Academic Box Logo

出雲大社に天皇が入れない本当の理由とは?

出雲大社に天皇が入れない本当の理由とは?

ライターのYUKOです。出雲大社の祭神と天皇について調べてみました。

古代国家の覇権争いの敗者の末路

古代国家の覇権争いの敗者の末路https://atarashiikotoba.com古代の国家どうしの覇権争いで敗北した勢力はどうなった?

天に届く御殿に幽閉された。

出雲王朝と大和朝廷の戦いは古代の国家どうしの覇権争いだった。出雲王朝は敗北し、その勢力である大国主命は天に届く御殿に幽閉され、出雲大社となった。この戦いは、日本の歴史上重要な出来事であり、古事記にも記載されている。出雲大社は、日本の木造建築物のなかではケタ違いのサイズを誇っていたことがわかっている。詳しくみる ⇒参照元: 出雲神話が語る大国主命が天皇になれなかった理由とは?

伊勢と出雲の秘密

伊勢と出雲の秘密https://photo.yat-net.com日本人ならぜひ知っておきたい、伊勢と出雲の秘密とは?

ルーツを知る

日本人のルーツの根源となる二大神社「伊勢神宮」と「出雲大社」には、運命が変わるくらいの神社参拝の秘伝がある。神話を学ばなくなった民族は、例外なく滅びてゆく。いまの日本人は、大人でも、この国の神話や歴史をほとんど知りません。詳しくみる ⇒参照元: 日本人のルーツが隠された二大神社「伊勢神宮」と「出雲大社」の...

平和の裏側

平和の裏側https://naotabi.com平和に解決したと『古事記』に描かれる出雲と大和の対立の真実は?

戦争があった

出雲と大和の対立は、平和的に解決したと『古事記』に描かれているが、実際は戦争があった。それは、あまりに悲しい戦いだった。日本人同士で傷つけあい、多くの血と涙が流れた。負けた出雲族は、この国の平和を願い、涙ながらに自国を譲った。ヤマト族は、そのふるまいの偉大さに敬意をはらい、土地と引き換えに、天にも届くほどの社を建てた。それが、現在の「出雲大社」の起源とされている。詳しくみる ⇒参照元: 日本人のルーツが隠された二大神社「伊勢神宮」と「出雲大社」の...

縁結びの神様がいる出雲大社

縁結びの神様がいる出雲大社https://img-garage.com毎年、全国の神々はどこの神社に集まるのか?

出雲大社

出雲大社は縁結びのご利益があるとされ、毎年、全国の神々が旧暦十月に集まる。出雲ではこの月を「神在月(かみありづき)」という。縁結びなどを決めることを「神謀り(かむはかり)」という。詳しくみる ⇒参照元: 伊勢神宮と出雲大社 参拝前に知っておきたい5つの事と違い~ご...

出雲大社の御遷宮の由来

出雲大社の御遷宮の由来https://izumooyashiro.or.jp出雲大社の御遷宮の由来とは?

国づくりの神が住まう神殿の御造営

出雲大社の御遷宮は、国づくりの神である大国主大神様の住まう神殿の御造営に由来します。古くから、御社殿の高さは32丈(約96メートル)もあったと伝えられ、その壮大な様は『古事記』や『日本書紀』にも記されています。また、『出雲国風土記』には、地名起源の由来として、御神殿の御造営が語られています。詳しくみる ⇒参照元: 御遷宮の歴史

伊勢神宮と出雲大社の遷宮の違い

伊勢神宮と出雲大社の遷宮の違いhttps://kotokurabe.com伊勢神宮と出雲大社では遷宮の形式はどのように異なるのか?

