Academic Box Logo

老化細胞除去ワクチンの治験開始!アルツハイマー病や加齢関連疾患への治療応用の可能性

老化細胞除去ワクチンの治験開始!アルツハイマー病や加齢関連疾患への治療応用の可能性

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は老化細胞除去ワクチンの治験開始について、ご紹介します。このワクチンは、アルツハイマー病や加齢関連疾患への治療応用が期待されています。

老化細胞除去ワクチンで加齢関連疾患の改善が期待

老化細胞除去ワクチンで加齢関連疾患の改善が期待https://juntendo.ac.jp老化細胞除去ワクチンによってどんな病気が改善される可能性がある?

アルツハイマー病など

研究グループは老化細胞に特異的に発現する抗原を同定し、その抗原を標的とした老化細胞除去ワクチンを作成。老化細胞を除去することで、肥満に伴う糖代謝異常、動脈硬化、加齢に伴うフレイル、早老症マウスの寿命延長が確認された。この成果は、アルツハイマー病を含めた様々な加齢関連疾患の治療への応用の可能性を示唆している。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンの開発に成功―アルツハイマー病などの加齢...

老化細胞除去ワクチン、加齢関連疾患治療へ

老化細胞除去ワクチン、加齢関連疾患治療へhttps://tmghig.jp生活習慣病やアルツハイマー病など、加齢にともなう疾患の発症・進展の仕組みとは?

老化細胞の蓄積

加齢や肥満による代謝ストレスが、生活習慣病やアルツハイマー病などといった加齢関連疾患の発症・進展を引き起こすことが知られている。これまで20年以上にわたって加齢関連疾患の発症メカニズムについて研究を進めてきた順天堂大学と日本医療研究開発機構の研究チームは、老化細胞の蓄積がその仕組みであることを突き止めた。老化細胞とは、細胞分裂ができなくなり、様々な有害物質を分泌する細胞のこと。研究チームは、老化細胞を除去することで、加齢関連疾患の発症・進展を抑制できることを動物実験で実証した。この研究成果は、加齢関連疾患の新しい治療法の開発につながることが期待されている。詳しくみる ⇒参照元: 順天堂大、老化細胞を除去できるワクチンを開発

老化細胞除去ワクチンの開発

老化細胞除去ワクチンの開発https://natucli.com老化細胞を除去する方法として、どのような手法がある?

セノリシス

セノリシスは、老化細胞を選択的に除去する手法であり、これまでにも数々の老化細胞除去薬が開発されてきた。しかし、目的の老化細胞のみを除去する薬剤の開発には課題があり、除去すべきでない細胞までも除去することによる副作用の懸念があった。そこで、薬剤ではなく、ワクチンによって、セノリシスを実現しようという考えに至った。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンを開発し加齢関連疾患の治療に役立てる

老化細胞除去ワクチンの期待と課題

老化細胞除去ワクチンの期待と課題https://natucli.com老化細胞除去ワクチンは、どのような疾患の解決策になると考えられていますか?

加齢関連疾患、アルツハイマー型認知症

老化細胞除去ワクチンは、老化現象に対する新しいアプローチであり、加齢関連疾患やアルツハイマー型認知症などの治療に期待されています。ワクチンや薬剤を一般的な保険診療で用いるためには、治験で有効性を示し、PMDAに申請し、承認される必要があります。老化細胞における研究は広がっており、今後さらにグローバルな規模で投資が進むことが期待されています。詳しくみる ⇒参照元: 南野徹先生が見据える、老化細胞除去ワクチンがもたらす未来とは...

老化細胞と加齢関連疾患の関係

老化細胞と加齢関連疾患の関係https://tmghig.jp老化細胞の蓄積は、どのような疾患に関与していると考えられているか?

加齢関連疾患

老化細胞は、加齢やストレスによって体内の組織に蓄積し、それによって惹起される慢性炎症が加齢関連疾患の発症・進展に関わっていると考えられている。加齢関連疾患とは、糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病、アルツハイマー病、慢性腎臓病などを指す。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンを開発し加齢関連疾患の治療に役立てる

老化細胞除去ワクチンで加齢関連疾患の新規治療法に期待

老化細胞除去ワクチンで加齢関連疾患の新規治療法に期待https://cdn-project.nikkeibp.co.jpこの新しいワクチンで期待されることは?

加齢関連疾患の新規治療法の開発

GPNMBという老化細胞のマーカーとなる老化抗原3を標的とした老化細胞除去ワクチンが開発されました。このワクチンは、GPNMBたんぱく質の配列の一部であるペプチドを投与することで、老化抗原GPNMBに結合し免疫応答により老化細胞を除去することができる抗体を体内で作ることができます。このワクチンが実用化されれば、加齢関連疾患の新規治療の開発につながる可能性が高く、糖尿病やアルツハイマー病の治療にも役立つと考えられています。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンを開発し加齢関連疾患の治療に役立てる

老化細胞除去ワクチン

老化細胞除去ワクチンhttps://juntendo.ac.jp加齢関連疾患の新しい治療方法となる可能性があるのは?

