Academic Box Logo

天官賜福のランイン(郎蛍)の謎と魅力を徹底解説! 人面疫の跡と過去に迫る中華BL作品の魅力

天官賜福のランイン(郎蛍)の謎と魅力を徹底解説! 人面疫の跡と過去に迫る中華BL作品の魅力

こんにちは、ライターのYUKOです。

天官賜福の設定解説

天官賜福の設定解説https://tgcf-anime.com神官が力を得るには何が必要ですか?

信仰

天界に転生することを「飛昇」と呼び、神官は人間からの信仰によって「功徳」を貯め、「法力」という力を得ます謝憐は2度の追放で功徳を失い法力が弱まりましたが、3度目の飛昇を果たし物語が始まります神武殿は人界では神武大帝君吾を祭る寺院ですが、天界では君吾の住居です霊文殿は霊文の宮殿で、与君山は鬼花が棲むと言われている山です明光廟は北を管理する明光廟を祀る廟で、南陽廟は南陽廟を祀る廟です天官賜福は設定が複雑で最初から説明がありませんが、物語が進むにつれて徐々に明かされていきます詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】あらすじ作品背景を解説!登場人物や相関図も!

「天官賜福」アニメ化、原著ファンの狂喜と国産アニメの飛躍

「天官賜福」アニメ化、原著ファンの狂喜と国産アニメの飛躍https://static.wixstatic.com「天官賜福」のアニメ化で最も評価されている点は何ですか?

原著の最大限の再現

「天官賜福」のアニメ化は、原著ファンの間で絶賛されていますその最大の理由は、アニメが原作に極めて忠実であることです完璧な声優陣と、原作の人物像を忠実に再現した映像は、原著ファンから高い評価を得ていますこのアニメ化は、原著ファンの熱狂的な支持だけでなく、アニメファンの間でも話題を呼び、海外の同人界でも人気を博していますまた、このアニメ化は中国国産アニメの躍進の証であり、かつて国漫に対する失望感から「真香」と呼ばれるほどの賞賛に転じています詳しくみる ⇒参照元: 天官科普:「天官賜福,百無禁忌」的真正含義,許多原著粉都不懂

四大害の一人、戚容

四大害の一人、戚容https://p9.itc.cn戚容が他の四大害と異なる点は?

「絶」に達していない

戚容は四大害の一人で、下品な物言いや人肉を食らう悪趣味を持つしかし、他の三人とは異なり、「絶」の域には達していない神官や鬼界からも疎まれ、謝憐とも深い関わりがある詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福

『天官賜福』三郎(サンラン)は花城(ホワチョン)と同一人物?

『天官賜福』三郎(サンラン)は花城(ホワチョン)と同一人物?https://stat.ameba.jp三郎(サンラン)は花城(ホワチョン)と同一人物?

同一人物です。

『天官賜福』の美青年、三郎(サンラン)は絶境鬼王・花城(ホワチョン)と同一人物です彼は主人公・謝憐(シエ・リェン)の前に姿を現し、その正体を明かします詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』三郎(サンラン)は花城(ホワチョン)と同一人物?...

将軍半月国の将軍

将軍半月国の将軍https://n.sinaimg.cn将軍半月国の将軍を裏切った人物は誰ですか?

バンユエ

将軍半月国の将軍は、筋骨隆々で仲間思いの心優しい人物です彼はバンユエという人物を配下に加え、その戦闘能力を高く評価して国師にまで押し上げましたしかし、バンユエは将軍を裏切り、将軍は彼女を激しく恨んでいます将軍の飛昇には大きな衝撃波と強い光が伴い、天界の建物を吹き飛ばすほどの威力がありました詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ (3/5...

天官賜福の包帯の少年・郎蛍(ランイン)の正体

天官賜福の包帯の少年・郎蛍(ランイン)の正体https://prtimes.jp天官賜福の包帯の少年・郎蛍(ランイン)の正体は?

永安国の太子(皇子)

天官賜福の包帯の少年・郎蛍(ランイン)は、永安国の太子(皇子)であり、仙楽国を滅ぼした国の王朝の古い王族の一人である彼は新しい王朝で太子殿下と呼ばれるはずだった人物であり、なぜ包帯姿で人面疫の跡があるのかは謎である詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福の包帯の少年・郎蛍 (ランイン)の正体は?なぜ人面疫...

三郎の正体

三郎の正体https://tgcf-anime.com謝憐を救ったのは誰か?

三郎

謝憐は将軍に阻まれて罪人坑に落ちそうになるが、三郎が救助する三郎は赤い衣を着ており、穏やかな声をしているが、顔は暗くてよく見えない三郎は将軍の攻撃を軽々とかわし、半月国の兵士たちを倒してしまう太子を抱いた三郎は、将軍に「人付き合いに何者かは問題ではない」と答えると、元の10代の少年の姿に戻る詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ (2/5...

耽美小説アニメ「天官賜福」の魅力

耽美小説アニメ「天官賜福」の魅力https://renote.jpこのアニメのジャンルは何?

