Academic Box Logo

マギの世界へようこそ: The Kingdom of Magic

マギの世界へようこそ: The Kingdom of Magic


マギの世界へようこそ: The Kingdom of Magic。



1

アラジンの特徴

アラジンの特徴 https://www.project-magi.com マギの登場人物であるアラジンの特徴は何ですか?

アラジンは青髪の少年で、創世の魔法使い「マギ」と呼ばれる存在です。

マギの登場人物について解説する。主人公であるアラジンの特徴や能力、性格、好みなどが詳細に記述されている。アラジンは青髪の少年で、創世の魔法使い「マギ」と呼ばれる存在であり、長い青髪を一本の三つ編みにし、胸にはサラシを巻いている。彼は無邪気で純粋だが思慮深く、争いを好まない性格であり、特定のタイプの女性を好む傾向がある。また、彼は杖を媒介にしてルフの持つ魔力を集め攻撃に用いたり、後に魔法も使えるようになるなどの能力を持っている。アラジンは歴史上初めて現れた「4人目のマギ」であり、アルマトランの王子に当たる存在である。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギの登場人物

2

アラジンの特徴と能力

アラジンの特徴と能力 http://blog-imgs-43.fc2.com マギの登場人物であるアラジンの特徴や能力について教えてください。

アラジンは、創世の魔法使い「マギ」と呼ばれる存在であり、長い青髪を一本の三つ編みにし、胸にはサラシを巻いている謎の少年です。

『マギ』という漫画作品及びそれを原作とするテレビアニメに登場する架空の人物を解説する。主人公であるアラジンは、創世の魔法使い「マギ」と呼ばれる存在であり、長い青髪を一本の三つ編みにし、胸にはサラシを巻いている謎の少年。彼は巨大なジン・ウーゴくんが宿る笛を持ち、他のジンが潜む金属器を探し、旅をしている。また、彼は無邪気で純粋だが思慮深く、争いを好まない性格であり、特定のタイプの女性を好む傾向がある。彼は杖を媒介にしてルフの持つ魔力を集め攻撃に用いたり、所持している笛に宿るウーゴくんを実体化させるなどの能力を持ち、後に魔法も使えるようになる。アラジンは歴史上初めて現れた「4人目のマギ」であり、アルマトランの王子に当たる存在である。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギの登場人物

3

学院都市の守り抜き

学院都市の守り抜き https://img.anikore.jp マギとしての力を発揮して学院都市を守り抜いた際には、どのような戦いが繰り広げられたのか?

アリババや煌帝国軍と協力して、暗黒点やそこから「黒い神」を引き下ろす力点である「依り代」、依り代より生み出される無数の黒いジンと交戦した。

アリババとの協力で暗黒点や「黒い神」を引き下ろす力点である「依り代」や無数の黒いジンとの戦いに立ち向かい、マギとしての力を発揮して学院都市を守り抜いたアル・サーメンの姿が描かれている。その後、アリババと共に煌帝国の洛昌に行き、暗黒点と同等の力を持ったジュダルと再び対峙し、激闘の末に勝利するも、アリババを失うという運命をたどる。アル・サーメンは戦いの中で自らの信念や使命について模索し、様々な試練に立ち向かう姿が描かれている。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギの登場人物



4

第18話の戦争の始まり

第18話の戦争の始まり https://image2.b-ch.com 第18話では、どのような戦争が始まったのか?

レーム帝国とマグノシュタットによる戦争が始まった。

ティトスとアラジンは5等許可区の現状を知り、ティトスはモガメットに対して自分がシェヘラザードの魔法により作られた分身であり、その命があと一月ほどで尽きることを明かす。その後、レーム帝国とマグノシュタットによる戦争が始まり、魔導士たちの強大な魔法によりレーム軍の進行を阻むマグノシュタットに対し、レームは火薬兵器で結界を攻撃する。その後、マグノシュタットの魔導士たちを倒していくムー・ロゥロゥ・ミュロンたちが登場し、アラジンがムーの極大魔法を食い止めようとするが、劣勢に立たされる。しかし、アリババがアモンの剣によりムーの極大魔法を防ぐ。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギ The kingdom of magic|アニメ・特撮

5

マグノシュタット学院のレーム帝国との開戦行動

マグノシュタット学院のレーム帝国との開戦行動 https://res.booklive.jp マグノシュタット学院がレーム帝国と開戦した際には、どのような行動をとったか?

