Academic Box Logo

2歳の言葉が出ない子どもについて知っておきたいこと

2歳の言葉が出ない子どもについて知っておきたいこと


言葉の発達の遅れの主な原因

言葉の発達の遅れの主な原因https://parc.medi-care.co.jp言葉の発達が遅くなる主な原因は何ですか?

性格や発達の度合い、コミュニケーションの機会の不足、聴覚に問題があることが原因となります。

言葉の発達が遅れる主な原因は、性格や発達の度合い、コミュニケーションの機会の不足、聴覚に問題があることです。性格や発達のスピードによって、言葉の発達に遅れがあることがありますが、性格に起因している場合はあまり問題にしなくてもよいでしょう。また、コミュニケーションの機会が少ない場合も言葉の発達が遅れる要因となります。さらに、聴覚に問題がある場合も言葉の発達が遅れる原因となります。詳しくみる ⇒参照元: 2歳児が喋らない原因は?言葉の発達を促すには?

違った体験がもたらす子どもの能力

違った体験がもたらす子どもの能力https://one-roof-alliance.comいつもと違う体験をさせることで、子どもはどのような能力を発揮するのか?

いつもと違う体験をさせることで、子どもはすさまじい集中力や注意力を発揮します。

いつもと違う体験をさせる子どもは強く興味・関心を惹かれたものについて、すさまじい集中力や注意力を発揮します。いつもと違う公園に遊びに行ったり、アウトドア・レジャーを楽しんだりと、普段とは異なる場所・アクティビティを経験させれば、いろいろなことに興味を持ち始めます。好奇心から来る刺激が言葉の発露につながることもありますし、子どもが関心を示したものについて親がフォローしたり、説明したりすれば、言語力や語彙力が高まるきっかけにもなるでしょう。詳しくみる ⇒参照元: 2歳児が喋らない原因は?言葉の発達を促すには?

子どもの興味や関心を広げる方法

子どもの興味や関心を広げる方法https://www.shinga-s-club.jp子どもの興味や関心を広げるためにはどうすればいいですか?

刺激となる体験を積み重ねましょう。

子どもの興味や関心を広げるためには、刺激となる体験を積み重ねることが重要です。砂場で遊んだり、花の香りを感じながら水やりをしたり、長靴を履いて水たまりで遊んだりするなど、五感が刺激されるような楽しい体験を提供しましょう。また、子どもが体験から生まれる感情を言葉にするように促すことも大切です。さらに、保護者の方と一緒に楽しく遊びながら、子どもが安心して話せる状況を作りましょう。子どもの気持ちを汲みながら声かけをすることで、子どもは安心感を持つようになります。保護者との関わりを通じて、子どものコミュニケーションの力を育てていきましょう。詳しくみる ⇒参照元: 2歳児が喋らないのは?言葉の遅れの原因や発達を促すトレーニン...



子どもの発達における待つことの重要性

子どもの発達における待つことの重要性https://image.slidesharecdn.com子どもが喋るのを待つことはなぜ大切ですか?

子どもが喋るのを待つことは、子どもの言語発達を促すために重要です。

ママがたくさん話しかけている場合、子どもはそれを聞くだけになっていたりします。そういう場合は、話しかけたら、子どもが喋るのを少し待ってあげる事も大切ですね。子どもが言いやすい言葉:幼児語や効果音を沢山言おう2歳3歳で喋らない、言葉が出ない・遅い子どもの原因に、親が幼児語を話さないことがあります。「ママ」なんて呼んだら恥ずかしいから「お母さん」と教えている。「どうせ教え直さなきゃいけないから幼児語は使わない」こんなお母さんが増えていますが、2歳3歳で言葉が遅い子こそ、幼児語から始めましょう。1歳2歳の頃から、子どは、言いやすくて沢山聞いた言葉から、大人の言葉をまねしていきます。ですから、「ママ、マンマ、おも(お外)」などの幼児語を沢山使っていくと良いですね。もし「お母さん」「お父さん」で長い事教えてしまっている方は、「おとう」とか「おかあ」と呼ばせるのも呼びやすくて良いですよ。「お父さんだよ、おとう」とか「お母さんだよ、おかー」などと話しかけていると、喋るようになります。また、滑り台を滑る「シュー」、ドアをノックする「コンコン」、インターホンを押す「ピンポン」、幼児語にもなっている車の音「ブーブ」なども、動作やオモチャで遊びながら、沢山声掛けしていくと良いですね。効果音は、言いやすい上に、響きが面白いため、よくまねをしてくれます。こんな風にひっぱりっこ遊びで「ギッタンバッコン」という効果音も楽しいですね。>>幼児語とは?例と、幼児語が嫌いなママはご注意「言葉が遅れる原因」になることもまねっこ遊びを取り入れる2歳3歳で喋らない、言葉が出ない・遅い、まねするのが苦手な子は、まずは動作のまねっこ遊びなどをやると良いです。教育番組の「いないいないばあ」を見た後に、同じお歌を歌いながら、一緒にまねをしたり、すると良いです。また、あっぷっぷ、などの顔真似遊びをするのも良いですね。大人のまねが上手になると、言葉のまねも出やすくなります。詳しくは、動作模倣・まね・遊び歌をできるようにする、口形模倣・口角模倣をできるようにする、音声模倣・まねをできるようにするに書いていますので、参考にしてください。口頭指示2歳3歳の子どもが、言葉の内言語を増やして、理解できる言葉を増やしていく方法として、口頭指示があります。詳しくみる ⇒参照元: 【保育士監修】2歳言葉が出ない3歳片言・言葉が遅いと気づいた...

2歳の言葉が出ない子どもについて知っておきたいことをご紹介しましたもし、お子さんが言葉の発達に遅れがあると心配される場合は、早めに専門家に相談することをおすすめしますお子さんの成長をサポートするために、日常のコミュニケーションや遊びを大切にしてくださいどんな小さな進歩も大切に受け止め、応援してあげましょう最後までお読みいただき、ありがとうございました



12