【衝撃ニュース】江戸時代の妊娠から出産までがヤバすぎる!今では考えられない噓のような本当の過酷な妊婦!

 
 

「3年経っても子どもが出来なければ離婚」

http://woman.mynavi.jp/

現代ではあえて子どもを作らない夫婦も

いるなか、江戸時代では一家の繁栄の為にも

子どもを身ごもることが必要不可欠なこと

だったようです。

当時は産婦人科みたいなのがなかった

ようですが、胎教にはいつの時代の

妊婦さんも関心があるようで

絵本を読み聞かせたり、

音楽を聴かせるなどして

さまざまな方法を試していたようです。

 

江戸時代後期から広まったことって?

https://ja.m.wikipedia.org/

現代の妊婦さんも行う「帯祝い」は、

平安時代からあり江戸時代の後期になり

広く庶民にも広まったそうです。

帯祝いとは妊娠5ヶ月目の戌の日に

行う安産祈願の儀式です。

また戌の日に行う理由は、多産で安産な

犬にあやかってのことだそうですよ!

さらに妊娠5ヶ月目になると流産のリスクも

ほとんどないので周囲に妊娠したことを

公表する意味もありました。