Academic Box Logo

ケビン・カーターの有名な写真『ハゲワシと少女』をめぐる批判についての考察

ケビン・カーターの有名な写真『ハゲワシと少女』をめぐる批判についての考察


YUKOと申します。ライターをしております。



ケビン・カーターの報道写真と論争

カーターが報道写真でピューリッツァー賞を受賞した写真に対する批判は?

報道写真への批判はなぜ少女を助けなかったかに焦点を当てたものだった。

1994年、ケビン・カーターはピューリッツァー賞を受賞した報道写真で、餓死寸前の少女とハゲワシを撮影。

写真はスーダンの飢餓を訴え、絶賛と批判を呼び起こす。

多くの人がなぜ少女を助けなかったのかという点に焦点を当て、報道か人命かという論争が巻き起こった。

カーターは賞を受賞後、精神的な不安定さや薬物依存症との闘いの中で自殺。

詳しくみる ⇒参照元: ケビン・カーター

カーターの苦悩と最期

カーターがアメリカで受賞後に経験したことは?

受賞後に激しい落ち込みと困難

1994年、カーターはピューリッツァー賞を受賞し、喜びに満ちていた。

しかし、友人の死や事故、取材の失敗などが重なり、彼の心は暗くなった。

彼の最後の日々は孤独と苦悩の中で幕を閉じた。

詳しくみる ⇒参照元: ケビン・カーター