Academic Box Logo

社外向けの不具合報告書の例文と書き方について解説します

社外向けの不具合報告書の例文と書き方について解説します


はじめまして、ライターのAnnaです。社外向けの不具合報告書の例文と書き方について解説します。



不具合報告書の書き方

不具合報告書の書き方は?

要点を押さえて書くことが重要です。

不具合報告書の書き方について解説します。

要点を押さえて書くことが重要です。

不具合報告書は、自社製品に不具合が起こった場合に作成されます。

顧客の工程で不具合が検出された場合に報告されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【分かりやすく解説】不具合報告書の書き方を現役品証担当者 ....

不具合報告書の書き方とポイント

不具合報告書の書き方やポイントは?

発生原因と対策、流出原因と対策に注力しましょう。

不具合報告書の書き方やポイントは、発生原因と対策、流出原因と対策に注力することが重要です。

報告書には、商品の組立に使用した機械や関わった作業者の特定、作業履歴の正確な記録、波及範囲の記載と対策、お客さんへの指示などが含まれます。

また、報告書には添付資料の記載や所見・感想の記載もありますが、最も重要なのは発生原因と対策、流出原因と対策です。

詳しくみる ⇒参照元: 不具合報告書を書いてみよう。注意ポイントやコツの紹介です ....

不具合報告書の要素と重要性

不具合報告書の中で最も重要な要素は何ですか?

不具合発生・流出原因の究明と対策

不具合報告書は、発生・流出原因の究明と対策が中心。

不具合内容や現品の観察、発生・流出原因の調査が重要。

担当者の勘違いだけでなく、源流まで遡り真の原因を探す必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【分かりやすく解説】不具合報告書の書き方を現役品証担当者 ....

不具合発生時の三現主義行動方針

不具合発生時の行動方針は何ですか?

三現主義に基づき、現場へ迅速に移動し、現物を確認し、現実を把握します。

不具合が発生した場合、三現主義に基づいて行動する必要があります。

これは「現場、現物、現実」の三つの「現」を重視する考え方で、特に生産現場では広く認識されています。

不具合が報告されたら、即座に現場に向かい、目で見て、手で触れて、実際の状況を知ることが重要です。

状況によっては現場に行けない場合でも、不具合に関する情報を集めるよう努めましょう。

お客様の要望には迅速に対応し、後日の「不具合報告書」の提出に備えましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 不具合報告書を書いてみよう。注意ポイントやコツの紹介です ....