Academic Box Logo

漂着するクジラたちの謎に迫る: 新種発見も続くストランディング研究最前線

漂着するクジラたちの謎に迫る: 新種発見も続くストランディング研究最前線

YUKOと申します。クジラたちの謎に迫る研究についてご紹介します。

クジラやイルカのストランディング研究について

クジラやイルカのストランディング研究についてhttps://image.asoview-media.comクジラやイルカのストランディング研究について教えてください。

クジラやイルカのストランディング研究は、河川に迷い込んだり、陸に打ち上げられたりしたクジラやイルカを調査することです。この研究によって新種の発見や海洋汚染の実態の解明など、海の生態に関する重要な知見が得られています。

クジラやイルカのストランディング研究は、河川や陸に迷い込んだり打ち上げられたりしたクジラやイルカを調査することですこの研究によって新種の発見や海洋汚染の実態の解明など、海の生態に関する重要な知見が得られています詳しくみる ⇒参照元: 漂着イルカ・クジラから生態を解明! 新種発見も続くストランデ...

ストランディングの原因について

ストランディングの原因についてhttps://tsunagukai.or.jpストランディングの原因は何ですか?

原因はまだ明確ではありませんが、暖流と寒流の水温差や低体温症などが考えられます。

ストランディングの原因はまだ明確ではありませんが、暖流と寒流の水温差や低体温症が関与している可能性がありますまた、社会性の高いクジラやイルカの場合、体調を崩した一頭がいると群れ全体で冷水海域へ入り込むことがあります詳しくみる ⇒参照元: 漂着イルカ・クジラから生態を解明! 新種発見も続くストランデ...

座礁鯨の歴史と現在

座礁鯨の歴史と現在https://www.sankei.com座礁鯨の利用の歴史(日本)『編集』

日本の捕鯨の歴史

日本や海洋性東南アジア、北極圏のイヌイットなど、座礁鯨の利用が伝統的に行われてきたしかし、ニュージーランドのマオリ族は政府により座礁鯨の利用が禁止され、捕鯨文化が制限されているさらに、世界各地で座礁鯨の骨をオブジェとして飾る施設や地域も存在する座礁鯨は環境保護の立場からも研究や食用の需要があるとされている詳しくみる ⇒参照元: 座礁鯨

クジラたちは海洋汚染の指標となっている

クジラたちは海洋汚染の指標となっているhttps://www.nationalgeographic.it海洋汚染の実情を敏感に映し出す指標となっている生物は何ですか?

クジラたち

さまざまな要因が重なり合い、クジラたちは、海洋汚染の実情を敏感に映し出す指標になっているのです詳しくみる ⇒参照元: 漂着イルカ・クジラから生態を解明! 新種発見も続くストランデ...