Academic Box Logo

全固体電池の実用化に向けた課題と可能性

全固体電池の実用化に向けた課題と可能性

こんにちは、Satukiと申します。全固体電池の実用化に向けた課題と可能性についてお伝えします。

トヨタの全固体電池の技術的ブレイクスルー

トヨタの全固体電池の技術的ブレイクスルー https://webcg.net トヨタの全固体電池に関する最新の技術的ブレイクスルーは何ですか?

電池の耐久性を克服する技術的ブレイクスルー

トヨタは全固体電池に関して、電池の耐久性を克服する技術的ブレイクスルーを発見しました。これにより、HEV導入の見直しやBEV用電池の開発を加速し、2027~2028年の実用化に向けて取り組んでいます。 詳しくみる ⇒ 参照元: 全固体電池をわかりやすく解説。従来の電池との違い、トヨタ・日...

全固体電池の特徴

全固体電池の特徴 https://article.murata.com 全固体電池の特徴は何ですか?

高耐熱性と長寿命を持ち、従来のリチウムイオン電池では対応困難な用途にも適用可能です。

全固体電池は高耐熱性や長寿命の特性を持ち、従来のリチウムイオン電池では対応困難な用途にも適用可能です。価格はまだ高額ですが、普及が進むにつれて価格も下がることが期待されています。全固体電池の導入により、労働力不足などの課題に貢献することが期待されています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 次世代電池の本命「全固体電池」が変える未来 小型電池が得意な...

全固体電池研究の現在地

全固体電池研究の現在地 https://i.ytimg.com 全固体電池研究の現在地はどこですか?

産総研では硫化物系全固体電池の実用化に取り組んでいます。

現在、固体電解質として有望な材料には硫化物系と酸化物系の2種類があります。硫化物系と酸化物系において最大の課題は、イオン伝導率の高い材料を探索することです。一般にイオンは固体中では動きにくい(イオン伝導率が低い)ので、イオンが動きやすい材料を常に探しています。他にも、電極中で活物質と電解質の接合を維持することの難しさが共通の課題として挙げられます。硫化物系全固体電池ではより強い力で電池を締め付けた方が良い性能を示すことが知られています。硫化物系では、硫化水素が発生する危険性の回避が必須です。一方、酸化物系全固体電池では、高温で焼成することで活物質と電解質を接合して電池をつくる必要があります。産総研ではこうした課題の解決をめざし、材料の探求から量産技術につながるものまで、さまざまな研究を行っています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 全固体電池とは?

全固体電池のメリット

全固体電池のメリット https://blog-imgs-90.fc2.com 全固体電池のメリットは何ですか?

高いエネルギー密度、安全性、曲面や薄型デバイスへの適応性、長寿命、環境への配慮があります。

全固体電池は高いエネルギー密度、安全性、曲面や薄型デバイスへの適応性、長寿命、環境への配慮があります。これにより、頻繁な電池交換の必要が減少し、総所有コストも削減される可能性があります。 詳しくみる ⇒ 参照元: 全固体電池実用化できない?技術的ハードルを解説

全固体電池:リチウムイオンバッテリーの革新的な解決策

全固体電池:リチウムイオンバッテリーの革新的な解決策 https://hips.hearstapps.com リチウムイオンバッテリーの内部にある液体を固体に置き換えることは可能か?

可能です。全固体電池と呼ばれるバッテリーがその解決策です。

リチウムイオンバッテリーの内部にある液体を固体に置き換えることは可能です。全固体電池と呼ばれるバッテリーがその解決策です。全固体電池は、電解質として使われている液体を固体に置き換えることで、バッテリーの重量と容積を減らし、電気自動車の走行距離や安全性を向上させることができます。 詳しくみる ⇒ 参照元: 「全固体電池」の量産に向けて、一部のスタートアップが動き始め...

全固体電池の実用化について

全固体電池の実用化について https://emira-t.jp 全固体電池の実用化は可能か?

可能性はありますが、まだ多くの技術的なハードルを乗り越える必要があります。

全固体電池の実用化は、まだ完全には実現されていません。技術的な課題や製造コストの問題が存在しますが、研究は進行中であり、近年の技術の進展によって問題点も克服されることが期待されています。小型の全固体電池は市場に登場する予測もあり、特に携帯電話やウェアラブルデバイス向けの利用が期待されています。大型の電池に関しては、2025年以降の実用化が見込まれています。多くの研究機関や企業が全固体電池の開発に注力しており、技術のブレークスルーが期待されます。 詳しくみる ⇒ 参照元: 全固体電池実用化できない?技術的ハードルを解説

全固体電池の開発における最大の課題

全固体電池の開発における最大の課題 https://webcg.net 全固体電池の開発における最大の課題は何ですか?

効率の良い電極の開発

全固体電池の開発において、効率の良い電極の開発が最大の課題となっています。電力を蓄える能力を向上させるためには、より効率の良い電極(正極、負極)が不可欠です。また、電池の使い勝手を向上させるためには、サイズと重さを抑えながらも、より多くの電力を蓄えることができる電極の開発も必要です。さらに、全固体電池の製造には新たな設備や製造方法が必要であり、大量生産には大規模な設備の準備が必要となります。 詳しくみる ⇒ 参照元: 全固体電池とは? 種類やメリット・寿命について解説

スマートフォンとウェアラブル端末の充電容量について

スマートフォンとウェアラブル端末の充電容量について https://yupiteru.co.jp スマートフォンやウェアラブル端末について、充電容量は変わらないの?

期待できるよ。全固体電池は高容量で、幅広い用途に対応できるんだ。

スマートフォンやウェアラブル端末についても、購入時とほぼ変わらない充電容量が期待できるという。全固体電池は高容量で、センサーや医療機器、産業機器、ウェアラブルなど、幅広い用途に対応できる。 詳しくみる ⇒ 参照元: 次世代電池の本命「全固体電池」が変える未来 小型電池が得意な...

全固体電池の利点

全固体電池の利点 https://sbbit.jp 全固体電池の利点は何ですか?

可燃性のリスク低減、広い作動温度範囲、急速充電への対応

全固体電池は可燃性の有機溶媒がないため、火災のリスクが低減されます。また、広い作動温度範囲を持ち、急速充電にも対応できます。 詳しくみる ⇒ 参照元: 全固体電池とは? 種類やメリット・寿命について解説

全固体電池の実用化に向けた課題と可能性について述べてきました現在は、効率の良い電極の開発や技術的なハードルの克服が求められています産総研などでの研究が進められていますが、まだ実用化には時間がかかる見通しです