マグノシュタット学院がレーム帝国と開戦した際には、モガメットが非魔導士を恨んで暗黒点を生み出すのを防ぐために戦列に立ち、マギとしての力を発揮して学院都市を守り抜いた。

主人公はマギとしての能力を封印し、魔法の修行を始める。マグノシュタットでの修行により、わずか2ヶ月で魔導士としての力を大幅に向上させ、特待生として進級する。マグノシュタット学院がレーム帝国と開戦した際には、モガメットが非魔導士を恨んで暗黒点を生み出すのを防ぐために戦列に立ち、マギとしての力を発揮して学院都市を守り抜く。その後、戦争後はマグノシュタットの復興に尽力し、シンドリアに帰還してからは研究をしながらアリババの帰りを待っている。会談終了後、シンドリアと煌帝国、レームの三国に停戦協定を提案する。その後ジュダルが現れると同時に白龍が玉艶を謀殺したという報告を聞き、彼を取り戻すためにアリババと共に戦うことを決意。戦いの後、白龍から「不幸だからという理由で『堕転』という生き方が悪いと決められたくない」と説かれ、アル・サーメンは事実上壊滅し「黒の神」の出現も遠ざかったことで「堕転」が本当に悪いことなのかが分からなくなるが、バルバッドで紅炎からは「誰かに与えられた使命ではなく、自分の意志で立ち上がる時が来たのではないか」と諭される。華安平原の戦いでは、何をしたら良いかが分からず傍観の立場を取っていたが、内戦に介入してきたシンドバッドを見て驚愕する。終戦後、紅炎の処刑の回避を白龍に嘆願し一度拒否されるが、復讐を終えることを決意した白龍に頼まれ「水鏡の蜃気楼」で紅炎を表向きは斬首されたように見せかけた。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギの登場人物

6

アリババのバルバッドの首都への影響

アリババのバルバッドの首都への影響 https://www.cmoa.jp アリババはバルバッドの首都を揺るがす盗賊団のボスとなっていた理由は何ですか?

--

マギと呼ばれるアラジンとアリババ、そしてモルジアナが様々な出会いと別れを経て冒険を続ける物語。アラジンはバルバッドの首都にたどり着き、アリババが盗賊団のボスとなっていることを知る。アリババは全ての自信をなくし、絶望的な未来に直面するが、新たなる力を手に入れ王宮を突き進む。物語はさらなる加速を始める。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギ|まんが王国



7

シンドバッドからの知識

シンドバッドからの知識 https://res.booklive.jp アラジンたちがシンドリア王国での宴を満喫する中で、アラジンは何についてシンドバッドから聞かされる?

アラジンたちはシンドリア王国での宴を満喫し、アラジンはシンドバッドから『三人のマギ』について聞かされる。

アラジンたちは迷宮ザガンを攻略し、シンドリア王国での宴を満喫する。その中でアラジンはシンドバッドから『三人のマギ』について聞かされる。その後、アラジンはマグノシュタットの魔法学校へ行くことを決意し、モルジアナや白龍もそれぞれの進むべき道に向かい、船旅を始める。アラジンたちの乗った船を襲う海賊たちによってアラジンがさらわれてしまい、アリババたちはアラジンの救出に向かう。しかし、そこでまだ幼い子どもまでもが、マドーラのことを守ろうと刃を向ける。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギ The kingdom of magic|アニメ・特撮

8

アラジンの進むべき道

アラジンの進むべき道 https://www.tbs.co.jp アラジンはシンドリアのマギではないと微笑む。宴の中、アラジンはアリババに、この世界を終わらせないことを誓う。「……でも、僕はこれからどこに向かって進めばいいんだろう?」

