Academic Box Logo

アザラシ肢症とサリドマイド:奇形を引き起こすメカニズムと安全な新薬の開発

アザラシ肢症とサリドマイド:奇形を引き起こすメカニズムと安全な新薬の開発

はじめまして。YUKOと申します。ライターをしております。今回はアザラシ肢症とサリドマイドについての内容をご紹介いたします。

サリドマイドの効果

サリドマイドの効果https://wpi-iiis.tsukuba.ac.jpサリドマイドの効果は何ですか?

抗悪性腫瘍薬として特に多発性骨髄腫に対して高い効果を発揮します。

サリドマイドは抗悪性腫瘍薬として使用され、特に多発性骨髄腫に対して高い効果を示します。詳しくみる ⇒参照元: サリドマイド

p63の分解を誘導しないサリドマイド系化合物の探索

p63の分解を誘導しないサリドマイド系化合物の探索https://sato-ayumi.comp63の分解を誘導しないサリドマイド系化合物の探索は可能か?

可能です。

p63の分解を誘導しないサリドマイド系化合物の探索により、安全性の高い新薬の開発が可能になります。詳しくみる ⇒参照元: サリドマイドが手足や耳に奇形を引き起こすメカニズムを解明 安...

サリドマイド誘導体の催奇性のメカニズム

サリドマイド誘導体の催奇性のメカニズムhttps://nagoya-u.ac.jpサリドマイド誘導体の催奇性のメカニズムは何ですか?

未解明な点が多く残されており、SALL4以外の原因タンパク質の存在が示唆されています。

サリドマイド誘導体の催奇性のメカニズムについては未解明な点が多く残されており、SALL4以外の原因タンパク質の存在が示唆されています。詳しくみる ⇒参照元: サリドマイド催奇性を引き起こすタンパク質の発見―サリドマイド...

サリドマイド誘導体の催奇性のメカニズムには未解明な点が多く残されており、SALL4以外の原因タンパク質の存在が示唆されています