Academic Box Logo

吉本興業における派閥間の相関図と芸人の序列

吉本興業における派閥間の相関図と芸人の序列

ライターのYUKOです。吉本興業における派閥間の相関図と芸人の序列について、ご紹介します。

吉本興業の知名度が芸人に与える影響

吉本興業の知名度が芸人に与える影響https://tvlogs.net吉本興業の知名度は、どのような影響を芸人に与えていますか?

知名度やブランド力で、テレビ出演が多くなる。

芸能界で活躍するには、テレビ出演は必須。吉本興業は、知名度とブランド力があるので、テレビの出演枠を多く確保できている。そのため、吉本所属の芸人は、事務所のバックアップを受けられるので、無名の新人としてオーディションなどから這い上がるよりは有利になる。詳しくみる ⇒参照元: 吉本芸人の序列一覧を発表!給料はいくら?年収格差がとにかく激...

吉本せいの結婚のきっかけ

吉本せいの結婚のきっかけhttps://seiwayoshimoto.co.jp吉本せい(林せい)は、なぜ吉本泰三(吉本吉兵衛)と結婚できたの?

家業の取引先だったから。

吉本せい(林せい)の実家である林家は、大阪市東区内本町橋詰町で老舗の荒物問屋「箸吉」を営む吉本家と取引をしていた。吉本せい(林せい)は、吉本泰三(吉本吉兵衛)と結婚する前に、吉本泰三(吉本吉兵衛)の実家の荒物問屋「箸吉」で奉公していた。吉本せい(林せい)は、働き者で優秀だったので、吉本泰三(吉本吉兵衛)に見初められ、結婚することになった。詳しくみる ⇒参照元: 吉本興業の創業者・吉本せいの家系図と子供と子孫

吉本興業の主導権争い

吉本興業の主導権争いhttps://img2.bakusai.com正之助はどちらの主導権争いでも勝利しましたが、どのような結果をもたらしましたか?

吉本興業の経営権は正之助直系に移った。

正之助が主導権争いで勝利した後、吉本興業の経営の実権は吉本家から林家、さらには正之助直系に移っていった。また、近年では独自路線を強める吉野社長以下現経営陣に対して、創業者一族離れと見る大株主の林家が批判を強めている。週刊誌を使って経営権争いを有利に進めるためのリーク合戦をするに至り、注目を集めた。詳しくみる ⇒参照元: 吉本興業ホールディングス

社長のイスの変動

社長のイスの変動https://item-shopping.c.yimg.jp吉本興業の社長の歴史はどのような感じですか?

創業者一族と外部の登用で揺れ動いていた。

1970年に正之助が社長に復帰し、正之助に近い中邨が吉本に復帰。弘高・東京吉本系の幹部社員の多くは失脚し、幹部の顔ぶれががらりと変わった。1973年に正之助は社長から会長に退き、橋本鐵彦が就任。1977年には、八田竹男が橋本を継いだ。両者とも創業者一族以外からの登用である。しかし1986年に再び正之助が社長に返り咲くが、1991年には正之助の死にともない中邨秀雄が社長に就任、しかし1999年には正之助の娘婿の林裕章が社長を継ぐなど、この時期社長のイスは創業者一族と外部の間で揺れ動く。最終的に2005年の林裕章の突然の死を受けて、吉野伊佐男が社長を継いで以来は再び外部からの登用が続いており、今日に至っている。詳しくみる ⇒参照元: 吉本興業ホールディングス

林家と吉本興業の対立

林家と吉本興業の対立https://sponichi.co.jp吉本興業と林家が対立した理由を教えてください

社長人事の意見が合わなかったから

吉本興業と林家は創業家と創業家傍系という関係で、林家が長い間社長を輩出していました。しかし、林マサが息子の林正樹を次期社長にしようとしたとき、吉本興業の経営陣がこれを拒否。林家は吉本興業の株主だったが、吉本興業は既に上場企業であり、林家の個人企業ではなかったため、林マサは社長就任を諦めることになりました。詳しくみる ⇒参照元: 吉本興業の創業者・吉本せいの家系図と子供と子孫

正之助の後継者

正之助の後継者https://zakzak.co.jp1963年、糖尿病などの体調不良を理由に、正之助は社長を辞任したが、次期社長は誰ですか?

弟の弘高。

吉本興業の経営権は創業家から林家に移り、社長は正之助から弘高に代わった。弘高は東京吉本の幹部社員を連れてきたため、社内では大阪吉本系と東京吉本系の社員間で主導権争いが続いた。詳しくみる ⇒参照元: 吉本興業ホールディングス

花月という名称に込められた意味

花月という名称に込められた意味https://ja.kyoto.travel花月という名称は、何を表す言葉なのか?

博打の掛け声

吉本興行部の創設者である吉本吉兵衛・せい夫婦は、1915年に傘下の端席のほとんどを「花月」と改名した。「花月」とは、博打の掛け声であり、「花と咲くか、月と陰るか、全てを賭けて」という思いが込められている。吉兵衛・せい夫婦は、桂派、三友派の二大勢力の争いが三友派の勝利にほぼ確定していた1921年に、非主流の浪花落語反対派と提携して勢力を伸ばし、のちに反対派を吸収。そして翌年、三友派の象徴ともいえる寄席「紅梅亭」を買収して三友派も吸収。上方演芸界全体を掌握することになる。しかし、1924年に泰三が急性心筋梗塞(脳溢血説もあり)で死去し、若き未亡人せいが経営を背負うことになるが、せいの2人の弟の林正之助が大阪で、林弘高が東京で活躍し、大過なく経営を続けることができた。詳しくみる ⇒参照元: 吉本興業ホールディングス

吉本興業の事業内容

吉本興業の事業内容https://tk.ismcdn.jp現在の吉本興業はどんな事業をしている?

