Academic Box Logo

七つの大罪と黙示録の四騎士:アーサーの運命は闇落ちか?

七つの大罪と黙示録の四騎士:アーサーの運命は闇落ちか?


はじめまして、ライターのMariaです。



アーサー・ペンドラゴンの王位継承経緯

アーサー・ペンドラゴンはどのような経緯でキャメロットの新王となったのか?

アーサー・ペンドラゴンは、突然現れた大岩に刺さっていた「エクスカリバー」を引き抜き、新王となった。

週刊少年マガジンで大人気の漫画『七つの大罪』に登場する新王アーサー・ペンドラゴンについて紹介します。

アーサーは、16歳の少年であり、キャメロットに突然現れた大岩に刺さっていた「エクスカリバー」を引き抜き、新王となりました。

初登場は62話で、リオネス国王の病気を治す目的でリオネスに訪れ、ヘンドリクセンから引き取るよう言われても聞く耳を持たず、少し乱闘になりました。

アーサーは剣技が優れており、魔神の力を使っていないとはいえ、聖騎士長であるヘンドリクセンと互角に渡り合っていました。

詳しくみる ⇒参照元: 黙示録の四騎士アーサーは闇落ち?七つの大罪その後の最後は死亡...

アーサーの心の変化

アーサーの心はどのように変化したのか?

アーサーの心は闇に染まり、マーリンとの決別後に完全に闇に落ちた。

アーサーはマーリンとの決別後、闇に染まり、人間以外の種族を殲滅しようとするようになった。

彼の理想は歪み、闇落ちしたアーサーはキャメロットを再興し、黙示録の四騎士や七つの大罪と敵対している。

この変化は彼の内面的な葛藤と外部環境の影響によるものである。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪 黙示録の四騎士』闇落ちしたアーサー・ペンドラゴ...

アーサー・ペンドラゴンの特徴と能力

アーサー・ペンドラゴンの特徴や能力について教えてください。

アーサー・ペンドラゴンは、新興国キャメロット王国の若き王で、16歳の少年で金髪で甲冑も金色です。彼の剣術は初戦で聖騎士長と渡り合える程の技量を持ち、持ち剣は幾度も折れても修復されるセクエンスを持っています。

アーサー・ペンドラゴンは、アニメ『七つの大罪』の登場キャラクターで、新興国キャメロット王国の若き王であり、16歳の少年で金髪で甲冑も金色です。

彼の剣術は初戦で聖騎士長と渡り合える程の技量を持ち、持ち剣は幾度も折れても修復されるセクエンスを持っています。

また、彼は「七つの大罪」の大ファンであり、特にメリオダスに強い憧れを寄せており、メリオダスに対して自分の国の聖騎士長に就かせようと考え、熱烈に勧誘していました。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪 黙示録の四騎士』闇落ちしたアーサー・ペンドラゴ...

アーサーのキューザックの魔法への影響

アーサーがキューザックの魔法によってどのような状況に陥ったか?

アーサーはキューザックの魔法によって自分の意志とは関係なく行動を強いられる状況に陥った。

アーサーは敵の最高戦力の4人に対してエクスカリバーを扱うには力が足りず、体が悲鳴をあげるほどの状況に陥った。

キューザックの魔法によってアーサーは自分の意志とは関係なく行動を強いられ、最終的には自身で胸を刺すことになるほどのピンチに立たされた。

その後、マーリンの手によって蘇るが、覚醒した魔力を暴走させてしまい、メリオダスを敵と見なしてしまう。

『七つの大罪』の続編である『黙示録の四騎士』では、メリオダスが治めるリオネスと敵対している。

詳しくみる ⇒参照元: 黙示録の四騎士アーサーは闇落ち?七つの大罪その後の最後は死亡...

アーサーの闇落ちの理由

アーサーがなぜ闇落ちしてしまっているのかを解説していきます。結論から言うとアーサーは闇の部分の性格が濃くなり、混沌の力に溺れたからです。

アーサーは闇の部分の性格が濃くなり、混沌の力に溺れたからです。

アーサーは16歳にして一国「キャメロット」の王となった人物であり、その経緯は元ネタ「アーサー王伝説」と同じで、誰にも抜けなかった聖剣エクスカリバーを抜いた事で、王に選ばれています。

マーリンはアーサーの素質を見込み、幼少期から育てており、アーサーの初めての実戦となった対ヘンドリクセンでは、アーサーがブリタニアを先導する王になることを期待していました。

アーサーは魔力に目覚めておらず、しかし、ファンブック「罪役聖書」を見ると、この時のアーサーには異例の強さが隠されていたことが分かります。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(解説)】アーサーはなぜ闇落ち!?結末はどう...

