Academic Box Logo

本当は怖いピノキオの童話: 残酷な原作と恐ろしい展開

本当は怖いピノキオの童話: 残酷な原作と恐ろしい展開


こんにちは、YUKOです。今回は、本当は怖いピノキオの童話について紹介します。



ピノキオ初版の残酷エンディングと変更の背後にある理由

ピノキオ初版の残酷エンディングと変更の背後にある理由https://www.alpaca76.comピノキオの物語が初版では残酷なエンディングだったことは何故ですか?

初版のピノキオは批判を受け、死亡エンディングが改められました。

1881年に連載されたピノキオの初版は、木に吊るされ、ナイフで刺される残酷なエンディングで終わっていました批判が殺到し、数日後にピノキオの死亡が確認されました詐欺師たちは放置し、物語は改心と変身への展開に変更されましたディズニー映画では悪役が多く登場し、公式見解では親方ストロンボリがヴィランとされています詳しくみる ⇒参照元: 『ピノキオ』の原作は残酷すぎて封印|本当は怖いディズニー ....

ピノキオのトラウマシーンと時代背景

ピノキオのトラウマシーンと時代背景https://eiga.k-img.comディズニーのピノキオが制作された当時の時代背景は?

軍国主義時代に制作

ディズニーのピノキオは1940年にアメリカで公開され、戦争が終わる1952年に日本で公開作品は軍国主義時代の影響を受け、狂気のストロンボリやロバになる子供たちなど容赦ないトラウマシーンが描かれている鼻が伸びるシーンも当時の「普通の範疇」だった詳しくみる ⇒参照元: ピノキオが怖い!容赦ないトラウマシーンの数々

ディズニー映画『ピノキオ』と原作の違い

ディズニー映画『ピノキオ』と原作の違いhttps://lp.p.pia.jpディズニー映画『ピノキオ』とその原作の違いは何ですか?

原作はディズニー映画よりも遥かに残酷で恐ろしい結末が待っています。

ディズニー映画『ピノキオ』は楽しいアニメーションとして知られていますが、その原作はカルロ・コッローディの『ピノッキオの冒険』であり、ディズニー版とは大きく異なります原作は非常に残酷で、恐ろしい結末が描かれています記事では、原作と現代日本語版の違いや、ディズニー版と原作で異なるキャラクターに焦点を当て、衝撃の結末について解説しています詳しくみる ⇒参照元: 『ピノキオ』の原作は残酷すぎて封印|本当は怖いディズニー ....

ピノキオの選択: 衝撃的な結末の違い

ピノキオの選択: 衝撃的な結末の違いhttps://otajo.jpピノキオはどうしてゼペット爺さんを裏切り、仲間たちを傷つけたのか?

ピノキオは弱い心に負け、改心しなかった。

ピノキオは原作とディズニー版で異なる結末を迎える原作では改心することなく、ゼペット爺さんや他の登場人物を裏切り、さらには助言をくれたコオロギや青い仙女まで裏切ってしまうディズニー版ではこの衝撃的な結末は描かれない詳しくみる ⇒参照元: 『ピノキオ』の原作は残酷すぎて封印|本当は怖いディズニー ....