総合商社

吉本興業は、現在は芸能プロダクションを中心とし、テレビ番組制作会社、CS放送やケーブル・テレビ向けのテレビ局、不動産事業などを傘下に抱える業界最大手の複合企業である。詳しくみる ⇒参照元: 吉本興業ホールディングス

吉本せいの運命の出逢い

吉本せいの運命の出逢いhttps://scdn.line-apps.com吉本せいの人生に影響を与えた人物は誰ですか?

北村藤吉

吉本せいは、夫・吉本吉兵衛と共に、笑いの殿堂・吉本興業の創業者です。吉本せいは、薬祭りの日に初めて寄席を見に行った際、男たちに追われていた北村藤吉と出会い、その藤吉から笑いについて語られました。藤吉とせいは運命の出逢いでした。この出会いにより、吉本せいの人生に大きな影響を与えました。詳しくみる ⇒参照元: わろてんかのモデル・吉本せいの生涯や人柄を解説!吉本興業の歴...

北村笑店の戦時中の運命

北村笑店の戦時中の運命https://i.pinimg.com戦時中に、てんは北村笑店をどのようにしたか?

解散した。

やがて、赤紙はてんの息子にも届き、てんは家族とともに疎開した。解散した北村笑店には、戦後、アメリカへ渡っていたメンバーが戻り、大阪の街を笑いで明るくさせた。詳しくみる ⇒参照元: わろてんかのキャスト・相関図を一覧で紹介!吉本創業者役で葵わ...

わろてんか最終回のサプライズゲスト

わろてんか最終回のサプライズゲストhttps://image.news.livedoor.comわろてんかの最終回のゲストサプライズ出演者は?

三味線演奏家・杵屋巳太郎

「わろてんか」は、吉本興業の創業者である吉本せいさんをモデルとしたドラマで、北村てんを葵わかなが演じました。ドラマの最終回では、三味線演奏家・杵屋巳太郎がサプライズゲスト出演しました。杵屋巳太郎は、吉本興業の創業者である吉本せいの実の兄で、劇中では、吉本せい役の葵わかなの兄役として出演しました。杵屋巳太郎は、三味線演奏家として活躍しており、映画やドラマにも出演しています。詳しくみる ⇒参照元: わろてんかのモデル・吉本せいの生涯や人柄を解説!吉本興業の歴...

北村藤吉モデル人物

北村藤吉モデル人物https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com松坂桃李が演じた北村藤吉のモデルとなった人物の名前は?

吉本泰三

藤岡てんは、周囲から「げら」とあだ名されるほど、笑うことが大好きな少女で、結婚後は縁の下の力持ちとして藤吉や北村笑店を支え続けました。藤岡てんのモデルは、吉本興業初代社長・吉本せいです。葵わかなさんは、神奈川県出身の女優で、小学校5年生の時に、オーディション提出書類用の写真を撮影に原宿へ訪れた際、芸能事務所からスカウトを受け、芸能界入りします。ドラマや舞台で活躍する一方で、アート引っ越しセンター(2015年~)を始めとする多くのCM出演し、「新・CMの女王」として注目されています。2019年から上演される「ロミオ&ジュリエット」でミュージカル初挑戦・主演を務めます。北村藤吉/松坂桃李松坂桃李さんが演じた北村藤吉(本名:北村藤吉郎)は、吉本せいの夫・吉本泰三をモデルに描かれた人物です。芸妓にうつつをぬかす父を探しに、母・啄子に連れられた途中、寄席小屋にてみた落語をきっかけに、旅芸人一座「福楽座」に紛れ込み、芸人を目指します。しかし、藤吉本人に芸人としての素質はみられなかったものの、人を見抜く才に恵まれ、寄席小屋を後に大手寄席チェーンまで発展させます。北村藤吉役を演じた松坂桃李さんは、神奈川県出身の俳優・モデルで、2008年「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞、「FINEBOYS」の専属モデルとして芸能活動を開始します。NHKの朝ドラには、2012年上半期に放送された「梅ちゃん先生」にてヒロインの幼馴染・安岡信郎役で出演しました。伊能栞/髙橋一生髙橋一生さん演じる伊能栞は、「わろてんか」序盤ではてん(葵わかな)の縁談相手として初登場し、後に北村笑店の外部役員として経営に携わりつつ、リリコが所属する活動写真会社の設立に加え、不動産や百貨店事業も行なう伊能商会へと会社を発展させました。相関図一覧の写真のように、ドラマでは唯一の洋装姿で、会話は標準語を用いる登場人物です。伊能栞を演じた高橋一生さんは、東京都出身の俳優で、1995年のジブリ映画「耳をすませば」にて、主要キャラクター・天沢聖司の声を担当しました。詳しくみる ⇒参照元: わろてんかのキャスト・相関図を一覧で紹介!吉本創業者役で葵わ...

この記事では、吉本興業における派閥間の相関図と芸人の序列、吉本せいの結婚のきっかけ、正之助の後継者、花月という名称に込められた意味などについて紹介しました