Academic Box Logo

淡谷のり子と笠置シヅ子の関係性について探る

淡谷のり子と笠置シヅ子の関係性について探る

皆さん、初めまして。ライターのYUKOです。今回、淡谷のり子と笠置シヅ子の関係性について探っていきたいと思います。

ブルースの女王・淡谷のり子の笠置シズ子との関係

ブルースの女王・淡谷のり子の笠置シズ子との関係 https://cdn.mainichi.jp ブルースの女王として活躍した淡谷のり子と、笠置シズ子はどのような関係にあったのでしょうか

同年代の歌手として親交があった。

淡谷のり子と笠置シズ子は、同年代の歌手として親交があった。淡谷のり子は、笠置シズ子を「シズちゃん」と呼んで慕っていたそうだ。また、笠置シズ子は、淡谷のり子のことを「淡谷のり子さんは、歌が上手で、とても尊敬している」と語っていた。淡谷のり子は、1934年に歌手デビューし、笠置シズ子は、1935年に歌手デビューした。どちらも、昭和を代表する歌手として活躍し、多くの人々に愛された。 詳しくみる ⇒ 参照元: 茨田りつ子のモデルは淡谷のり子!笠置シズ子との関係性について...

淡谷のり子と笠置シヅ子の関係

淡谷のり子と笠置シヅ子の関係 https://stat.ameba.jp 淡谷のり子さんと笠置シヅ子さんはライバルだったの?

いいえ。

淡谷のり子さんと笠置シヅ子さんは、戦前からご活躍された昭和モダンの代表的な歌手です。淡谷のり子さんは、青いアイシャドウとつけまつ毛、ビブラートの効いた響く歌声が特徴的で、笠置シヅ子さんは、派手な衣装と豪快な歌声で人気を博しました。お二人とも、歌謡界に大きな功績を残した素晴らしい歌手ですが、ライバルだったという話はありません。 詳しくみる ⇒ 参照元: 淡谷のり子と笠置シヅ子の関係、娘や若い頃の苦労と最後まで歌手...

ブルースとブギの女王の戦前戦後

ブルースとブギの女王の戦前戦後 https://i.ytimg.com 淡谷のり子と笠置シヅ子の関係は?

戦前と戦後を代表する歌謡界の女王同士。

淡谷のり子は1937年に「別れのブルース」でブルースの女王と呼ばれ、笠置シヅ子は1947年に「東京ブギウギ」でブギの女王と呼ばれるようになった。2人は年齢も7歳離れており、淡谷は戦前から活躍し、笠置は戦後から活躍した。笠置は戦中は華やかすぎると忌避され、苦労したそうだ。 詳しくみる ⇒ 参照元: 淡谷のり子と笠置シヅ子の関係とは?ブルースとブギの女王の仲を...

笠置シヅ子と淡谷のり子と美空ひばり

笠置シヅ子と淡谷のり子と美空ひばり https://showa-g.org 笠置シヅ子さんは、淡谷のり子さんにモノマネをされ、どのような反応だった?

怒り心頭

笠置シヅ子さんは、淡谷のり子さんにモノマネをされて怒り心頭だった。淡谷のり子さんは、舞台に臨む前には劇場のお風呂に入っていて、当時9歳の美空ひばりさんも入りたがったため、支配人さんの計らいで一緒に入れてあげた。しかし、美空ひばりが押しも押されもしない大スターになった後、そんなことは覚えていないと言ったため、淡谷のり子さんはがっかりした。 詳しくみる ⇒ 参照元: 淡谷のり子には娘がいる、死因は?夫、若い頃、笠置シヅ子、美空...

笠置シヅ子の生涯の歌

笠置シヅ子の生涯の歌 https://auctions.c.yimg.jp 淡谷のり子と笠置シヅ子の対談で、笠置シヅ子は生涯どんな歌を歌い続けるといったのか?

ブギ

淡谷のり子と笠置シヅ子は、1949年に「荊の道を語る」という対談を行った。その際、笠置シヅ子は「生涯ブギを歌い続ける」と発言。淡谷のり子は「ブギは一時的で必ずすたれる」と反論したが、笠置シヅ子は「私が歌う限り流行し続ける」と啖呵を切った。しかし、10年後に再会した際には、笠置シヅ子は「あんなもん歌えまっか。心臓が破れそうですわ。ああ言ったんは若気の至りでんがな」と、ブギを歌うことを否定した。淡谷のり子は、笠置シヅ子が先にブギを降りてしまったことを残念に思っていた。淡谷のり子は、戦中戦後、どんなにへんぴな地の掛小屋でも、そこに舞台があればためらいなく向かった。どんなに少なくても自分の歌に泣いてくれる人がいたら歌うという淡谷晩年の真骨頂といえる。 詳しくみる ⇒ 参照元: 朝ドラ「ブギウギ」モデルの笠置シヅ子と淡谷のり子の交差と相違...

歌い続けた淡谷のり子

歌い続けた淡谷のり子 https://images-na.ssl-images-amazon.com 淡谷のり子の特徴は?

最長寿で歌い続けた歌手

淡谷のり子は、1998年に亡くなるまで歌手として活躍し続け、76歳でディック・ミネさんとデュエット曲「モダンエイジ」をレコーディングしました。これは今でも最高齢記録として残っています。しかし、1993年に脳梗塞を発症し、言語や手足の麻痺などが残り体調も悪化してしまいます。それ以降は、歌い続けることはできませんでしたが、1996年には人の前に姿をお見せになり、その場にいた全員と一緒に歌った「聞かせてよ愛の言葉よ」が淡谷さんが人前で歌った最後の曲になりました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 淡谷のり子と笠置シヅ子の関係、娘や若い頃の苦労と最後まで歌手...

淡谷と笠置は、お互いの人生の中で重要な存在でした笠置は、淡谷の良き相談相手であり、淡谷は、笠置の良き理解者でした二人で歌った「ブギ」は、今でも歌い継がれる名曲です