Academic Box Logo

竹下家の大家族計画!!!?漂流家族との違いを徹底比較

竹下家の大家族計画!!!?漂流家族との違いを徹底比較

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、竹下家の大家族計画と漂流家族の違いを徹底比較していきます。

竹下家の北海道移住の理由

竹下家の北海道移住の理由 https://rock-note.com 竹下家は北海道に移住した理由は何?

経済的な理由

竹下家は、埼玉での生活に疲れ果て、経済的な理由から北海道・浜頓別の田舎移住計画に参加することを決断しました。北海道・浜頓別は、移住すれば現地で仕事を紹介し、3年以内に自宅を購入すれば、その自宅を割引してもらえるという内容でした。竹下家は、この計画を利用して北海道に移住しましたが、経済的な問題は解決されず、結局、埼玉に戻る羽目になりました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 竹下家のその後。浜頓別の自宅の現在。娘のブログと骨肉腫の噂

田舎での仕事がうまくいかずに東京へ出稼ぎ

田舎での仕事がうまくいかずに東京へ出稼ぎ https://jaic-college.jp 田舎に引っ越してきた夫婦の夫は、仕事がうまくいかずに田舎での会社を辞めると言って、妻と東京へ出稼ぎに行くと言った

頑張ってください。

夫婦で田舎に引っ越してきましたが、仕事がうまくいかずに田舎での会社を辞めると言って、妻と東京へ出稼ぎに行くと言いました。桜庭さんに「二人揃って辞めると浜頓別では仕事がない」と説得されますが、旦那だけでも東京へ出稼ぎに行くと言っています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 5分でわかる『漂流家族 竹下家』の恐ろしさ

北海道のマイホームのローン

北海道のマイホームのローン https://xknowledge.co.jp 北海道のマイホームのローンが払えなくなったのはなぜですか?

散財

竹下家は、北海道・浜頓別の自治体が行っていた街の活性化計画である田舎移住計画に参加して北海道に移住。竹下家は、父親と母親2人と、その子供たちである全員が女の子と言う6人姉妹の8人家族。生活が困窮していた竹下家は、父親と母親は町が斡旋してくれた産業廃棄物会社の正社員として働いていたが、両親のあまりにも無謀と言える散財により、マイホームを建てる貯金が貯まらず町との約束の3年が過ぎてしまう。両親は現地でお世話になっていた牧場経営の桜庭さんに保証人になってもらいマイホームを建てるが、直後に仕事を辞めてしまいローンが払えなくなり、一度は職場に頭を下げて復帰。しかし、両親は再び仕事を辞めてしまい埼玉に戻ることを余儀なくされる。埼玉に戻ったからといって状況が良くなるわけではなく、両親は定職につかずに子供の収入に頼りながらも贅沢な暮らしを続けましたが、北海道のマイホームのローンを支払っていないことが発覚し、桜庭さんが激怒して埼玉までやってくる。母親が北海道に戻ることで桜庭さんも納得しましたが、その後母親が失踪しこのドキュメンタリー番組『漂流家族 竹下家』は終了となっている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

北海道浜頓別町への移住

北海道浜頓別町への移住 https://e10map.com 竹下家が移住した北海道浜頓別の制度は何ですか?

山村留学制度

竹下家は埼玉から北海道浜頓別町へ移住しました。浜頓別町では、山村留学制度を利用して人口減少を食い止めようとしていました。この制度は、3年間の住居提供の代わりに、その3年以内に町内に自宅の建設をしなければならないという縛りがありました。竹下家は、この制度を利用して、二千万円のローンを組んでマイホームを建てました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 5分でわかる『漂流家族 竹下家』の恐ろしさ

竹下家がマイホームを建てるために保証人をお願いした理由

竹下家がマイホームを建てるために保証人をお願いした理由 https://showa-jutaku.co.jp 竹下家がマイホームを建てるために桜庭さんに保証人をお願いした理由は何ですか?

貯蓄が全くできていなかったから

竹下一家は浜頓別への移住をきっかけに、自然に囲まれた生活を送りながら、生活を立て直すことに成功しました。しかし、両親の散財癖が災いし、頭金が用意できない状態に陥ってしまいます。このままでは町を追い出されてしまうと危機感を感じた父親は、普段からお世話になっていた牧場を経営する桜庭さんに保証人になってもらうことを思い立ちます。桜庭さんは町おこしの為ならとあっさりと快諾してしまい、竹下家はマイホームを建てることができたのでした。 詳しくみる ⇒ 参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

竹下家、埼玉に戻る

竹下家、埼玉に戻る https://cdn-ak.f.st-hatena.com 竹下家はなぜ埼玉県に戻ったの?

