Academic Box Logo

小児てんかんの原因不明の発作に正しい対応は?

小児てんかんの原因不明の発作に正しい対応は?


てんかんと熱性けいれんの違い

てんかんと熱性けいれんの違いhttps://www.saiseikai.or.jpてんかんと熱性けいれんの違いは何ですか?

てんかんは発熱後以外でも発作が起こるが、熱性けいれんは発熱後に起こる。

てんかんは繰り返す病気であり、熱性けいれんは1度発作が起こっても半分は再発しない。また、てんかんは発熱後以外でも発作が起こるが、熱性けいれんは発熱後に起こるのが大きな違いである。詳しくみる ⇒参照元: 小児てんかんの発作が出た時の正しい対応|原因や種類、緊急性の...

てんかん重積状態とは何ですか

てんかん重積状態とは何ですかhttps://store.isho.jpてんかん重積状態とは何ですか?

てんかん重積状態は、てんかん発作が5分以上続いたり、短い発作が意識の戻らないうちに繰り返し起こる状態を指します。

てんかん重積状態は、てんかん発作が5分以上続いたり、短い発作が意識の戻らないうちに繰り返し起こる状態を指します。発作が30分以上続くと脳に重い障害を残す可能性が高くなり、ときに命にかかわることもありますので、迅速かつ適切な治療が必要です。詳しくみる ⇒参照元: てんかんとドラベ症候群

小児てんかんの特徴

小児てんかんの特徴https://www.tenkan.info小児てんかんの特徴は何ですか?

小児てんかんには色々な種類・症状がみられ、また、成長に伴って治っていくてんかんや、難治になると予測されるてんかんなどがあります。

小児てんかんには色々な種類・症状がみられ、また、成長に伴って治っていくてんかんや、難治になると予測されるてんかんなどがあります。小児てんかんは、生まれた時の脳の損傷や先天性代謝異常、先天性奇形が原因で起こる症候性てんかんが多く、乳幼児期に発病する頻度が高いとされていますが、先進国では医療の進歩により減少傾向がみられます。小児てんかん全体では原因不明の特発性てんかんが多く、発病は生後から3歳までと学童期に起こりやすいことが知られています。詳しくみる ⇒参照元: 小児てんかん



小児てんかんの正しい対応は、早期の診断と適切な治療ですご家族や周りの方々の理解とサポートも大切ですもし症状がある場合は、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします



12