老化細胞除去ワクチン

老化細胞除去ワクチンは、老化細胞を標的としたワクチンで、加齢関連疾患に対する新しい治療法として期待されている。老化細胞は、様々なストレスによって染色体に傷が入ることで不可逆的に細胞分裂を停止した状態になった細胞で、細胞老化はがん発症抑制機構の一つである。老化細胞によって分泌される炎症性サイトカインによって惹起される非感染性炎症が慢性炎症である。老化細胞に特異的に発現が見られる膜表面に存在する分子を老化抗原と呼ぶ。加齢とともに身体機能が低下している状態がフレイルである。老化細胞を選択的に除去することをセノリシスと呼ぶ。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンの開発に成功―アルツハイマー病などの加齢...

老化細胞除去ワクチンで加齢関連疾患の改善に期待

老化細胞除去ワクチンで加齢関連疾患の改善に期待https://juntendo.ac.jp老化細胞除去ワクチンで、肥満に伴う糖代謝異常や動脈硬化、加齢に伴うフレイルがどのように改善されたか?

老化細胞が除去されたことで改善された。

老化細胞除去ワクチンは、加齢や肥満に伴って組織に蓄積される老化細胞を、選択的に除去することで様々な加齢関連疾患の改善に効果を発揮することが期待されている。これまでの研究では、このワクチンを用いてマウスの老化細胞を除去したところ、肥満に伴う糖代謝異常や動脈硬化、加齢に伴うフレイルが改善することが確認されている。さらに、早老症マウスの寿命を延長することもできた。これらの結果は、老化細胞除去ワクチンが、アルツハイマー病を含めた様々な加齢関連疾患の治療への応用の可能性を示唆している。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンの開発に成功

老化細胞特異的抗原GPNMB

老化細胞特異的抗原GPNMBhttps://amclinic.tokyo老化細胞を選択的に除去する治療法開発を目指した研究では、老化細胞に特異的に発現する老化抗原としてGPNMBを同定した

老化抗原GPNMB

研究グループは老化細胞に選択的に作用し、副作用の少ない治療法の開発を目指して研究を行った。まず、老化細胞に特異的に発現している老化抗原を同定するために、老化したヒト血管内皮細胞の遺伝子情報を網羅的に解析した。その結果、GPNMBという老化抗原が老化細胞に特異的に発現していることがわかった。GPNMBはヒト老化血管内皮細胞において著明に増加するだけでなく、動脈硬化モデルマウスや高齢マウスの血管や内臓脂肪組織においてもその発現の増加が認められた。また、動脈硬化疾患のある高齢患者の血管においてもその発現が増加していることがわかった。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンの開発に成功

老化抗原の攻撃と老化細胞の種類

老化抗原の攻撃と老化細胞の種類https://i.pinimg.com老化抗原への攻撃は、全ての老化細胞に有用か?

部位によって異なる老化抗原を持つ老化細胞が存在する。

老化抗原への攻撃は、全ての老化細胞に有用ではない。老化細胞には、さまざまな種類があり、食事や喫煙などの生活習慣やストレスの状態によって、人体のどこに、どのような種類の老化細胞が蓄積するかは異なる。また、研究を進める中で同定したマーカーであるGPNMBは、血管内の細胞に特徴的なものであり、臓器ごとに異なる老化抗原を持つ老化細胞が存在することもわかってきた。臓器ごとに異なる老化細胞の、それぞれの特徴を研究し尽くすには骨が折れるが、同研究を行う研究者によるデータ共有プラットフォームを活用しながら、さまざまなパターンを解明していこうとしている。詳しくみる ⇒参照元: 南野徹先生が見据える、老化細胞除去ワクチンがもたらす未来とは...

老化抗原標的ワクチンによる肥満・動脈硬化の改善

老化抗原標的ワクチンによる肥満・動脈硬化の改善https://juntendo.ac.jp老化抗原を特異的に標的としたワクチンにより、マウスにおける肥満や動脈硬化は改善されるか?

改善される

GPNMB陽性の老化細胞を薬剤によって選択的に除去できる遺伝子改変モデルマウスを作成したところ、肥満に伴う糖代謝異常や動脈硬化の改善が認められた。また、肥満食を与えた状態のマウスにワクチンを接種したところ、肥満に伴って内臓脂肪に蓄積した老化細胞が除去され、糖代謝異常の改善が得られた。さらに、動脈硬化モデルマウスでは、動脈硬化巣において老化細胞の蓄積が見られましたが、老化細胞除去ワクチンによって老化細胞は除去され、慢性炎症の改善とともに動脈硬化巣を縮小させた。詳しくみる ⇒参照元: 老化細胞除去ワクチンの開発に成功―アルツハイマー病などの加齢...

老化細胞除去ワクチンは万能ではない

老化細胞除去ワクチンは万能ではないhttps://shirokane-cancer.jp老化細胞除去ワクチンは全ての老化細胞に対応できると言えますか?

いいえ

老化細胞除去ワクチンは、老化細胞の増加を抑制し、その働きを弱め、加齢に伴う機能低下や疾病を予防することが期待されるワクチンです。しかし、老化細胞は多種多様であり、現在のワクチンでは全ての老化細胞に対応することはできません。そのため、今後は、各々の患者や疾患によって蓄積している老化細胞の異なる老化抗原を標的とすることで、個別化抗老化医療の実現が可能になることが期待されています。詳しくみる ⇒参照元: 順天堂大、老化細胞を除去できるワクチンを開発

今後、臨床試験の結果が待たれます老化細胞除去ワクチンが有効であることが証明されれば、アルツハイマー病やその他の加齢関連疾患の治療法として期待できます