Academic Box Logo

仲村トオルの栄光の軌跡: ビーバップハイスクールから現在の活躍まで

仲村トオルの栄光の軌跡: ビーバップハイスクールから現在の活躍まで

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、仲村トオルさんの栄光の軌跡についてご紹介したいと思います。

アクションの準備

アクションの準備 https://img.cinematoday.jp アクション映画に備えた訓練内容は?

殴り方、蹴り方、受け身。

仲村トオルさんは1985年に『ビー・バップ・ハイスクール』でデビューした。映画は大ヒットしシリーズ化された。その後、多くのヒット作に出演した。1994年には『刺青 BLUE TIGER』で主演を務めた。この映画は日米合作で、仲村さんは松田優作さんの背中を追うように主演した。アクション映画に出演するにあたって、1か月間、千葉から府中にある高瀬道場に稽古に通い、殴り方、蹴り方、受け身などの訓練をした。 詳しくみる ⇒ 参照元: テレ朝post » 仲村トオル、伝説の不良映画で鮮烈デビュー...

幼少期の意外な一面

幼少期の意外な一面 https://grapee.jp 仲村トオルさんの幼少期に意外なエピソードがあります

幼少期にいじめっ子だった

仲村トオルさんは、幼少期にコミュニケーションをとるのが苦手で、毎日ケンカをして負けて泣いていたそうです。また、自分より弱そうな同級生をいじめて、ランドセルの中身を川に捨てたりするいじめっ子だったようです。 詳しくみる ⇒ 参照元: 仲村トオルの若い頃総まとめ!かっこいいビーバップハイスクール...

仲村トオルのデビュー作

仲村トオルのデビュー作 https://img.cinematoday.jp デビュー作となった映画は?

ビーバップハイスクール

仲村トオルのデビュー作は1985年公開の映画「ビーバップハイスクール」で、不良高校生2人組が主人公の映画です。仲村トオルは主人公の1人、中間徹役を演じました。この映画は、電車の中で不良がケンカをするシーンがありますが、川に架かる橋の上を走行中の電車から人を川に蹴り落とすといった前代未聞のアクションシーンがありました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 仲村トオルの若い頃総まとめ!かっこいいビーバップハイスクール...

仲村トオルの歌手活動

仲村トオルの歌手活動 https://image.pia.jp 若手の頃、仲村トオルは、他の仕事でも活躍していました

歌手でした。

仲村トオルは、俳優としてだけでなく、歌手としても活躍していました。1986年の映画「ビーバップハイスクール高校与太郎哀歌」の挿入歌「ビーバップパラダイス」を歌うビーバップ少年少女合唱団のメンバーとしてレコードデビュー。その後、1987年に上映された「新宿純愛物語」で共演した一条寺美奈さんとデュエット曲、その後ソロで「ビーバップハイスクール高校与太郎狂騒曲」の主題歌「It’s All Right」という曲をリリースしました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 仲村トオルの若い頃総まとめ!かっこいいビーバップハイスクール...

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