伊勢神宮は建て替える、出雲大社は修理する

伊勢神宮は20年ごとに正宮と別宮を新しく建て替える遷宮を行う。建てる場所は、東と西に交互に新しくし、前の場所は古殿池と呼ばれ、その後は新御敷地と呼ばれる。伊勢神宮の建築様式は唯一神明造と呼ばれ、ヒノキの素木を使用した切り妻造りの平入りで、掘立柱に屋根は茅葺である。出雲大社は、建てる場所を移動する遷宮は行われておらず、屋根などを葺きかえる修理による遷宮が行われる。その期間は不規則であり、現在の御本殿や摂社・末社は、延享元年(1744)の遷宮の時に造営されたものである。出雲大社の建築様式は大社造と呼ばれ、幅が奥行きに比べて大きい神明造と比べると、ほぼ正方形になっている。詳しくみる ⇒参照元: 伊勢神宮と出雲大社 参拝前に知っておきたい5つの事と違い~ご...

大国主命と天皇の血統と民意

大国主命と天皇の血統と民意https://rekan.jp大国主命が天皇にならなかったのはなぜか?

血統と民意の違い

大国主命は、出雲神話で重要な神であり、縁結びや医療、農業の神として知られています。また、天照大神の子孫である天皇家と親類であり、「同格」の存在とされています。しかし、大国主命は天皇になれませんでした。その理由は、血統と民意の違いにあると考えられています。大国主命は、須佐之男の子孫であり、天皇家は天照大神の子孫です。また、大国主命は出雲地方の神であり、天皇家は東国の神です。これらの違いが、大国主命が天皇になれなかった理由であると考えられます。詳しくみる ⇒参照元: 出雲神話が語る大国主命が天皇になれなかった理由とは?

出雲大社の鳥居に秘められたミステリー

出雲大社の鳥居に秘められたミステリーhttps://omajinai-navi.jpオオクニヌシノミコトはなぜ出雲の国以外の占領地をアマテラスオオミカミに献上したのか?

プレッシャー

国を譲れ!と迫り来るアマテラスオオミカミのプレッシャーに耐えきれず、出雲の国以外の占領地を献上。アマテラスオオミカミは、出雲の国中の人間ごと根絶やしにしようとするが、大和の軍勢が出雲を攻め立て、出雲の国を手中に治める。生き残った出雲の人々の怨念を恐れた大和朝廷は、オオクニヌシノミコトを祀る神殿を建立し、四重にも鳥居を張り巡らして怨念を封印する。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社鳥居の特徴を解説!なぜ四つあるの?歴史ミステリーに迫...

出雲大社の宮司

出雲大社の宮司https://photo.yat-net.com出雲大社の宮司の職に就くことができる人は誰か?

出雲国造のみ

大国主神は「国譲り」に応じる代わりに、自らは死後の世界である「幽世(かくりよ)」を治め、かつ自らの住まいを建立して欲しい旨を伝えました。天照大神は、大国主大神の住居を「天日隅宮(あめのひすみのみや)」と命名し、高天原の自分の住居と同じように、柱は高く太い木を用い、板は厚く広くして築くこと、そして自分の第二子の天穂日命(アメノホヒノミコト)を仕えさせ、末長く守らせると約束されました。こうして大国主大神は目に見えない世界を委ねられ、天照大御神の御命令によって高天原の諸神がお集まりになり、大国主大神のために宇迦山(うがやま)の麓に壮大なる「天日隅宮」が造営されました。この天日隅宮(あめのひすみのみや)が今の出雲大社の起源となっています。現在の本殿は、高さ24メートルと神社では異例の高さですが、古代は48メートルだったと伝えらえています。これは、技術的に不可能とされてきましたが、00年に境内から巨大な柱跡が見つかり、本当に48メートルの高さであった可能性がでてきています。また、出雲大社の宮司の職には、記紀の言い伝えに基づいて、天穂日命(アメノホヒノミコト)の子孫とされる出雲国造(いずものくにのみやつこ)のみが就いています。現在は第84代出雲国造 千家尊祐(せんげたかまさ)宮司がその伝統を受け継がれています。ですから、たとえ天皇であっても、出雲大社の本殿内に入り、祭祀を行うことができないしきたりになっています。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社:大国主大神を祭る!起源は天日隅宮

出雲大社主祭神鎮座位置

出雲大社主祭神鎮座位置https://cdn-ak.f.st-hatena.com出雲大社で主祭神が祀られている場所と方位は?

