Academic Box Logo

原始太陽系星雲から生まれた惑星と生命の誕生

原始太陽系星雲から生まれた惑星と生命の誕生

Satukiと申します。原始太陽系星雲から生まれた惑星と生命の誕生について、今回はご紹介させていただきます。

リュウグウの試料の特徴

リュウグウの試料の特徴 https://hotozero.com リュウグウの試料は何に似ているか?

CIコンドライト

リュウグウの試料は「CIコンドライト」という始原的な炭素質隕石に似ています。 詳しくみる ⇒ 参照元: リュウグウの始原的物質は太陽系で最初期にできたものかも

リュウグウ試料のコンドリュール様物質とCAIの特徴

リュウグウ試料のコンドリュール様物質とCAIの特徴 https://assets.mercari-shops-static.com リュウグウ試料のコンドリュール様物質とCAIの特徴は何ですか?

非水質変成の無水鉱物と共存している

リュウグウ試料のコンドリュール様物質とCAIは、非水質変成が進んでいない部分に存在し、無水鉱物と一緒に共存しています。これは、両物質がリュウグウ母天体に元々存在していたことを示唆しています。 詳しくみる ⇒ 参照元: リュウグウの始原的物質は太陽系で最初期にできたものかも

隕石のコンドリュールとCAIの形成と移動

隕石のコンドリュールとCAIの形成と移動 https://img07.shop-pro.jp 隕石のコンドリュールとCAIはどこで作られたのか?

原始太陽系星雲の内側の領域で作られ、外側の領域まで運ばれたと推定されています。

隕石のコンドリュールとCAIは原始太陽系星雲の内側の領域で作られ、外側の領域まで運ばれたと推定されています。今後の研究により、その移動の仕組みが解明されるでしょう。 詳しくみる ⇒ 参照元: リュウグウの始原的物質は太陽系で最初期にできたものかも

微惑星の誕生と地球型惑星形成

微惑星の誕生と地球型惑星形成 https://yokohama-mobilepla.jp 太陽系誕生のプロセスはどのようにして始まったのか?

微惑星が地球型惑星の基となった。

太陽系の誕生は、原始太陽が輝きを増加させる中で、惑星も誕生に近づいていた。星雲に含まれる小さな塵が円盤状の密度の濃い部分に集まり、微惑星となって地球型惑星の基となった。 詳しくみる ⇒ 参照元: 地球誕生の仕組み:生命を宿す惑星の総合科学

太陽系形成過程の分析技術

太陽系形成過程の分析技術 https://official.rikanenpyo.jp 太陽系形成過程の研究において、どのような分析技術が使用されていますか?

イオンマイクロプローブ(SIMS)を用いた分析技術が使用されています。

イオンマイクロプローブ(SIMS)を用いた分析技術の発展により、太陽系形成過程の研究が進んでいます。 詳しくみる ⇒ 参照元: 東京大学理学部 地球惑星物理学科

隕石の中に含まれるもの

隕石の中に含まれるもの https://ritsumei.ac.jp 隕石の中には何があるのですか?

微惑星のかけらや分化隕石が含まれています。

隕石は、微惑星のかけらや分化隕石が含まれています。微惑星のサイズによって分化が起こり、大きい微惑星は地殻・マントル・コアに層がわかれます。小さい微惑星は原始太陽系星雲の痕跡を残します。 詳しくみる ⇒ 参照元: 東京大学理学部 地球惑星物理学科

太陽系形成過程の分析技術によって、原始太陽系星雲から生まれた惑星と生命の誕生について新たな知見が得られる可能性があります