Academic Box Logo

劇症型溶連菌感染症の症状と予防法について

劇症型溶連菌感染症の症状と予防法について

YUKINOと申します。ライターをしております。今回は劇症型溶連菌感染症の症状と予防法についてご紹介します。

丹毒の特徴

丹毒の特徴 https://miyake-naika.or.jp 丹毒の特徴は何ですか?

強い発赤と触れるとの強い痛みがあります。

丹毒は皮膚の表面に近い真皮で感染を起こし、強い発赤と触れるとの強い痛みが特徴です。 詳しくみる ⇒ 参照元: 溶連菌感染症について

溶連菌感染症の特徴

溶連菌感染症の特徴 https://miyake-naika.or.jp 溶連菌感染症の特徴的な症状は何ですか?

のどの痛みと発熱が特徴です。

溶連菌感染症はA群β溶血性連鎖球菌によって引き起こされる感染症であり、急性咽頭炎や扁桃炎などが代表的な症状です。患者はのどの痛みと発熱を訴え、首のリンパ節の腫れや扁桃腺に白色の膿を見ることが多いです。特に3歳以下では特徴的な症状がないため、一般の風邪と区別が難しいとされています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 溶連菌感染症について

以上が劇症型溶連菌感染症の症状と予防法についての概要です早めの診断と適切な治療が重要です