御客座五神の奥、右側の奥

出雲大社は、神の国、神話の国として知られる出雲の国の中心にある神社です。主祭神は大国主命(オオクニヌシノミコト)で、御本殿は日本最古の神社建築様式である「大社造」で、高さは24メートルにも及びます。御本殿内には、主祭神の大国主命(オオクニヌシノミコト)以外に、客神(まろうどがみ/きゃくじん)として、「御客座五神」が祀られています。「御客座五神」とは、「神社の主祭神に対して、他の地域から来訪し、その土地で信仰されるようになった神」と定義される神々で、記紀神話の「天地開闢(創造)」に出てくる「別天津神」(ことあまつかみ)のことです。御本殿の正面には、「御客座五神」が鎮座しており、主祭神の大国主大神は、その奥の「御客座五神」の少し前の(正面に向かって)右側の奥に鎮座しています。御本殿は南向きであるのに対して、大国主大神の御神座は西向きになります。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社:大国主大神を祭る!起源は天日隅宮

出雲大社の4つの鳥居

出雲大社の4つの鳥居https://i1.wp.com出雲大社にある四つの鳥居の特徴は?

高さ23m、太さ6mの巨大な第一鳥居

出雲大社には、宇迦橋の大鳥居、勢溜の大鳥居、祓の川の大鳥居、一の鳥居の4つの鳥居があります。第一鳥居は高さ23m、太さ6mで、畳6畳分をくぐる巨大な鳥居です。勢溜の大鳥居は、高さ12m、太さ4.2mで、出雲大社の神楽殿の正面に立っています。祓の川の大鳥居は、高さ9.7m、太さ3.3mで、出雲大社の祓の川にかかっています。一の鳥居は、高さ6.5m、太さ2.1mで、出雲大社の境内の一番奥にあります。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社鳥居の特徴を解説!なぜ四つあるの?歴史ミステリーに迫...

出雲大社の参拝作法

出雲大社の参拝作法https://netwadai.com出雲大社には、お賽銭を入れる作法はありますか?

ありません。

出雲大社には、お賽銭を投げ入れる作法はありません。お賽銭をはさむのは失礼な行為なので、逆効果です。銅の鳥居を触ると金運が良くなるという噂もありません。おみくじは凶吉占いではなく、神様からのお言葉が書かれています。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社でのタブーは?マナーなどの情報まとめ│出雲大社が大好...

日本の象徴的な神社の御本殿の大きさ

日本の象徴的な神社の御本殿の大きさhttps://discoverjapan-web.com日本の象徴的な神社の御本殿の大きさはどのくらいですか?

48メートル

御本殿は1744年に再建され、1952年に国宝に指定されました。高さが24メートルもあり、屋根の上に約8メートルの千木が交差していて、とても迫力のある建物です。瑞垣内には入れませんが、周囲をまわって歩くことは可能なので、建物の後ろから見られる姿は必見です。御本殿は南向きなのに対し、御神体は西を向いて鎮座しているとされています。御神体の正面に向かってきちんと参拝ができるように、西に位置するところに小さな遥拝場が設置されていますので、そちらで参拝しましょう。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の見どころは?縁結びのパワースポットの参拝方法などを...

うさぎのお守りの効果を高める方法

うさぎのお守りの効果を高める方法https://kitakan-navi.jp出雲大社のうさぎのお守りの効果を高めるためには、どうすればいいですか?

年に一度新しいものに変える

うさぎのお守りは、恋愛に関する縁結びの効果が期待できる。お守りは常に身に付けておき、一年に一度新しいものに変えるとより効果的。古いお守りは、出雲大社の「納め所」で感謝を込めてお返ししよう。遠方の場合は、郵送でも受け付けてくれる。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社のお守りがうさぎなのはなぜ?意味や効果、待ち受けにつ...

