Academic Box Logo

MS13には日本人メンバーがいるのか!!その真実を探る

MS13には日本人メンバーがいるのか!!その真実を探る

ライターのYUKOです。今回は『ms13』について調べました。

ms13・Mara Salvatrucha13について

ms13・Mara Salvatrucha13とは何ですか?

恐れられる中央アメリカやアメリカ合衆国のギャング。

ms13・Mara Salvatrucha13は中央アメリカやアメリカ合衆国で恐れられるギャングの一つです。

1980年代頃にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成され、最初は立場の弱い人々が保護や連帯を求めて組織化しました。

しかし、後には麻薬取引や殺人、強盗、恐喝、人身売買などの犯罪に手を染めるようになりました。

彼らは他のギャングや犯罪組織との抗争も頻繁に行っており、無抵抗な地域住民を含め多くの死傷者を出しています。

日本ではあまり報道されていませんが、彼らは非常に危険な存在です。

詳しくみる ⇒参照元: ms13日本人メンバーはいる?マラ・サルバトルチャ ...

メキシカン・マフィアの13番目とms13日本人メンバーに迫る

メキシカン・マフィアの13番目の意味とは?

アルファベットの13番目で、マフィアの服従の証。

メキシカン・マフィアはエイティーンス・ストリート・ギャングとの友好関係から対立へ。

マラ・サルバトルチャは活動範囲を広げ、犯罪活動が拡大。

ms13に日本人メンバーはいるのか?

中米や欧州の難民が中心で、日本人は考えにくい。

もし存在すれば、日本でもms13の名が広まる可能性。

詳しくみる ⇒参照元: ms13日本人メンバーはいる?マラ・サルバトルチャ ...

マフィア組織の伸長:刑務所組織化と停戦協定の失敗

停戦協定がマフィア組織の伸長を助長した要因は?

刑務所内での組織化の促進

中米の治安を揺るがすマフィア組織が伸長した要因として、刑務所内での組織化が挙げられる。

強硬策で多くのマフィアメンバーを刑務所に収容した結果、彼らが刑務所を掌握し、組織化が進んだ。

この組織はみかじめ料を徴収し、殺害事件を起こすことで勢力を拡大した。

2012年、政府は停戦協定を締結したが、これは短期的な成果を狙ったもので、マフィアが勢力を伸ばす隙を与えてしまうことになった。

停戦が破棄されると殺害事件は急増し、マフィア組織はより強大になった。

現在、政府は治安維持に軍を投入するなど、力ずくでマフィア組織を制圧する姿勢を強めている。

詳しくみる ⇒参照元: 殺害と報復 ギャング「マラス」に揺れるエルサルバドル:朝日新...

MS13大規模摘発で96人逮捕、幹部らも拘束

MS13の構成員は世界規模で約何名?

8,000〜1万人

米ニューヨーク州で凶悪ギャング組織「MS13」の大規模摘発が行われ、構成員96人が逮捕された。

2年がかりの捜査で、州内史上最大の摘発作戦となり、殺人、殺人謀議、麻薬密輸などの罪で起訴された。

摘発では、幹部ら9人も逮捕され、コカインなどの麻薬、短銃9丁、現金などが押収された。

MS13は米国と欧州に8,000〜1万人、中米に5万人の構成員を擁する巨大組織。

今回の摘発では、電話盗聴などの捜査により、構成員の特定や組織の構造解明が進められた。

摘発はMS13上層部への打撃が狙いとなっており、DEAやFBIなど複数の捜査機関が協力した。

詳しくみる ⇒参照元: 大量逮捕!メキシコ・カルテルM13構成員64000人を逮捕!

中米の闇:マラスの台頭

社会に疎外感を抱く若者がマラスに加入する要因は?

憧れと孤独感

マラスは中米に根を張るギャングで、メンバーは4万〜4万5千人、構成員とその家族を含めるとその数倍と推定されています。

その源流は、1980年代の内戦中にアメリカに渡った移民が、メキシコマフィアから身を守るために結成したギャングです。

その後、強制送還によりメンバーが中米に戻り、MS13と18番街の対立構図を持ち込みました。

マラスの魅力は、アメリカ流のギャングスタイルで、社会から疎外感を抱く若者に憧れを抱かせます。

また、家族の不在や地域の連帯の欠如により孤独感を感じている若者にとって、マラスは「家族」のような存在になり、孤独と不安を埋めてくれる存在になります。

詳しくみる ⇒参照元: 殺害と報復 ギャング「マラス」に揺れるエルサルバドル:朝日新...

マラスの恐怖支配:監視の影

マラスの恐怖支配を可能にする最も重要な要素は何ですか?

監視

マラスは少年たちである「ポステス」を使って監視を行っており、この監視が恐怖支配の源泉となっています。

ポステスは標的の人物を監視し、生活状況を把握し、脅迫電話をかけて恐怖心を植え付けます。

この脅迫やみかじめ料がマラスの主な収益源となっており、縄張りが広いほど実入りも増えます。

ライバル組織から縄張りを守るために、マラスは常に監視を行い、通行料を徴収したり、ライバルの支配地域の住民を殺害したりします。

かつては組織名を彫り込んだ入れ墨で一目瞭然でしたが、現在は警察の取り締まりを警戒して、ラッパーのようなファッションで日常に溶け込んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 殺害と報復 ギャング「マラス」に揺れるエルサルバドル:朝日新...