Academic Box Logo

ALPS処理水の飲める安全性に関する最新情報と日本政府の取組

ALPS処理水の飲める安全性に関する最新情報と日本政府の取組

はじめまして、YUKOと申します。ライターをしており、さまざまな分野に関する情報を提供しています。今回はALPS処理水の飲める安全性に関する最新情報と日本政府の取組についてご紹介します。

ALPS処理水とは

ALPS処理水とはhttps://fukushima-updates.reconstruction.go.jpALPS処理水とは何ですか?

放射性物質を含む汚染水を浄化処理した水のことです。

ALPS処理水は福島第一原子力発電所で発生した汚染水を浄化処理したもので、放射性物質を除去しています。詳しくみる ⇒参照元: ALPS処理水

ALPS処理水の海洋放出の安全性

ALPS処理水の海洋放出の安全性https://gov-online.go.jpALPS処理水の海洋放出についての安全性は?

安全性は確認されている。

福島第1原子力発電所のALPS処理水の海洋放出が進行中であり、政府は30年かけて徐々に放出する計画である。これまでの放出作業では放射性物質濃度が基準以下であり、安全性が確認されている。今後も放出作業が続く予定である。詳しくみる ⇒参照元: ALPS処理水

ALPS処理水の海洋放出終了予定

ALPS処理水の海洋放出終了予定https://sustainablejapan.jpALPS処理水の海洋放出はいつ終了する予定ですか?

2023年11月20日頃に3回目のALPS処理水の海洋放出が終了する予定です。

ALPS処理水の海洋放出は2023年11月20日頃に3回目の放出が終了予定です。詳しくみる ⇒参照元: ALPS処理水

ALPS処理水の安全性と水産業支援

ALPS処理水の安全性と水産業支援https://jaif.or.jpALPS処理水の安全性についてどのような対策が取られているのか?

安全基準を満たすまで浄化した水であり、放射線影響は無視できるほどです。

東京電力福島第一原子力発電所の建屋内にある放射性物質を含む水について、トリチウム以外の放射性物質を、安全基準を満たすまで浄化した水のことです。トリチウムについても安全基準を十分に満たすよう、処分する前に海水で大幅に薄めます。このため、人及び環境に対する放射線影響は無視できるほどです。また、海洋放出の前後で、海の放射性物質濃度に大きな変化が発生していないかを、第三者の目を入れた上でしっかりと確認し、安全確保に万全を期します。ALPS処理水は、各国の法令を遵守した上で、液体廃棄物として海洋や河川等へ、また、換気等に伴い大気中へ排出されている。ALPS処理水の人への影響評価結果は、自然放射線からの影響(日本平均:年間2.1ミリシーベルト)に対して、約7万分の1~約100万分の1。トリチウムはごく弱い放射線を発するが、紙1枚で防げる程度であり、体内に入っても蓄積されることはなく、水と一緒に排出されます。政府は風評対策として、ALPS処理水の処分に伴う風評影響や生業継続に対する不安に対処をすべく、全責任を持って取り組んでいます。水産業を守る支援パッケージに関する記者会見では、総額1007億円の「水産業を守る」5本柱の政策パッケージをとりまとめ、日本の水産業をしっかりと守るため、万全の対応を行うことが発表されました。詳しくみる ⇒参照元: Alps処理水に関する日本政府の取組

放出量の管理

放出量の管理https://i.ytimg.com放出量については、どのように管理されていますか?

目標値内で管理され、廃炉の進捗に応じて見直されます。

放出量は目標値内で管理され、廃炉の進捗に応じて適宜見直されます。詳しくみる ⇒参照元: Alps処理水等の現状

ALPS処理水の放出に関する懸念

ALPS処理水の放出に関する懸念https://iaea.orgALPS処理水の放出について何が懸念されているのか?

放射性物質によるリスクが懸念されています。

ALPS処理水の放出について懸念されているのは、主に、処理水に残る放射性物質によるリスクである。詳しくみる ⇒参照元: 計画、科学、安全性: Alps処理水の放出

ALPS処理水の海洋放出終了予定は2023年11月20日頃に3回目のALPS処理水の海洋放出が終了する予定です