Academic Box Logo

華頂宮と伏見宮家系図を大公開!子孫の現在と華頂博信氏や華頂尚隆氏の息子についても調査しました。

華頂宮と伏見宮家系図を大公開!子孫の現在と華頂博信氏や華頂尚隆氏の息子についても調査しました。

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は華頂宮と伏見宮家系図についてご紹介します。

伏見宮の公現法親王は「東武皇帝」?

伏見宮の公現法親王は「東武皇帝」?https://livedoor.blogimg.jp輪王寺宮公現法親王が明治時代初期に、東北で「東武皇帝」と称していたとは、本当か

本当

輪王寺宮公現法親王は、伏見宮出身の公家で、戊辰戦争の際に奥羽越列藩同盟の盟主として「東武皇帝」として即位していたという説がある。詳しくみる ⇒参照元: 伏見宮

華頂宮家を継承した博忠王の父

華頂宮家を継承した博忠王の父https://livedoor.blogimg.jp華頂宮家を継承した博忠王の父は?

博恭王

華頂宮家は、伏見宮家の分家として明治維新後に創設された。初代当主は博恭王。博恭王は、伏見宮貞愛親王の第2王子。博恭王は、海軍兵学校を卒業後、海軍中尉に進んだが、大正13年に薨去した。詳しくみる ⇒参照元: 華頂宮

華頂宮家の歴史と子孫

華頂宮家の歴史と子孫https://livedoor.blogimg.jp華頂宮家の子孫は現在どうしているのでしょうか?

爵位を返上し、一般国民になりました。

華頂宮家は、明治時代初期に創設された旧宮家の一つです。初代当主は華頂宮博経親王、2代目当主は華頂宮博厚親王、3代目当主は華頂宮博恭王、4代目当主は華頂宮博忠王です。華頂宮家は、1924年に廃絶となりましたが、その子孫は現在も一般国民として生活しています。詳しくみる ⇒参照元: 華頂宮家の家系図!子孫の現在は?華頂博信氏の息子は?華頂尚隆...

皇族の数が少ないことで危機に瀕した宮家

皇族の数が少ないことで危機に瀕した宮家https://biz-journal.jp皇族の数が少ないことから、3度にわたって断絶の危機に瀕した宮家はどこ?

華頂宮

華頂宮は、慶応4年(1868年)に伏見宮邦家親王の第12王子、博経親王によって創設された宮家です。当初は一代限りとされた4世襲親王家以外の新設宮家の世襲化を進めていくきっかけともなりました。詳しくみる ⇒参照元: 華頂宮

旧華頂宮邸の秘密

旧華頂宮邸の秘密https://tanosii-kamakura.jp伯爵から侯爵に爵位を昇進させたのは誰なのか?

博信王

旧華頂宮邸は、鎌倉市が取得して公開している。華頂侯爵家とは伏見宮博恭王の第3王子で華頂宮博忠王の弟、博信王が皇籍を離脱し創設した家柄のことである。ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」で、主人公が住む邸宅として使用されている。詳しくみる ⇒参照元: 【かながわ秘話】華頂宮、東伏見宮…旧宮家ゆかりの邸宅、神奈川...

華頂宮家最後の当主

華頂宮家最後の当主https://livedoor.blogimg.jp華頂宮家の最後の当主は誰ですか?

華頂宮博忠王

華頂宮家は、4代目当主である華頂宮博忠王の代で廃絶宮家となり、伏見宮家に帰りました。華頂宮博忠王は1902年生まれで、海軍軍人となりましたが、1924年に亡くなりました。華頂宮家は、その後、華頂侯爵家として祭祀を継承することになり、最後の華頂宮家当主である華頂宮博忠の実弟である伏見宮博信王が臣籍降下にともない、華頂侯爵家を創立しました。詳しくみる ⇒参照元: 華頂宮家の家系図!子孫の現在は?華頂博信氏の息子は?華頂尚隆...

神奈川に残る旧宮家ゆかりの邸宅

神奈川に残る旧宮家ゆかりの邸宅https://oniwa.garden神奈川県に点在する旧宮家ゆかりの邸宅は、どのような歴史を持つのか?

皇室と深い縁がある

神奈川県には、皇室と深い縁のある旧宮家ゆかりの邸宅が点在しています。葉山御用邸は、昭和天皇が海洋生物研究の拠点として度々滞在し、天皇、皇后両陛下も毎年、静養のために訪れています。鎌倉市浄明寺にある旧華頂宮邸は、華頂宮家が創設された慶応4(1868)年に建てられたものです。旧東伏見宮邸は、横須賀市野比にあり、東伏見宮家が明治時代に建てた邸宅です。これらの邸宅は、皇室の歴史を伝える貴重な建造物として、現在も大切に保存されています。詳しくみる ⇒参照元: 【かながわ秘話】華頂宮、東伏見宮…旧宮家ゆかりの邸宅、神奈川...

移築された茶室・無為庵

移築された茶室・無為庵https://1.bp.blogspot.com無為庵の由来は?

余生を送るため。

無為庵は昭和初期以前の東京・上大崎から移築された茶室であり、名前は「余生を送るため」という意味でつけられた。天井は八角形で、16本の棹縁を放射状に通しており、柱などにかりん、南天、皮付きの桜や竹といった奇木を使用している。門は薬医門で、冠木(かぶき)の両端部に獅子の彫刻があり、寺院のような立派なものである。詳しくみる ⇒参照元: 旧華頂宮邸の保存と活用

以上、この記事では華頂宮と伏見宮家系図を紹介し、子孫の現在や華頂博信氏や華頂尚隆氏の息子についても調査しました