Academic Box Logo

高度経済成長期の歴史と影響:いつ始まり、いかにして日本を変えたか

高度経済成長期の歴史と影響:いつ始まり、いかにして日本を変えたか


はじめまして、Saraと申します。ライターをしております。



日本の経済成長と流通業の変化

日本の経済成長と流通業の変化https://www.imf.org日本の経済成長における流通業の変化は何ですか?

スーパーマーケットの成長や新しい業態の誕生などがありました。

1968年にはGNP(国民総生産)がアメリカに次いで2位に躍り出て、名実ともに日本は“経済大国”となりました製造業の成長とともに、流通業も変化しましたスーパーマーケットの成長や新しい業態の誕生などがありました詳しくみる ⇒参照元: 高度経済成長期の到来

いざなぎ景気とは?

いざなぎ景気とは?https://i0.wp.comいざなぎ景気とは何ですか?

東京オリンピック特需などによる「いざなぎ景気」は、日本の「高度経済成長」の後半を締めくくる好景気です。

「いざなぎ景気」とは、東京オリンピック特需などによる日本の「高度経済成長」の後半を締めくくる好景気です1965年から1970年までの期間を指し、東京オリンピックや大阪万博による特需の影響も強いとされていますこの時期には東海道新幹線や東名高速道路などの高速交通の整備も進み、日本の経済成長を支えました詳しくみる ⇒参照元: 日本の高度経済成長とは?終戦10年待たずおきた「東洋の奇跡 ...

GHQの政策と日本経済復興

GHQの政策と日本経済復興https://www.ajup-net.com戦後の日本経済復興においてGHQが行った主要な政策は何でしたか?

GHQは農地改革、財閥解体、労働組合支援などの政策を主導しました。

第二次世界大戦後、GHQは日本の経済復興を主導農地改革、財閥解体、労働組合支援などの施策を通じて、戦後の社会構造を変革これらの政策が経済の再建を促進し、国の復興に寄与した詳しくみる ⇒参照元: 高度経済成長期の到来

日本の復興と「東洋の奇跡」

日本の復興と「東洋の奇跡」https://cdn.mainichi.jp日本の復興についてどのような過程があったのか?

戦後の日本は荒廃した状態から復興を始めました。国民の努力と「高度経済成長」により、わずか10年で大きな経済成長を遂げました。この過程は「東洋の奇跡」と呼ばれ、日本の復興の象徴となりました。

戦後の日本は荒廃した状態から復興を始め、わずか10年で大きな経済成長を遂げましたこの過程は「東洋の奇跡」と呼ばれ、日本の復興の象徴となりました詳しくみる ⇒参照元: 日本の高度経済成長とは?終戦10年待たずおきた「東洋の奇跡 ...

集団就職の謎

集団就職の謎https://www.nhk.or.jp集団就職についてはいくつもの論文が発表されていますが、そこで共通して語られているのは「明確な定義がない」ということです。

定義が不明確。

1975年3月24日、盛岡発の集団就職列車が上野駅に到着しましたこれが最後の集団就職列車となり、日本の高度経済成長も終わりを迎えることになりますその時代に日本経済を支えた人たちの多くがすでに現役を引退し、高度経済成長そのものが忘れられつつあります日本はいまコロナ禍にあり、先の見えない閉塞感に包まれているような状況この状況を打破するには、あの時代を人生の先輩たちがどう生きたか、学ぶことも必要なのかもしれませんそこで、今回は集団就職をした若者たちにスポットライトを当ててお話したいと思います夢と希望を抱いた集団就職者多くの若者が夢や希望を持って都市へと向かいました集団就職についてはいくつもの論文が発表されていますが、そこで共通して語られているのは「明確な定義がない」ということです高度経済成長とセットで語られることはあっても、どのような就職形態を「集団就職」とするのかは定まっていませんただ、高度経済成長期に地方から東京・名古屋・大阪といった都市部に、若い労働力が流入するための仕組みがあり、地域によっては中卒者や高卒者の半数以上が県外就職をしていました詳しくみる ⇒参照元: 明るさのあった高度経済成長期から学ぶこと

日本企業の変遷

日本企業の変遷https://rekisi-daisuki.com日本企業の変遷について教えてください。

合併化により巨大な企業集団を形成し、日本企業は国際競争に立ち向かう力を築きました。

大手企業の合併化により、日本企業は国際競争に対応するための強力な組織を構築しました終身雇用制と年功序列型の賃金体系による「日本的経営」が長期雇用と効率的な組織運営をもたらし、高度経済成長期に日本企業を支えました戦後の復興期から高度経済成長期にかけて、日本経済の成長により人々は新たな仕事と豊かな暮らしを得ました詳しくみる ⇒参照元: 高度経済成長期の到来

日本の高度経済成長期: 技術革新と成長

日本の高度経済成長期: 技術革新と成長https://www.asahicom.jp日本の高度経済成長期における最大の要因は何でしたか?

技術革新と産業の成長。

日本の高度経済成長期は、1955年から1973年までの19年間にわたり、年平均で10%の成長を達成しましたこの成功の背後には、技術革新がありました自動車産業、電気機械業、化学工業、造船業などが海外からの革新的な技術を導入し、新しい設備を導入して企業の規模を拡大しましたこれにより、日本は経済大国として名実ともに認識されました詳しくみる ⇒参照元: 高度経済成長期の到来

日本の高度成長期における鉄鋼業の役割

日本の高度成長期における鉄鋼業の役割https://graph-stock.com日本の高度経済成長期における鉄鋼業の役割は?

鉄鋼業は生産拡大と効率向上で産業を牽引。他国を圧倒する生産力で各産業の発展を促進。

高度経済成長期、日本の鉄鋼業は大規模な製鉄所の新設と生産量の急増を達成生産効率向上が他国を圧倒し、各産業に波及これにより、生産性向上と雇用増大が連鎖的に進展中小企業も成長し、部品供給で家電や自動車メーカーが大きな発展日本企業は海外技術導入し、低コストで高品質な工業製品を生産金融業は低金利政策で企業の設備投資を支え、経済全体が成長した詳しくみる ⇒参照元: 高度経済成長期の到来

日本の高度成長期における鉄鋼業の役割は、生産拡大と効率向上によって産業を牽引し、他国を圧倒する生産力で各産業の発展を促進しました