【衝撃】産婦人科の救急にやってきた風俗嬢の患者。この後まさかの恐ろしい展開に・・・。

 
  
 

ある産婦人科医の話

優子さん(仮名)の実家は産婦人科医で、その影響があったのか、優子さんも自然と産婦人科医の道に進んだそうです。

研修を終えて、産婦人科医として働き出した頃に、ある出来事が起きたそうです。

 
 

夜勤に救急患者が!

深夜2時を過ぎたあたりに、優子さんの元に「救急の患者さんが来院した」と連絡が入りました。

受付へ行ってみると、数人に囲まれた患者らしき女性が。

彼女のジーンズは薄い赤色に染まっていて、破水しているようでした。

ですが彼女は・・。