アーサーの愛される理由

アーサーが王として国民や聖騎士から愛されていた理由は何ですか?

アーサーは前向きな姿勢と国民を引っ張っていく意志を持っていたからです。

アーサーはブリタニアの希望とされ、マーリンや国民、聖騎士から王に選ばれた存在でした。

彼は自ら魔神族を退治し、聖騎士からは彼らの“光”として語られ、国民からも愛されていました。

アーサーは自分の国「キャメロット」を繁栄させるために頑張っており、その前向きな姿勢と意志が国民や聖騎士たちから愛される理由でした。

しかし、現実は甘くなく、キャメロットは<七つの大罪>の影響で陥落してしまい、人々は魔神族の餌となり、女神族の封印を破るための生贄とされていました。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(解説)】アーサーはなぜ闇落ち!?結末はどう...

アーサーの最終的な結論

アーサーが最終的に出した結論は何ですか?

最終的に出した結論は、ラストの台詞。

アーサーは幼い頃から人々を護りたいという夢を持っていたが、その夢を実現することは不可能だと認めた時、絶望に押し潰されそうになった。

しかし、マーリンの助言によってアーサーの考え方が一変し、彼は必ず立派な王となって誰も見たことのない素晴らしい世界を作ると誓った。

しかし、キャメロットの末路には裏切り者となったメリオダスを見たことがポイントとなり、混沌の王として目覚めたアーサーは自分の王国が消え失せており、パニックを起こしそうになる。

マーリンはアーサーを落ち着かせるために話すが、アーサーは落ち込んだままであり、最終的には一つの結論を出す。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(解説)】アーサーはなぜ闇落ち!?結末はどう...

アーサーのヤバい所

アーサーが17人の英雄達の色んな技が扱えるという事になります。これがアーサーの一番ヤバい所です。

アーサーは17人の英雄達の技を扱える。

聖剣エクスカリバーを持ったアーサーは、17人の英雄達の技を扱うことができる。

彼の強化はまだ止まらず、マーリンによって“混沌の力”を宿されている。

アーサーはチート級に強くなり、その設定は『七つの大罪』においても健在だ。

アーサーはメリオダスやゼルドリス相手でも勝てるほどの力を持ち、その強さはバランスブレイカーとさえ言われている。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(考察)】アーサーの強さは<七つの大罪>と<...

アーサーの混沌の力を手にした瞬間の状況

アーサーが混沌の力を手にし蘇った瞬間はどのような状況でしたか?

アーサーは混沌の力を手にし蘇った瞬間は、その力が大きすぎて持て余していましたが、七つの大罪の協力のもとなんとか制御できるようになった。

アーサーは混沌の王と呼ばれる所以は、エクスカリバーに選ばれたことが理由であり、エクスカリバーに選ばれたアーサーは混沌の力を使うに値すると選ばれた証拠である。

アーサーはキューザックによって殺されたが、マーリンが保存しており、七つの大罪が魔神王を倒すために繰り出した合技の魔力をマーリンが転用してアーサーを蘇らせた。

アーサーは混沌の力を手にし蘇った瞬間は、その力が大きすぎて持て余していましたが、七つの大罪の協力のもとなんとか制御できるようになった。

続編の『黙示録の四騎士』では、アーサーはリオネスと敵対し、聖戦によってキャメロットが他種族の戦いに巻き込まれ滅んでしまったことから、他種族への恨みから、人間以外の種族は排除する考えを持っており、様々な種族が生活するリオネスのことを嫌っている様子が描かれている。

詳しくみる ⇒参照元: 黙示録の四騎士アーサーは闇落ち?七つの大罪その後の最後は死亡...

アーサーとマーリンの関係の意味

アーサーとマーリンの関係について、どのような意味があるのか?

アーサーとマーリンの関係は、アーサーを護り導くことに関係しています。

「七つの大罪」のラストでは、アーサーがキャメロット跡地に訪れ、奇跡的に「ななし」数人の国民が助かっていた現場に出会う。

アーサーはマーリン達とななしや残された数人の民を引き連れ、新たな王国建設を夢見て、新たな冒険に出向くことになる。

劇場版では、メリオダスとエリザベスの新婚旅行の様子が描かれ、アーサーとマーリンの様子も映される。

アーサーがキャメロットの跡地で数万にも及ぶ亡骸を弔い、マーリンはアーサーを一生をかけて護り導くことを決める。

アーサーの性格には光の部分と闇の部分があり、マーリンは混沌の力を正しく使えばいいとアーサーを許す。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(解説)】アーサーはなぜ闇落ち!?結末はどう...