御神体の正体

御神体の正体https://goodharmony.jp御神体とは神道で神様が宿るとされる物体とは何か?

依り代(よりしろ)

御神体は神道で神様が宿るとされる物体であり、祈りを捧げる対象となります。有名なものには、伊勢神宮の八咫鏡、熱田神宮の天叢雲剣、あるいは山や木といった森羅万象などがあります。神の宿る山は神体山と呼ばれ、そういった神の宿った山や岩や森林の総称を神奈備(かんなび)とも呼ばれます。大相撲はもともと神へ奉納される神事であり、注連縄を巻いた横綱自身が御神体という見方もできます。御神体とは神様が宿る神聖な存在ではありますが、神様と御神体はイコールではありません。我々はお祈りをすることにより、媒体(御神体)を通して大きな存在(神様そのもの)と繋がっているのです。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の御神体とは

サメに皮を剥がれた白兎

サメに皮を剥がれた白兎https://bousai.press大国主命と白兎の物語「因幡の白兎」の中で、白兎が泣いていた理由は何でしょうか

サメに皮を剥かれたから

「因幡の白兎」は、出雲大社にうさぎのお守りが存在する理由となった物語です。大国主命が八上姫に会うため因幡の国に向かう道中、サメに皮を剥がされ痛みで泣いている白兎に出会います。大国主命は白兎を助けてあげ、白兎は後に大国主命を助けることになります。この物語から、うさぎは出雲大社的神使となったと考えられています。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社のお守りがうさぎなのはなぜ?意味や効果、待ち受けにつ...

出雲國造とは何か?

出雲國造とは何か?https://oreno-travel.com「出雲國造」とは?

出雲の国を治める官職。

出雲國造とは、出雲の国を治める官職で、天皇の幕内にあたる朝廷によって執り決められ、出雲大社の祭典なども取り仕切る。出雲國造は、国譲りの後に天照大御神が天界の神「天穂日命」に命じて大国主大神の祭祀にあたらせたことが由来となっている。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社 宮司「千家」家系図と天皇家(高円宮典子さま)結婚に...

出雲国造誕生の謎

出雲国造誕生の謎https://xn--u9j228h2jmngbv0k.com出雲国造の誕生時期はいつ頃?

不明

出雲国造の誕生時期については諸説あり、一概に定まったものはない。千家氏は出雲大社における発言力を強め、神事のほとんどを執り行うようになった。現在、出雲國造の官職に就いているのは千家氏で、現在の千家氏の長は千家国麿氏である。千家国麿氏は天皇家の高円宮典子さまとのご結婚で話題になった。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社 宮司「千家」家系図と天皇家(高円宮典子さま)結婚に...

神社の御神体の向き

神社の御神体の向きhttps://stat.ameba.jp神社の御神体の向きはどうなっている?

入口の方を真っ直ぐ向いている。

神社の御神体は、入口の方を真っ直ぐに向いている。これは、神様が参拝者を見ているという意味がある。神社の建築様式である大社造は、入口が屋根が妻になった側に付いているため「妻入り」と呼ばれる。住居から発展した建築様式であり、屋根を伝い落ちてくる雨水が、建物に出入りする人にかからないようにするため妻入りが採用されたと考えられている。住居である事から寝床が見えないように、入口との間に間仕切り壁がある。神社の場合、寝床の位置に御神体が置かれる。建物の構造上、神様は入口に対して横を向く。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の最大の謎!なぜ大国主命は西を向いているのか!?

出雲大社の正式名称

出雲大社の正式名称https://zatsuneta.com出雲大社の正式名称は何ですか?

