Academic Box Logo

韓国の出生率0.78、少子化対策の失敗と今後の課題に迫る

韓国の出生率0.78、少子化対策の失敗と今後の課題に迫る

はじめまして、YUKOと申します。ライターであり、社会問題に関心を持つ者です。今回は韓国の出生率の問題について取り上げたいと思います。韓国の出生率が0.78という数字が示すように、少子化が深刻な課題となっています。この問題について考察していきたいと思います。

韓国の少子化の要因

韓国の少子化の要因 https://nhk.jp 韓国の少子化の要因は何ですか?

莫大な予算を投じた少子化対策の効果が限定的であったためです。

韓国では少子化が進んでおり、出生率は0.78と低下しています。韓国政府は20年以上にわたり少子化対策に予算を投じてきましたが、その効果は限定的でした。少子化の要因について考える必要があります。 詳しくみる ⇒ 参照元: 出生率0.78 韓国の少子化対策はなぜ失敗したのか

韓国の少子化対策の失敗とは

韓国の少子化対策の失敗とは https://egichan.com 韓国の少子化対策はなぜ失敗したのですか?

対策の失敗や保育施設の不足が原因です。

韓国政府は少子化対策に多額の予算を投じてきましたが、対策は失敗しました。人工中絶を減らし出産数を増やす政策には若い女性から反発がありました。また、無償保育が公立保育園の不足と保育の質の低下を招き、子育て不安を増大させました。少子化対策の失敗を受けて、政府は全面的な見直しを指示しました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 出生率0.78の衝撃 韓国の少子化対策 Nhk解説委員室

韓国の女性の結婚と出産に対する意識の変化

韓国の女性の結婚と出産に対する意識の変化 https://bwell.jp 韓国の女性の結婚や出産に対する意識の変化はありますか?

変化あり

韓国の女性の結婚や出産に対する意識は変化しています。調査によれば、64%の女性が結婚に負担を感じ、77.2%が子どもがいると就業やキャリアに制約を受けると答えています。政府も少子化対策として様々な施策を打ち出しており、育児支援や保育施設の整備などを行っています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 出生率0.78の衝撃 韓国の少子化対策 Nhk解説委員室

韓国の出生率の低下は少子化対策の限定的な効果や女性の結婚と出産に対する意識の変化、保育施設の不足などが要因とされています今後の課題は、これらの要因に対処しつつ、持続可能な少子化対策を打ち立てることです