Academic Box Logo

デザイナーとモデルの魅力が詰まった漫画『ランウェイで笑って』

デザイナーとモデルの魅力が詰まった漫画『ランウェイで笑って』


千雪のハイパーモデルへの固執

千雪のハイパーモデルへの固執https://thumbnail.image.rakuten.co.jp千雪はなぜハイパーモデルを目指すことに固執したのか?

身長がハイパーモデルになるのにネックだから

顔も可愛く、スタイルも抜群な千雪は、大手芸能事務所のオーディションにも一発で受かるほどの逸材である。しかし、小学4年生からまったく背が伸びず、身長は158㎝で止まってしまった。この身長が、ハイパーモデルを目指すのに、ネックになるのである。詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ注意】『ランウェイで笑って』を編集部がご紹介!「夢...

ミルネージュのオーディションに合格したきっかけ

ミルネージュのオーディションに合格したきっかけhttp://bright-comic.imgix.net千雪がミルネージュのオーディションに合格したきっかけは何か?

都村育人が作った服の写真がファッション誌に掲載されて人気を博し、千雪はミルネージュのオーディションに合格した。

千雪はショーモデルの道をあきらめず、ミルネージュのオーディションを受け続ける。そこで彼女は都村育人と出会い、彼に服の制作を依頼する。育人の服を身にまとった千雪は、ミルネージュのオーディションに合格し、再びショーモデルへの道を歩み始める。しかし、育人が高校生であり、正式なデザイナーの教育を受けていないことが判明し、彼はミルネージュの専属デザイナーになることはできなかった。それでも育人は藤戸研二に紹介されたデザイナー柳田一のもとでアルバイトを始め、デザイナーとしての第一歩を踏み出す。詳しくみる ⇒参照元: ランウェイで笑って(漫画)

デザイナーとモデルの魅力が詰まった漫画『ランウェイで笑って』、ファッション業界の魅力を存分に味わえる作品ですぜひ一度読んでみてください



12