出雲大社

出雲大社は島根県出雲市にある神社で、正式名称は「出雲大社」です。御本殿は日本最古の神社建築様式である「大社造」で、その高さは24メートルにも及びます。御本殿内には、主祭神の大国主命(オオクニヌシノミコト)以外に、客神として「御客座五神」が祀られています。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社:大国主大神を祭る!起源は天日隅宮

大国主命と幽世(かくりよ)

大国主命と幽世(かくりよ)https://cdn.4travel.jp大国主命は幽世(かくりよ)を治める神であるという信仰が生まれた理由は何ですか?

「幽世(かくりよ)(あの世)」を治めると述べたから

出雲大社の大国主神は縁結びの神・福の神として知られ、明治時代に始まった神前結婚式も出雲大社で最初に行われた。大国主命は天照大神に「国譲り」をした際、「――これからは、私は隠退して幽(かく)れたる神事を治めましょう」と述べたと紹介されている。そこから、大国主命は「幽世(かくりよ)(あの世)」を治める神なので、目には見えない縁を結ぶ神であるという信仰が生まれたと言われている。また、縁結びというと、今では「男女の縁結び」が強調されがちだが、男女の縁だけでなく、人の縁にかかわる様々な縁を含み、「――神事を治める」ということは、その「幽れたる神事」について、神無月(旧暦10月)に、全国から神々をお迎えして、人の縁にかかわる万事諸事、収穫、酒造りなどについて、神議り(会議)をなさるとの伝承も生まれた。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社:大国主大神を祭る!起源は天日隅宮

出雲大社の変化と伝統

出雲大社の変化と伝統https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com出雲大社のお祀りは何故変わってきたのでしょうか?

ブームと篤い信仰

出雲大社の御本殿の周りに巡らされた二重の垣根の意味はわからない。お祀りの仕方は創建以来いろいろと変わってきた。1番大きな変化は大国主命を祀っていないことさえあった。観光のネタづくりのために伝統を変えることには慎重になった方がいいと感じている。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の最大の謎!なぜ大国主命は西を向いているのか!?

出雲大社の御神体

出雲大社の御神体https://cdn.4travel.jp出雲大社の御神体は何か?

八尺瓊勾玉

出雲大社は、島根県出雲市にある神社で、日本最古の歴史を持つ神社の一つとされている。その御神体は八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)である。八尺瓊勾玉は、三種の神器の一つであり、天照大神(あまてらすおおみかみ)が瓊瓊杵尊(ににぎの尊)に授けたとされる勾玉である。勾玉は、古代日本において神聖な霊力が宿るものと考えられていた。出雲大社には、八尺瓊勾玉のレプリカが祀られている。八尺瓊勾玉は、縁結びの神様として知られている。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の御神体とは

出雲大社を祀る家

出雲大社を祀る家https://rekishi-hack.com出雲大社で祭祀を担っているのは誰か?

出雲国造家

出雲大社は、神在月(神無月)に全国から八百万の神々が集まり神議が行われる神聖な場所である。祭祀は、創建以来天照大御神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が担ってきたとされる。出雲国造家は、南北朝時代の康永年間に千家家と北島家の2家に分裂し、明治以降は千家家が執り行っている。千家家は、1872年(明治5年)に出雲大社崇敬講社を結成し、1882年(明治15年)には出雲大社教院を設立して教派神道の一つとなった。第二次世界大戦後、神社が国の管理を離れたことから再び出雲大社と密着する形に至った。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社

出雲大社の本当の理由

出雲大社の本当の理由https://kankou-shimane.com出雲大社が作られた本当の理由は?

天皇世襲制確立のため。

出雲大社はヤマト政権によって「天孫降臨」神話を根拠に作られたものであり、天皇世襲制を確立するために不可欠な要素であった。出雲大社は、出雲王権が築いたものではなく、ヤマト政権が作ったものである可能性が高い。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社が作られた本当の理由/よくわかる出雲の歴史

怨霊の直線移動

怨霊の直線移動https://cdn-ak.f.st-hatena.com神社に封印された怨霊が直線にしか移動できない理由は?

