Academic Box Logo

3歳児の発達段階と保育のポイントを解説

3歳児の発達段階と保育のポイントを解説


子どもの気持ちを理解する役割

子どもの気持ちを理解する役割https://www.shinga-s-club.jp子どもの気持ちを汲み取る役割を担うべきは誰ですか?

保育士

子どもは「自分の気持ちをわかってほしい」という思いを抱えているので、保育士が気持ちを汲み取る役割を担いましょう。また「どうしたの?」と気にする子もいるので、「AちゃんもBちゃんも使いたいんだって。どうしたらいいと思う?」と聞いてみてもいいですね。友だちの気持ちを想像できるような働きかけを意識してみましょう。詳しくみる ⇒参照元: 3歳児の発達段階と保育のポイントを解説

3歳児の成長目標

3歳児の成長目標https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com3歳児ができるようになることは何ですか?

あいさつやルールなど決まり事を守れるようになる。

最初は理解できなかった物語の内容に対して徐々に理解を示すようになり、さらに発達すると物語を記憶できるようになります。絵本は親子のコミュニケーションのきっかけになるので、積極的に読み聞かせの時間を取ってみてください。3歳児になってできるようになることとは?前章の内容と少し重なりますが、3歳児は脳や体の発達に伴って、日常生活がどんどんスムーズに送れるようになります。具体的には以下になります。あいさつやルールなど決まり事を守れる朝昼晩のあいさつや、食事の前後のあいさつは社会生活を送る中で重要ですが、これらのあいさつは3歳を過ぎた頃から徐々にできるようになります。今までは親が促していたあいさつを自分から進んでするようになり、あいさつをする習慣が身につきます。「おはよう」「おやすみ」「いただきます」が自ら言えるようになってくるよ。また言葉の意味をある程度理解でき、コミュニケーション力も発達し始めるため、日常の中で決められたルールをしっかり守ろうとする意識も芽生え始めるのが3歳頃です。あいさつ・ルールを守る・他人と意思疎通が図れる、という3つの社会性が見につくと、家族以外の人間ともスムーズに関われるようになります。しかし性格や成長の速度によってはなかなかうまくできない子もいるかもしれません。その場合でも、決して焦らず気長に言い聞かせていきましょう。生活に関わるものごとを一人でできるようになる3歳児は運動機能の発達によって手先が器用になるので、服を着替えたり、トイレに行ったり、食事を一人で食べたり、親のサポート無しで生活できるようになっていきます。詳しくみる ⇒参照元: 3歳児のできることってどんなこと?成長の目安や発達状態を解説

イヤイヤ期と反抗期の違い

イヤイヤ期と反抗期の違いhttps://image-select.mamastar.jp3歳児のイヤイヤ期と反抗期の違いは何ですか?

イヤイヤ期は自分の気持ちを言葉にして表現できないために癇癪を起こす状況です。反抗期は子どもの意見や主張を肯定してあげることが大切です。

3歳児はイヤイヤ期や反抗期の時期でもあるので思うようにいかないかもしれませんが、やりたいと主張する動作は積極的に挑戦させてあげましょう。家のことをお手伝いできる3歳は人の動作を見て真似をしたがる時期です。自我が芽生えてやりたいことの主張が多くなったり、運動機能が発達してあらゆることに挑戦したくなったりする一環で、家の手伝いをしたがるようになります。もちろん家事としては拙いレベルなので、なんでもお願いするのは難しいかもしれません。その場合は家事の動作を細分化して、簡単な動作だけをお願いしてみてください。まずはお手伝いしたい意思を尊重してあげるのが大切です。子どもの自立心を育てるために必要なこときちんと子どもの将来性を考えるなら、自分自身で生きていく力を身に付けさせることも、親としての重要な役割でしょう。そしてその力の支えとなる、大切な要素の1つが自立心です。今回は子どもの自立心を育むために3歳児のイヤイヤ期にはどう対応すればいい?イヤイヤ期は2歳頃に始まり、3歳~4歳の間にイヤイヤ期が反抗期に変わります。イヤイヤ期と反抗期には明確な違いがあり、イヤイヤ期は自分の気持ちを言葉にして表現できないために癇癪を起こしてしまう状況です。一方で反抗期は以下のような状況を指します。3歳児はイヤイヤ期と反抗期が混在する時期なので判断が付きにくいのが難点ですが、まずは子どもの意見や主張を肯定してあげることが大切です。またイヤイヤ期かな?と思う場合は、何が気に障ったのか代弁するのもよいでしょう。子どもも心の中でモヤモヤとした気持ちを抱えています。その気持ちをしっかり受け止めるようにしてみてください。詳しくみる ⇒参照元: 3歳児のできることってどんなこと?成長の目安や発達状態を解説



食事前の認識力向上方法

食事前の認識力向上方法https://cdn.clipkit.co食事の前に何をすると認識力が向上するか?

