Academic Box Logo

大谷翔平の移籍は動かず、しない決断を待つ

大谷翔平の移籍は動かず、しない決断を待つ

YUKOと申します。スポーツ界における注目の話題についてお伝えします。

大谷翔平の去就: 移籍交渉終盤へ

大谷翔平の去就: 移籍交渉終盤へhttps://hochi.news大谷翔平選手の去就はどうなっていますか?

移籍交渉は終盤に入り、静かな状況です。

大リーグのウインターミーティングでは、大谷翔平選手の去就が注目されています。3日目の会合は移籍交渉の山場とされ、静かな終盤を迎えています。テネシー州ナッシュビルのリゾートホテルで行われているウインターミーティングでは、大物代理人のスコット・ボラス氏の取材もあり、現役選手向けのドラフトも行われました。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の去就 動きないまま 移籍交渉山場の会合静かに終盤へ

大谷翔平のフリーエージェント契約

大谷翔平のフリーエージェント契約https://j-cast.com大谷翔平がフリーエージェント契約に求めるものは何か

勝利こそがもっと大切なのではないか。

大谷翔平が公式にフリーエージェントとなり、どのチームとも契約できるようになった。ワールドシリーズ終了から5日が経って、ようやく門戸が開かれた。ただし、MLB史上最大の移籍の決定まではまだしばらく時間がかかりそうだ。なぜなら、周知の通り、世界的なアイコンである二刀流スーパースターに次の10年を託したいと願うチームはあまりにも多く、その去就の決着にはあまりにも多くの時間がかかるからだ。今週のGMミーティングでも大谷はもちろん大きな話題になるだろう。代理人のネズ・バレロ氏は各チームから公式な最初のアプローチに耳を傾けることになる。このオフシーズンは特に噂が膨らむだろう。毎週のように巨大な数字が飛び交い、ウィンター・ミーティングが近づくにつれ、それは毎日のことになるだろう。筆者は大谷の行方に並々ならぬ関心を抱いている。なぜなら、それは大谷翔平だからだ。もし彼が周囲を驚かせるような決断をしても、私は驚かない。大谷に見合う金額を出せるのは2、3チームほどしかないと人々は考えているが、彼のキャリアを見てきた私は別の考えを持っている。大谷は「普通の」金銭的モチベーションでは動かないのではないだろうか。短慮だと思うかもしれないが、大谷にとっては、金額ではなく、勝利こそがもっと大切なのではないか。2017年のことを思い出してほしい。23歳の大谷は大金を捨てて日本を離れた。包括的労使協定(CBA)の規定によって、25歳未満の選手は「海外アマチュア」の扱いを受けていた。チームが海外選手に払える金額には上限があり、オープンな市場は存在しなかったのだ。金額で落札することはなかった。何よりも大谷は最高のレベルで競うことを望んだのだ。それこそが最優先事項であり、金銭は問題ではなかった。だからこそ、大谷は25歳になるのを待たず、23歳で日本を離れたのだ。今では大谷は巨大な報酬を手にしている。ロサンゼルス・エンゼルスから受け取る選手報酬に加えて、数多くの企業と莫大なスポンサー契約を結んでいるのだ。それなのに、突然、大谷が金銭を追い求めるようになるだろうか。それこそ筋が通らない考え方だろう。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の移籍先は? 契約の可能性がある15チームをランキン...

大谷翔平、ドジャースとの面談は先週金曜日に行われる

大谷翔平、ドジャースとの面談は先週金曜日に行われるhttps://full-count.jp大谷翔平のドジャース面談はいつ行われたのか?

先週金曜日の午後

大谷翔平とドジャースの面談は先週金曜日の午後に行われた。面談の際、球場の見学ツアーは中止され、グッズショップも営業を終了していた。ファンは大谷の姿を偶然目撃することはなかった。詳しくみる ⇒参照元: 大谷翔平の去就 動きないまま 移籍交渉山場の会合静かに終盤へ

大谷翔平の去就に関する移籍交渉は終盤に入り、静かな状況が続いています