怨霊の動きを制限するため

東北や沖縄では怨霊や魔物は直線にしか移動できないという言い伝えが根強く残っています。出雲大社は、大国主命の怨霊を御霊として神社に封じ込めたものとされており、参道から外の世界に出てこれないように造られています。北野天満宮も同様に、菅原道真の怨霊を封じ込めるため、参道は左に直角に折れ曲がり、その先に本殿があります。怨霊を封印した神社は、鳥居と参道の直線状に本殿や神座がないことで見分けることができます。怨霊の動きを制限することで、人々への祟りを防いでいるのです。詳しくみる ⇒参照元: 【本当は怖い】出雲大社に怨霊が封印されている3つの理由【大国...

出雲のぜんざいとは?

出雲のぜんざいとは?https://pakutaso.com出雲のぜんざいの別名は?

神在餅

出雲のぜんざいは、もともとは神在餅(じんざいもち)という名前だったのですが、出雲弁なまりによって「ずんざい」となり、「ぜんざい」となりました。また、出雲は、古事記や日本書紀には載っていない神様がたくさんおり、素人にはオススメできない危険なスポットもあります。日御碕神社は日本の夜を守る役目を持っており、朱塗りの社殿はインスタ映え間違いなしです。韓竃神社は秘境と呼ぶべき場所に鎮座する神社で、公共交通機関では行くことができません。詳しくみる ⇒参照元: 【出雲大社】初めての参拝に役立つガイドブック!出雲大社の歩き...

出雲大社の起源と歴史

出雲大社の起源と歴史https://rekan.jp日本最古の歴史書に記載された、出雲大社の始まりは?

大国主大神の国譲り

出雲大社の始まりは、日本最古の歴史書である「古事記」や「日本書紀」によると、大国主大神の国譲りの際に作られた壮大な宮殿に由来すると言われています。大国主大神は別名も多く、古来から朝廷や武家など多くの人々から崇敬を集めてきました。出雲大社の境内は、江戸時代前期に計画された造営遷宮によって整備され、現在の本殿などはその次の造営遷宮で建て替えられたものです。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社のご紹介

千家国麿さんと典子さまの離婚の経緯と報道

千家国麿さんと典子さまの離婚の経緯と報道https://se.fc-review.com千家国麿さんと典子さまはなぜ離婚することになったの?

離婚の理由は明らかにされていない。

千家国麿さんと典子さまは2014年に結婚したが、2016年春頃に別居。千家国麿さんはうつ病を患い、寛解後は離婚に向けた協議を進めているとの報道がある。離婚が決定した場合、2021年秋以降に発表される見通し。詳しくみる ⇒参照元: 千家国麿の現在!典子さまとの別居理由や子供・離婚の噂まとめ

出雲大社 神様 左側

出雲大社 神様 左側https://i1.wp.com出雲大社はなぜ他の神社とは異なり、神様が左側を向いているのでしょうか?

構造による

出雲大社は、他の神社とは異なり、神様が左側を向いている。その理由は、神社の構造によるものと考えられている。大社造りの構造自体がそうなるような造りとなっているため、神様は左側を向くように鎮座されている。これにはさまざまな説があり、神職の方々も予測や神話からその理由を推測するしかない。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の御神体とは

出雲大社参拝時のタブー

出雲大社参拝時のタブーhttps://fortune-24.com出雲大社参拝時のタブーは?

派手な服装、極端に肌を露出した服装、ジャージや短パン、サンダルなどのラフすぎる服装は避けること。

出雲大社参拝時には服装に注意が必要です。派手な服装や極端に肌を露出した服装、ジャージや短パン、サンダルなどのラフすぎる服装は避けてください。また、参拝方法・作法も一般的な作法とは異なり「二礼四拍手一礼」です。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社でのタブーは?マナーなどの情報まとめ│出雲大社が大好...

情報化社会から逃れるには神事

情報化社会から逃れるには神事https://discoverjapan-web.com出雲大社で今までも受け継がれてきたこととは、どのようなことでしょう?