耽美小説のアニメ化

「天官賜福」は、耽美小説を原作としたアニメで、その美しい作風と心に響くストーリーが特徴だ特にBL愛好者にはたまらない作品で、女性にも人気が高いまた、台詞の内容が充実しているため、集中して視聴することでより作品の世界観に入り込める詳しくみる ⇒参照元: Netflix動畫《天官賜福》評價心得:剛剛好的「腐」,畫風...

『天官賜福』の魅力と見どころ

『天官賜福』の魅力と見どころhttps://p6.itc.cn太子はなぜ天界から追放されたのか?

権力を狙ったため

太子が天界から2度追放された理由は、権力を狙ったからです記事では、太子が人界で花嫁失踪事件の解決に奔走し、自分を祀る堂を作る旅に出る様子が描かれています彼は行く先々で様々な人物と出会い、特に少年の三郎との関係が重要な役割を果たします詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』原作小説を最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!...

天官賜福の用語・背景説明

天官賜福の用語・背景説明https://blyme-yaoi.com謝憐が旅立つ前に唱えていた言葉を教えてください

天官賜福、恐れるものなし(百無禁忌)

『天官賜福』は中国の架空の古代中国を舞台にした作品です作中では神様のような「天官」が「賜福」という祝福を与える概念があります主人公の謝憐は旅立つ前に「天官賜福、恐れるものなし(百無禁忌)」と唱えますこの言葉は、神様の祝福があればどんなことも恐れないという意味です詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】あらすじ作品背景を解説!登場人物や相関図も!

太子の恩人と三郎の秘密

太子の恩人と三郎の秘密https://tgcf-anime.com太子の命を救ったのは誰?

ホワチョウ

仙楽国の太子・謝憐は800年前の祭りで子供を救ったその子供はホワチョウという鬼界の王となり、三郎という姿で太子の前に再び現れた太子は2度にわたり天界から追放されたが、3度目の飛昇を果たしたホワチョウは太子に助言や手助けを行うが、その真の姿は太子の命を救った子供である詳しくみる ⇒参照元: 天官賜福(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ (2/5...

『天官賜福』キャラクター一覧紹介

『天官賜福』キャラクター一覧紹介https://tgcf-anime.com『天官賜福』のキャラクター一覧を教えてください。

主要なキャラクターを紹介します。

『天官賜福』は、ファンタジーBL作品であり、物語の世界観が魅力ですこの記事では、アニメ2期のメインキャラクターに焦点を当て、相関図やキャラクターの概要を紹介しています主人公の謝憐や彼を慕う謎の青年、さらに天界の神官たちなど、物語を支える重要なキャラクターが登場しますファンの方にとっては必見の情報です詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』キャラクター一覧・相関図まとめ!中国のWEB小説...

『天官賜福』謝憐の過去や不死について徹底解説!

『天官賜福』謝憐の過去や不死について徹底解説!https://animeanime.jp謝憐の過去や不死性について教えてください。

壮絶な過去を抱える謝憐は、817歳でありながら不死性を持っています。

謝憐は中国発のファンタジーBL『天官賜福』の主人公で、穏やかな笑みを絶やさぬ優しい人物です彼は壮絶な過去を抱えており、817歳でありながら不死性を持っています詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』謝憐(シエ・リェン)の過去や不死について徹底解説...

美しき太子殿下、謝憐

美しき太子殿下、謝憐https://c-ssl.duitang.com太子殿下の謝憐とは、どのような人物でしょうか?

義侠心に溢れる美青年

謝憐は、天界を追放された上天庭の神官で、かつては仙楽国の太子でした彼は美しい容姿と優れた剣術、溢れる義侠心を持ち、華麗な伝説を残して17歳で飛昇を果たしましたしかし、二度も天界を追放され、「三界の笑い者」と揶揄されています現在、謝憐は人界に降りて菩薺村に道観を構え、自分で自分を祀っています武器は自我を持つ白綾「若邪(ルオイエ)」と宝剣「芳心(ファンシン)」で、常に簡素な白い道服を身に纏い、背に笠を背負っています詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』美しき主人公・謝憐(太子殿下)の魅力をご紹介

天官賜福:背景解説

天官賜福:背景解説https://themoviedb.org謝憐の別名は何か?

花冠武神

天官賜福は、中国のweb小説を原作とした2021年に放送されたTVアニメ架空の古代中国を舞台にしたファンタジーで、原作の中国ではbilibiliで総再生数4億回を越える人気作アニメは映像や音楽が素晴らしく、中国の歴史を知らない人でも楽しめる主人公の謝憐は仙楽国の太子だったが、神官となり「片手に剣、片手に花」と呼ばれる姿の像から「花冠武神」と呼ばれる謝憐は謎の少年・三郎と出会い、調査を手助けする女性神官・霊文や配下の少年・南風らと関わる詳しくみる ⇒参照元: 【天官賜福】あらすじ作品背景を解説!登場人物や相関図も!