Academic Box Logo

足立区の皿沼で見つけた最悪の事故物件!大島てるの注意点を徹底解説

足立区の皿沼で見つけた最悪の事故物件!大島てるの注意点を徹底解説

ライターのYUKOです。今回は、足立区の皿沼で見つけた最悪の事故物件についてご紹介します。事故物件に住むことで起きる注意点も徹底解説していきます。

家賃が異常に安い物件の注意点

なぜ家賃が異常に安い物件は注意が必要なのですか?

潜在的な問題がある可能性が高いからです。

家賃が異常に安い物件は、潜在的な問題がある可能性が高いです。

物件周りの家賃と比較して異様に安い場合、何かしらの事情がある可能性があります。

特に都心や大都市では見分けが付きやすいです。

土地勘のない地域でも参考になります。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てる氏が語る絶対に借りてはいけない事故物件の見分け方

大島てるの事業内容

大島てるの事業内容は何ですか?

事故物件の公示使い捨ての違法看板の撤去と落選運動です。

大島てるは、事故物件の情報提供ウェブサイトを運営する日本の企業です。

主な事業内容は事故物件の公示使い捨ての違法看板の撤去と落選運動です。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てる

大島てるの事故物件マップとは?

大島てるの事故物件マップとは?

事故物件情報を提供するウェブサイトです

大島てるの事故物件マップは、日本全国の事故物件を集約したウェブベースのサービスです。

これは物件選択における重要な参考情報を提供し、購入や賃貸の決定をサポートします。

信頼性の理解から情報の探し方、さらには物件選択における判断材料としてどのように活用できるかまで、より深く理解し、物件選びの一助としてください。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てるの事故物件マップとは?活用方法を解説 ‐ 不動産プラ...

大島てるの収益源

大島てるの収益源は何ですか?

広告収益とメディア出演料金

大島てるの収益源は、サイトの広告収益とメディア出演料金です。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てる

自殺者数と自宅での自殺について

自殺者数によると、毎年平均2-2.5万人が亡くなっていますが、自宅で命を絶たれる方が半数以上にも上るという統計について教えてください。

自殺者数によると、毎年平均2-2.5万人が亡くなっており、そのうち自宅で命を絶たれる方が半数以上を占めています。

自殺者数によると、毎年平均2-2.5万人が亡くなっており、そのうち自宅で命を絶たれる方が半数以上を占めています。

この統計は、自殺者の傾向や亡くなる場所についての重要な情報を提供しています。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てる氏が語る絶対に借りてはいけない事故物件の見分け方

大島てるの事故物件マップの活用方法

大島てるの事故物件マップの活用方法は?

情報の一つとして利用しましょう。地図の操作方法や検索機能の使い方を学び、特定地域の事故物件情報を検索しましょう。事故の種類や発生日によって絞り込むことも可能です。

大島てるの事故物件マップは、不動産取引の透明性を確保し、購入・賃貸契約を検討している人の心理的負担を軽減するために利用できます。

アクセス方法や基本的な操作方法を学び、特定地域の事故物件情報を検索しましょう。

事故の種類や発生日によって絞り込むことも可能です。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てるの事故物件マップとは?活用方法を解説 ‐ 不動産プラ...

事故物件に住みたくない人の方法

事故物件に住みたくない人はどうすれば良い?

信用できる不動産屋と契約する

大島てるさんによると、事故物件を選ばない方法は、「不動産屋さんやオーナーさんが信用できるかどうか」を確認することである。

事故物件は心理的瑕疵に該当するため、不動産屋やオーナーは借主に事故物件であることを伝えなければならない。

しかし、事故物件になると賃料が安くなってしまうため、事故物件であることを隠す不動産屋やオーナーがいる。

このような不動産屋やオーナーは、契約後にもトラブルや問題が発生する確率が高くなるため、信用できない。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てるによるヤバい事故物件の見分け方と最もコワい事故物件と...

事故物件とは

どのような物件を事故物件と呼ぶか

人の死があった物件

事故物件とは、殺人、自殺、孤独死など人が死んだ物件を指す。

死亡確認が病院であっても事故物件とみなされる。

不動産業界では事故物件は「心理的瑕疵」に含まれる。

心理的瑕疵とは、不動産を貸す側と借りる側が心的抵抗があることであり、明確な定義はない。

悩む場合は、部屋を借りた後に「そのことを契約前に知っていれば契約しなかった」とならないかを考えるとよい。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てるによるヤバい事故物件の見分け方と最もコワい事故物件と...

事故物件の活用方法

事故物件を購入や賃貸する前に何をしておくべきか

情報を理解

事故物件の情報を提供するウェブサイト、大島てるの事故物件マップ。

その活用方法として、信頼性、情報の探し方、物件選びへの活用について解説。

信頼性については、物件選択における重要な参考情報であり、購入や賃貸の決定をサポートできるとしている。

情報の探し方については、ウェブサイトから検索し、物件の詳細な情報を取得できる。

物件選びへの活用については、事故物件がもたらす影響を考慮し、判断材料として使用できるとしている。

詳しくみる ⇒参照元: 大島てるの事故物件マップとは?活用方法を解説 ‐ 不動産プラ...