アーサーの次の師匠とその特徴

アーサーにとっての次の師匠は誰であり、その師匠の特徴は何か?

ななしはアーサーに剣術を教え、実力が伸びる要因となった。

マーリンが本格的に<七つの大罪>として活動を始めたことで、アーサーとメリオダスは一時離れ離れになる。

その後、アーサーの次の師匠となったのは『ななし』であり、ななしは異国の剣士であり、キャスの実力が分かるほどには達人だった。

ななしの正体は元女神族であり、元四大天使だった可能性もある。

アーサーはななしから剣術を教わり、数か月で下位魔神を一掃できるほどの実力を身につけた。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(考察)】アーサーの強さは<七つの大罪>と<...

彼の物語からの教訓

彼の物語は、私たちに何を教えてくれるのか?

彼の物語は、自身の理想と現実を調和させる方法や自身の闇と向き合う方法を教えてくれます。

アニメ「七つの大罪 黙示録の四騎士」の物語は、主人公の闇との闘いや理想と現実の調和を通じて、視聴者に多くの教訓を与えます。

物語はまだ終わっておらず、主人公が闇から抜け出すのか、それとも永遠に囚われるのか、見守るしかない状況です。

また、アニメの放送スケジュールや動画配信についても情報が提供されています。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪 黙示録の四騎士』闇落ちしたアーサー・ペンドラゴ...

アーサーの新たな冒険

アーサーがキャメロットの跡地で何をしていたのか?

亡骸を弔っていた。

アーサーは混沌の力でキャメロットを俯瞰し、自分の王国が消え失せていることに気づく。

マーリンはアーサーを落ち着かせようとするが、アーサーは落ち込んだままであり、最終的に新たな王国建設を夢見て冒険に出る。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(解説)】アーサーはなぜ闇落ち!?結末はどう...

アーサーの若き日の描写

アーサーの若かりし頃の描写はどのような特徴があるのか?

礼儀正しく、落ち着いた雰囲気のあるアーサー

アーサーの若かりし頃の描写は、番外編/一変する世界で描かれています。

10歳前後の時、目隠しをした状態で足場の悪い岩場をさっそうと渡り、林檎をたたき割っています。

アーサーは危機に直面しても恐怖心よりも先に感謝の気持ちを示し、王の気質が備わっていたと言えます。

その器を見込んだバルトラはアーサーに将来 王になるだろうと話しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(考察)】アーサーの強さは<七つの大罪>と ...

アーサーの強さと器

アーサーの若かりし頃の描写は?

アーサーは若くして既に礼儀正しく、落ち着いた雰囲気のあった。

アーサーの強さについての紹介です。

その強さはハッキリ言って全キャラが束になっても勝てないくらいにヤバいです。

しかし、強さランキングとかを見てもアーサーが上位にいない場合もあって、その強さが認知が定着していない印象もあります。

なので、『七つの大罪』で書かれた情報も込みでその強さを紹介していきます。

アーサー、王の器アーサーの背景も知って欲しいので、若いころから見ていきます。

アーサーの若かりし頃の描写は『番外編/一変する世界』で描かれています。

年齢で言えば10歳前後くらいでしょうか?

この時アーサーは目隠しをした状態で、足場の悪い岩場をさっそうと渡り、林檎をたたき割っています。

その後、ケイの嫉妬とも言える害心から、アーサーは足場を崩され、危うくシにかけもします。

しかし、運よくバルトラに受け止めてもらうと、『ありがとうございます。

』とお礼を言って見せました。

シという危機に直面したのにも関わらず、恐れや震えと言った恐怖心を感じよりも先に、感謝の気持ちが現れたアーサーはまさに王の気質が備わっていた人物と言えます。

これは、騎士が持つのに必要な素質がいくつかあるんですが、そのうちの勇気に該当する性質です。

その器を見込んだバルトラはアーサーに将来 王になるだろうと話しています。

というように、若くして既に礼儀正しく、落ち着いた雰囲気のあったアーサーなので、王になるべくしてなったと言えます。

詳しくみる ⇒参照元: 【黙示録の四騎士(考察)】アーサーの強さは<七つの大罪>と ...