池は、どのような特徴があるのか?

ガラス建材一体型のペロブスカイト太陽電池は、透光性やデザイン面の観点から窓などのガラス部へ設置が可能であり、都市部を含めた太陽電池の設置場所の増大に貢献する。

日本の平地面積が少なく、建物の屋上も限られるため、建物の窓や壁面を利用した発電が重要となっている。しかし、従来の結晶シリコン系の太陽電池では、ガラス部への設置が課題となっていた。パナソニックHDのガラス建材一体型のペロブスカイト太陽電池は、透光性やデザイン面の観点から窓などのガラス部への設置が可能であり、都市部を含めた太陽電池の設置場所の増大に貢献することが期待されている。また、地産地消の観点では、災害時などの電力供給システムの強靱化にも貢献することが期待されている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 世界初、ガラス建材一体型ペロブスカイト太陽電池 Fujisa...

2

ペロブスカイト太陽電池の利用方法

ペロブスカイト太陽電池の利用方法 https://image.itmedia.co.jp ペロブスカイト太陽電池をどのように利用しているのか?

ペロブスカイト太陽電池をガラス建材一体型の太陽光パネルに設置している。

パナソニックホールディングスは、ペロブスカイト太陽電池をガラス建材一体型の太陽光パネルに設置する実証実験を行っている。この実験では、戸建て住宅の2階ベランダの手すり(腰壁)のガラスパネルとしてペロブスカイト太陽電池を利用している。これにより、太陽光パネルが建材として組み込まれ、建物の外観を損なわずに太陽エネルギーを効率的に利用することが可能となっている。 詳しくみる ⇒ 参照元: パナソニック・ENEOSが壁や窓で太陽光発電 実用化を競う

3

パナソニックのクリーンエネルギーのプラットフォームとは?

パナソニックのクリーンエネルギーのプラットフォームとは? https://sumai.panasonic.jp パナソニックの提案するクリーンエネルギーのプラットフォームとは何ですか?

パナソニックはクリーンエネルギーのプラットフォームとして、太陽光発電による電気を蓄電池や電気自動車にためて、必要なときに自由に使えるシステムを提案しています。

パナソニックはCO2削減に貢献するため、太陽光発電によって発電した電気を蓄電池や電気自動車にためて、必要なときに自由に使える「クリーンエネルギーのプラットフォーム」を提案しています。このシステムでは、モニタを通じて発電状況や電気の使用量を確認することができ、雨の日や夜でも蓄えた電気を活用することができます。また、停電時にも電気を使用することができ、安心して利用することができます。パナソニックでは、関連商品も幅広く取り揃えており、電気自動車の充電設備や家庭の電気を見える化し、設備をコントロールするHEMSなども提供しています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 住宅用太陽光発電システム(個人のお客様向け)



4

パナソニックホールディングスの想定

パナソニックホールディングスの想定 https://ligare.news パナソニックホールディングスは何を想定しているのか?

建材ガラスに直接、太陽電池をインクジェット塗布することを想定している。

パナソニックホールディングスは、建材ガラスに直接、太陽電池をインクジェット塗布することを想定しています。太陽電池自体は不透明ですが、レーザーでスリット状に加工することで光の透過率を20〜80%に調整できます。この方法により、太陽電池は合わせガラスの内面に形成されるため、通常のガラス建材と同様に扱うことができます。 詳しくみる ⇒ 参照元: パナソニック・ENEOSが壁や窓で太陽光発電 実用化を競う

パナソニックとエネオスの競争は、太陽光発電技術の進化を加速させています。ガラス建材一体型のペロブスカイト太陽電池の登場により、窓や壁などのガラス部にも太陽光発電が可能になり、都市部でも設置場所の増大が期待されます。これからもさまざまな企業が新しい技術を開発し、より効率的で持続可能なエネルギーの未来を築いていくことでしょう。