産業廃棄物場の仕事がなくなったから

竹下家は産業廃棄物場の仕事がなくなったため、埼玉県に戻った。北海道浜頓別の産業廃棄物場は経営難で給料を増やすことも人員を増やすこともできず、竹下家は仕事を辞めざるを得なくなった。この仕事を失うということは浜頓別で仕事がないということになるので、一家は埼玉県に戻って生活することになった。竹下家は埼玉県に引っ越す前に、産業廃棄物場の仕事をやめたことを連帯保証人の桜庭さんに報告に行った。桜庭さんは人づてに仕事辞めたことは事前に聞いていたが、家族全員で埼玉県に引き上げられてしまったら、本当にローン返してもらえるのかという不安を口にした。 詳しくみる ⇒ 参照元: 5分でわかる『漂流家族 竹下家』の恐ろしさ

竹下家の次女の苦悩

竹下家の次女の苦悩 https://cdn-ak.f.st-hatena.com 竹下家の長女以外の姉妹たちは、本当に学校を中退してバイトをしているのでしょうか?

していません。

竹下家の次女は、学校を中退しておらず、正社員として働いています。世間的には、竹下家の子供たちが批判されることが多いですが、次女はそれについて悲しんでいました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 竹下家のその後。浜頓別の自宅の現在。娘のブログと骨肉腫の噂

お金を貸すときの信用力の見極め。

お金を貸すときの信用力の見極め。 https://gentosha-go.com 人はどんなときに他人への信用力を確かめる必要がある?

お金を貸すとき。

他人に信用力を確認すべきなのは、お金を貸すとき。また、借金をしても、将来の目処が立ってから返すべき。将来の目処が立ってから返しても早すぎるくらいだ。他人を信用する際には、その人の気持ちではなく、その人の信用力を見極めるべき。町の活性化のためにといった理由は他人の連帯保証人になる理由としては弱い。 詳しくみる ⇒ 参照元: 漂流家族 竹下家の金銭感覚がいかにヤバいか~お金の使い方を変...

竹下家の車上生活の危機

竹下家の車上生活の危機 https://i.ytimg.com 竹下家が埼玉に戻った後、どのような生活を余儀なくされたか?

車上生活の危機

竹下家は埼玉に戻った途端に貯金を使い果たし、車上生活の危機に直面した。退職金100万円の入った預金通帳を片手に、不動産屋巡りをして交渉を続けた結果何とかファミリーマンションの契約にこぎつけたが、家賃の安い埼玉県越谷市を仮移住先として選んだはずなのに、契約できたのは家賃9万円のマンションだった。さらに、浜頓別のマイホームから家電類を持ってこなかったため、布団や日用品以外にもテレビや冷蔵庫などを購入して少ない貯金を使い果たした。 詳しくみる ⇒ 参照元: 漂流家族・竹下家の現在!家系図やその後のエピソードまとめ【大...

埼玉に出戻った竹下家の苦悩

埼玉に出戻った竹下家の苦悩 https://cdn-ak.f.st-hatena.com 竹下家は埼玉に戻ってからどう生活していたか?

ローンと家賃で借金だらけ

竹下家は埼玉に戻ってから、土木の下っ端の仕事に就いたが、すぐに退職。生活費は子供たちがバイトをして稼ぐことになった。長女は北海道で就職していたが、仕事を辞めて埼玉に戻る羽目になり、学生の子供たちは高校を辞めてバイト代を家に入れることになった。しかし、子供たちの協力があっても北海道のローンが払えず滞納し、保証人になっていた桜庭さんの方に滞納分の催促がいってしまった。 詳しくみる ⇒ 参照元: 竹下家のその後。浜頓別の自宅の現在。娘のブログと骨肉腫の噂

佐藤派に所属

佐藤派に所属 https://sankei.com 竹下は、田中角栄の後継者として指名されるまで、どの派閥に所属していたか?

佐藤派

竹下は、佐藤栄作首相と親交があり、佐藤派に所属していた。佐藤派は、自民党内の有力派閥であり、竹下は党内での地位を築いていった。佐藤派からは、田中派が独立し、竹下は田中派に所属することになった。竹下は、田中派内で勉強会「創政会」を結成し、田中派内の反田中派の動きを先導した。 詳しくみる ⇒ 参照元: 竹下登

竹下家の大家族計画や漂流家族との違い、北海道移住の理由、車上生活の危機、埼玉に戻るまでの経緯など、竹下家に関する様々な情報がまとめられています