食事の前にぬいぐるみを並べて位置に対する認識力を向上させることができる。

3歳児の発達は目覚ましい!食事の前にぬいぐるみを並べて位置に対する認識力を向上させることができる。3歳児の成長・発達は大変めまぐるしいものとなっていく。子ども一人ひとりの性格や個性・特性に合わせて、得意なことからどんどん伸ばしていき、楽しみながら成功体験を積み重ねて行きましょう。詳しくみる ⇒参照元: 3歳児の成長や発達、ことばや生活面・学びについて知ろう

保護者の疲れに対する対処法

保護者の疲れに対する対処法https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com保護者が子どもの言動に疲れたときはどうすればいいですか?

部屋を出て深呼吸するなど、その場を少し離れ、気持ちが落ち着いてから子どもと向き合うようにするといいでしょう。

子どもの身の回りの世話や言動に疲れたとき、保護者は部屋を出て深呼吸するなどして一息つくことが大切です。怒りたくなったりしたときは、保護者にとっても「大変」というサインです。また、自身の時間を作るなど、リフレッシュの機会を持つことも重要です。子どもの発達について気になる場合は、専門家に相談することで適切なアドバイスがもらえます。詳しくみる ⇒参照元: 3歳児の発達の目安とは?言葉の発達やできるようになることを紹...

子どもの生活環境の重要性

子どもの生活環境の重要性https://www.shinga-s-club.jp子どもが生活しやすい空間作りを意識するためには何が大切ですか?

わかりやすさが大切です。

3歳児には「わかりやすさ」が大切です。物の置き場所は絵表示をつけることで、片付けがしやすくなります。生活の中で意識することもイラストにして掲示しておくとよいでしょう。子どもたちの様子に合わせて環境を変えたり整えたりすることで、主体的に生活できる環境を作りましょう。詳しくみる ⇒参照元: 3歳児の発達段階と保育のポイントを解説



3歳台の子どもの特徴

3歳台の子どもの特徴https://hoiku-shigoto.com3歳台の子どもの特徴は何ですか?

3歳台では体の構造がほぼ完成し、運動機能や手先の器用さが発達します。言葉でコミュニケーションがとれるようになり、知的興味や関心も高まってきます。身辺の自立も進みます。

3歳台では体の構造がほぼ完成し、運動機能や手先の器用さが発達します。足裏に土踏まずのアーチができ、脚の機能も発達するため、走る・ジャンプする・階段から飛び降りるなど、運動量が増えてくるでしょう。また片足ケンケンやブランコ、平均台の上を歩くなどのバランスを取る動きもできるようになります。手先も器用になってきます。それまではおぼつかない線を描いていたのが、線や丸が描けるようになります。物をつかんで持ち上げ、投げるなどの動きや、ハサミや糊などを使う工作などもできるようになります。右利き・左利きという「利き手」も、3歳台に判明する場合が多いでしょう。3歳台では言葉でコミュニケーションがとれるようになってくると同時に、知的興味や関心も高まってきます。このため物事に積極的に関わるようになり、いろいろな物との関わり方を学んでいくことを通して、思考力や認識力なども高まっていきます。具体的には絵本のストーリーが分かるようになったり、ごっこ遊びなどができるようになります。相手の気持ちを汲んで行動することもできるようになり、友だちと一緒に遊ぶ楽しさを知ります。一方で、大人との約束や、友だちとケンカをしたことなどをすぐ忘れてしまうことがあります。これは理解力が乏しいわけではなく、3歳児はまだ目の前の事象にとらわれやすいためです。3歳台ではほぼ自立できるようになります。スプーンやフォーク、箸を上手に使えるようになり、食事や着替え、排泄や手洗いなど、身の回りのことが自分でできるようになってきます。主体性が強まる3歳前後は、主体性が強まってくる時期でもあります。「自分でしたい」と強く感じる時期であり、大人が手伝うことを嫌う場合もあります。自己主張をはっきりとはじめる子どももおり、「自分でやる!」「いや!」などという意思表示が増えてくることもあります。食べ物の好き嫌いも、顕著にみられるようになる場合もあります。詳しくみる ⇒参照元: 3歳児の発達の目安とは?言葉の発達やできるようになることを紹...

3歳児の発達段階と保育のポイントを解説しました自立心の芽生えを温かい目で見守り、「やってみよう」という気持ちが育まれるような環境を設定していきましょう



12