アラジンはシンドリアのマギではないと微笑む。

アラジンたちは迷宮ザガンを攻略し、シンドリア王国での宴を楽しんでいた。アラジンはシンドバッドから『三人のマギ』について聞かされ、シンドリア王国のマギとしてレーム帝国に行くことを持ちかけられるが、アラジンは自分はシンドリアのマギではないと微笑む。アラジンはアリババに、この世界を終わらせないことを誓うが、自分はこれからどこに向かって進めばいいのかと問いかける。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギ The kingdom of magic(2期)|アニ...

9

アリババの覚悟と提案

アリババの覚悟と提案 https://image2.b-ch.com アリババがシンドバッドに立ち向かう覚悟を決めたことで、聖宮を破壊して暗黒大陸のように白ルフと黒ルフの差がない世界を作ることを提案し、自分達に合流した白龍やジュダルと共に聖宮に赴く。

アリババがシンドバッドに立ち向かう覚悟を決めたことで、聖宮を破壊して暗黒大陸のように白ルフと黒ルフの差がない世界を作ることを提案し、自分達に合流した白龍やジュダルと共に聖宮に赴く。

モルジアナは白龍と共に2年間、鬼倭王国に身を寄せ、国である島ごと暗黒大陸に身を隠していた。成長期に入り、身長が急激に伸びて父親似の少年になり、原始竜の元で魔法の修行を受けていた。その結果、父が得意とした数々の力魔法を完全に使いこなせるようになり、極大魔法をいくつも使うアルバを一蹴できるほどの実力を身につけ、ソロモンすらも超えたと言われるようになる。シンドバッドがウーゴくんから聖宮の番人の座を奪った後、ユナンと共に世界に強烈な違和感を感じ、煌帝国と鬼倭王国が国際同盟に戻りレームが正式に加入したことでシンドバッドが自分とアリババ以外の世界中の人間のルフを書き換えたことに気付き、パルテビアでシンドバッドに問い詰める。シンドバッドが全人類にルフを還元させよう(=強制的に心中させよう)としていることを知り動揺、アリババのマギとして彼の決断を信じようと考える。アリババがシンドバッドに立ち向かう覚悟を決めたことで、聖宮を破壊して暗黒大陸のように白ルフと黒ルフの差がない世界を作ることを提案し、自分達に合流した白龍やジュダルと共に聖宮に赴く。聖宮では第三の迷宮である精神と傀儡の試練「ゼパル」に挑み、その中でシンドバッドの悲しみの一端に触れそれでも自分自身の倫理観のために戦ったが、アリババがシンドバッドに革新的な提案をしたことで試練が中止され「フルフル」まで呼び寄せられ、彼と交渉を行う。しかし、その途中で「世界をルフに還す魔法」を始動させたダビデを撃破するため、仲間達と共に外の世界へ帰還。シンドリアを白龍とジュダルに、エリオハプトをアリババに任せ、自らはダビデが潜む大峡谷の中へ突入する。その後は大峡谷最深部で祖父と問答し、聖宮の高まりと「世界をルフに還す魔法」を抑えこみ、聖宮消滅時にはシンドバッドやウーゴ、両親に助けられて地上に生還した。名前の由来は『アラジンと魔法のランプ』のアラジンから。熱魔法。熱で作った白い巨人の両手で攻撃する。極めて単純な魔法だがマギであるアラジンが放つため、その威力と熱量は甚大。力を封じたばかりの頃は小さな火の玉にまで威力が落ちたが、修行により自分自身の魔力でも従来の力を出せるようになった。「重力魔法」で作ったウーゴくんを介して放つこともでき、マギとしての力を開放すれば複数体のウーゴくんを用いて長射程で複数放つことも可能。 詳しくみる ⇒ 参照元: マギの登場人物



ティトス・アレキウスという少年が首席修了に選ばれ、アラジンと... 続きは次のページで!