Academic Box Logo

三菱重工の火力発電事業からの撤退についての最新情報と社員の声を徹底解説

三菱重工の火力発電事業からの撤退についての最新情報と社員の声を徹底解説


YUKOと申します。三菱重工の火力発電事業からの撤退に関する最新情報と今後の展望について、ご紹介します。



三菱重工業のジェット撤退

三菱重工業のジェット撤退https://www3.nhk.or.jp三菱重工業が国産ジェット旅客機から撤退した理由は何ですか?

不採算事業であったため。

三菱重工業は2008年から国産ジェット機の開発に着手していましたが、検査項目の不備や設計変更などの問題が次々と露呈し、納入が遅れる等順調に事業が進まなかったうえに、新型コロナウイルスの感染拡大で航空機市場が不透明になる中、2020年には「一旦立ち止まる」とジェット旅客機に関する事業を凍結していました2023年になっても状況は好転せず、結果的に事業から撤退という判断に至りました三菱重工業が国産ジェット旅客機から撤退したことは、国産ジェットを世界に普及させるという夢が途絶えたという観点で残念なことではあるものの、2019年度には2,633億円、2020年度には1,162億円規模の損失を計上している等、三菱重工業のなかでは不採算事業であったことは確かなので、撤退は業績という観点からみるとむしろポジティブであると言えます詳しくみる ⇒参照元: 三菱重工業はやばい?潰れる?【社員が徹底解説】

水素とアンモニアのエネルギー未来

水素とアンモニアのエネルギー未来http://www.gepr.org欧米では水素がカーボンオフセットの燃料としては主流になっており、再エネが豊富なのでグリーン水素を非常に作りやすい立地になっている。

水素は欧米で期待されているエネルギー源。

欧米では水素がカーボンオフセットの燃料として主流になっており、再エネが豊富なのでグリーン水素を非常に作りやすい立地になっている一方、日本ではアンモニアが火力発電の主流となる見込みであり、三菱重工業はアンモニアガスタービンの開発に取り組んでいる原子力発電については懸念があり、新しい原子炉の導入も未知数の要素が多い詳しくみる ⇒参照元: 三菱重工業 火力発電の脱炭素化に命運をかける -シリーズ・脱...

三菱重工、トルコ原発撤退

三菱重工、トルコ原発撤退https://executive-online.jpトルコ原発建設計画からの撤退の理由は何ですか?

コストの高騰と収益性の低さ

三菱重工がトルコのシノップ原発建設計画から撤退する理由は、建設費の高騰と収益性の低さにある当初2兆円と見込まれていた建設費が5兆円近くにまで高騰し、電力の買取価格が20年間10.80~10.83セント/kWhに据え置かれたことから、コスト回収が困難な状況が明らかになっていたこのため、三菱重工は撤退を決定した詳しくみる ⇒参照元: 三菱重工、トルコ・シノップ原発建設計画から撤退 ―廃炉時代に...



三菱重工の厳しい状況

三菱重工の厳しい状況https://business.nikkei.com三菱重工は採算性が見込めないと判断したようだ。

採算性が見込めないため、ATMEA-1の導入は見送られた。

三菱重工はATMEA-1の採算性を理由に導入を見送り、これにより世界初の稼働が期待されていた計画は頓挫したさらに、大型客船事業とジェット旅客機事業での損失、MHPSの収益の伸び悩みなど、三菱重工を取り巻く状況は厳しいさらに、日立製作所との統合で受注した南アフリカでの発電所向けボイラーの建設コストが膨れ上がり、日本商事仲裁協会に仲裁を申し立てられるなど、三菱重工は厳しい状況にある詳しくみる ⇒参照元: 三菱重工、トルコ・シノップ原発建設計画から撤退 ―廃炉時代に...

石炭火力発電とCO2回収技術

石炭火力発電とCO2回収技術https://www.mhi.com石炭火力からCO2を回収する技術を持っていますが、回収できるCO2は100%ではなく、90%です。

CO2回収技術は90%の効率である。

最近の取り組みによると、三菱重工は石炭火力からCO2を回収する技術を持っていますが、その効率は100%ではなく、90%である国際的な長期目標はCO2排出ゼロであり、石油の使用を避ける必要があるこのため、EORに回収したCO2を利用することもできない異常気象が続き、CO2排出の元凶は石炭火力発電である詳しくみる ⇒参照元: 再度言います 石炭火力から撤退を

三菱重工の成長戦略

三菱重工の成長戦略https://images.newswitch.jp三菱重工の成長戦略は?

脱炭素化による逆風に対応し、水素やCO2回収技術などを活用して成長を目指しています。

三菱重工は火力発電設備子会社の統合を通じて再び成長を目指しています脱炭素化の潮流に対応するため、水素やCO2回収技術などを取り入れることで、新たな活躍の場を見据えています詳しくみる ⇒参照元: 火力発電設備子会社を統合した三菱重工。脱炭素化の逆風下で ....



三菱スペースジェットの開発中止とMRJ計画の経緯

三菱スペースジェットの開発中止とMRJ計画の経緯https://news.ntv.co.jp三菱スペースジェットの開発中止の決定に至った要因は何ですか?

採算見込みがなく、開発中止が決定されました。

三菱重工業が進めていたスペースジェットの開発は、経済的な理由から大幅な縮小を経て、最終的に2023年2月7日に採算見込みの不足から開発中止が決定されました経産省の提案から始まったMRJ計画は、RJ市場の拡大を見込んでいたが、途中で原油価格の変動などにより事業の見直しを迫られました詳しくみる ⇒参照元: Mitsubishi SpaceJet

三菱パワーの新社名

三菱パワーの新社名https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com三菱重工の子会社で稼ぐ火力の三菱パワーの新社名は何ですか?

三菱パワー

三菱重工は日立製作所と共同出資の火力発電システム会社を完全子会社化し、新社名「三菱パワー」として始動させました三菱パワーは三菱重工の利益の大半を稼ぐ重要な子会社であり、三菱重工のグループ会社との連携を加速しています詳しくみる ⇒参照元: Google