神事

情報化社会では流されている自分であることを知る人もいるでしょう。そんなときは出雲大社で神事に関われることも考えられます。太古から続く、神事や社殿、神域は今までも連綿と受け継がれてきました。それは、日本書紀に記された、大国主大神による国譲り神話に関係しています。このやりとりにより、出雲で大国主大神が神事をつかさどることになったのです。目には見えないかかかれたることに頭を下げてみましょう。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の魅力とは?出雲大社入門

出雲大社の松の参道の鳥居とは?

出雲大社の松の参道の鳥居とは?https://d340eiag32bpum.cloudfront.net松の参道の鳥居の呼び名は?

勢溜の鳥居

勢溜の鳥居は出雲大社の第三の鳥居で、出雲駅伝のスタート地点にもなっている。鳥居はCOR-TEN?という耐候性鋼で建て替えられ、樹齢400年の松並木が荘厳な雰囲気を醸し出している。また、松の参道の真ん中の道は皇族など高貴な方専用の道とも、神様が通る道とも言われており、通行禁止となっている。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社鳥居の特徴を解説!なぜ四つあるの?歴史ミステリーに迫...

「こくまろ」のあだ名を持つ千家国麿

「こくまろ」のあだ名を持つ千家国麿https://sankei.com千家国麿のニックネームは何ですか?

こくまろ

千家国麿は大学時代、まろやかで人当たりの良い性格をしていたため、友人間では「こくまろ」のあだ名でお馴染みでした。講義中に居眠りをしたり、バイク好きで仲間と一緒にツーリングに出かけたりするごく普通の男子大学生でした。大学卒業後は乃木神社や石清水八幡宮の神職を歴任し、2005年3月に島根県出雲大社に赴任。社会人になって以降は、趣味がカメラやバードウォッチングと文化的な方面に変わりました。詳しくみる ⇒参照元: 千家国麿の現在!典子さまとの別居理由や子供・離婚の噂まとめ

還暦と遷宮

還暦と遷宮https://jinjajin.jp60年に一度、遷宮が行われる理由は?

還暦

遷宮は、原初に帰ることで、よみがえり永遠の若さを持続することともとらえられ、出雲大社では60年ごとに行われています。60年に一度というのは人間でいう還暦。命の貴さを考えることにもつながります。また、伊勢神宮と出雲大社がともに遷宮だったのは1953年で、敗戦後、日本はその頃から一気に成長し、繁栄を築いてきました。2013年の遷宮も日本に元気と活力を与えてくれるものと考えられます。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社の魅力とは?出雲大社入門

出雲大社の歴史

出雲大社の歴史https://cdn.zekkei-japan.jp出雲大社の歴史を簡潔にまとめると?

約1200年前に創建された神社。

出雲大社は、島根県出雲市にある神社。祭神は大国主大神。古代より杵築大社と呼ばれていたが、1871年に出雲大社と改称。明治時代に官幣大社に列格し、大正時代に勅祭社となった。境内には、国宝の本殿や拝殿をはじめ、多くの建造物がある。出雲大社は、縁結びや福の神として信仰を集めている。詳しくみる ⇒参照元: 出雲大社

古代出雲の王朝とは?

古代出雲の王朝とは?https://obayashi.co.jp日本神話に登場する「出雲の王朝」とはどのような存在ですか

天皇家から日本の支配権を譲られた勢力。

出雲の王朝とは、古代の出雲地域(現在の島根県東部・鳥取県西部)を中心に存在した可能性のある勢力のことです。日本神話(『古事記』『日本書紀』など)において、天皇家に日本の支配権を譲った勢力として登場します。しかし、神話記述の多くは架空の物語であり、本当の王朝の成立過程ではありません。近年では文献研究や発掘調査例の増加から、古代出雲王朝の具体的な姿が浮かび上がってきています。詳しくみる ⇒参照元: 【出雲の王朝とは】日本神話・古代史・考古学からわかりやすく解...

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