Academic Box Logo

溝下秀男と野村悟の関係とは?工藤会の歴史から事件まで徹底解説

溝下秀男と野村悟の関係とは?工藤会の歴史から事件まで徹底解説

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、溝下秀男と野村悟の関係について、工藤会の歴史から事件まで徹底解説していきます。

抗争の発端となった事件

抗争の発端となった事件 https://news-postseven.com 元捜査員のA氏が初めて溝下氏と出会ったきっかけとなった事件とは何か

田中新太郎事件

1979年10月に溝下秀男会長が工藤会の中核団体「田中組」から襲撃され、いわゆる北九州戦争が勃発。2ヶ月後、田中組組長・田中新太郎が溝下氏率いる極政会によって射殺される事件が発生し、抗争は泥沼化した。その最中、A氏は溝下氏と初めて出会い、取り調べを担当したという。 詳しくみる ⇒ 参照元: Google

工藤会初代トップ

工藤会初代トップ https://i.ytimg.com 初代工藤会のトップは誰だった?

工藤玄治

工藤玄治は、工藤会を立ち上げた人物であり、初代会長を務めた。彼は、1910年生まれで、16歳の頃から西日本各地の賭場場に出入りしていた。戦前は単独で「工藤組」を名乗っており、子分は草野高明1人だけだったが、終戦後の1946年に正式に工藤組を旗揚げし、小倉競輪場の警備をして、北九州市での勢力を拡大した。一時的に、工藤玄治と子分の草野高明は誤解から仲たがいをして、工藤組(工藤会)と草野一家の間に抗争が勃発したが、1987年に再統合し、工藤玄治は総長の座を草野高明に譲り、総裁の地位に就任した。その後、1990年に三代目の溝下秀男が総長に就任すると、工藤玄治は名誉総裁になり、1996年に亡くなっている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 工藤会の現在!組織図と歴代トップや事件・溝下秀男・野村悟の自...

工藤会会長の強さの源泉

工藤会会長の強さの源泉 https://i.ytimg.com 工藤会会長、野村被告の強さの源泉は何か?

恐怖

工藤会は、暴力団排除を打ち出した企業などを次々に襲い始めた。工藤会会長、野村被告は、組織内で足元を固め、1998年に元漁協組合長を射殺した。2000年に溝下氏が退き、野村被告が四代目工藤会会長に指名された。野村被告は、2003年に男性が経営するクラブに手榴弾を投げ込む事件を起こした。野村被告の強さの源泉は恐怖であり、組を恐怖で支配していた。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元マル暴刑事が語る「工藤会」暗黒の歴史 野村被告も心酔したヤ...

工藤会の5代目会長・田上不美夫

工藤会の5代目会長・田上不美夫 https://newsmatomedia.com 田上不美夫とは誰ですか?

工藤会の5代目会長

工藤会の5代目会長は、1956年5月に北九州市で生まれた田上不美夫です。中学卒業まで北九州市の児童養護施設で育ち、16歳で工藤会木下組に加入しています。その後、4代目会長の野村悟に目をかけられ、大抜擢を受けて、34歳で田中組若頭に就任しました。2000年に野村悟が工藤会の4代目を継承すると、田上不美夫が4代目の田中組長に就任します。2011年には野村悟から工藤会会長の座を引き継いで5代目会長に就任しました。しかし、会長の座に就いた後も工藤会のトップは野村悟のままで、田上不美夫は野村悟に忠誠を誓っていました。2011年、田上被告は野村被告から工藤会の五代目会長の座を譲り受けた。野村被告に引き立てられ工藤会最高幹部になった田上被告。野村被告には絶対的忠誠を誓っていたという。 詳しくみる ⇒ 参照元: 工藤会の現在!組織図と歴代トップや事件・溝下秀男・野村悟の自...

極道、ヤクザの世界での権力の示し方

極道、ヤクザの世界での権力の示し方 https://honz.jp 工藤会三代目会長「溝下秀男」に関わる人物のうち、極道、ヤクザの世界で権力を示すような行動をしていたのは誰ですか?

野村悟

工藤会三代目会長「溝下秀男」に関わる人物の中には、大原麗子、野村悟などがいます。大原麗子は溝下秀男に惚れており、溝下秀男と一緒にいるところがたびたび目撃されていました。また、大原麗子は工藤会3代目会長「溝下秀男」と同じように病死にてこの世を後にしています。野村悟は溝下秀男と仲が良く、草野一家と工藤会を一つにするために共に協力しあって成し遂げたほどの実力があります。野村悟は工藤会三代目会長「溝下秀男」より4代目の就任を受け、4代目の会長となりました。野村悟は、権力を示すかのように上半身裸で刺青の男に囲まれて写真を撮影しており、工藤会の中では後にも先にも野村悟だけだろうと言われています。 詳しくみる ⇒ 参照元: 工藤会『溝下秀男』とは?死因や息子、大原麗子との関係まで【ヤ...

工藤会4代目会長

工藤会4代目会長 https://auctions.c.yimg.jp 「工藤会」という組織の4代目会長になった人物は誰ですか?

野村悟

「工藤会」とは、日本の指定暴力団の一つで、福岡県を拠点に活動しています。初代会長は草野高明、2代目会長は溝下秀男、3代目会長は野村悟、4代目会長は田上不美夫です。野村悟は福岡県小倉市の裕福な農家に生まれ、10代の頃から賭場に出入りし、20代で工藤会系田中組の舎弟となりました。その後、田中組三代目組長に就任し、溝下秀男が3代目に就任した後はナンバー2の座に就きました。2000年には3代目の溝下秀男から会長の座を禅譲され、4代目会長に就任した後は市民に対する攻撃を強めていきます。さらに、溝下秀男が死去した後は、独裁体制を強めていきました。2011年には子分の田上不美夫に会長の座を譲ると、自身は総裁職に就きました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 工藤会の現在!組織図と歴代トップや事件・溝下秀男・野村悟の自...

工藤会3代目会長「溝下秀男」とは

工藤会3代目会長「溝下秀男」とは https://i.imgur.com 工藤会を代表する「溝下秀男」の詳細を教えてください

工藤会の3代目会長として活躍。

工藤会を代表する「溝下秀男」は、1946年生まれの努力家。24歳で自分の組を結成し、33歳で工藤会傘下の「草野一家」に加入。翌年には若頭となり、10年後には工藤会の3代目会長に就任した。工藤会でも様々な名言を残し、信頼も厚い男として知られている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 工藤会『溝下秀男』とは?死因や息子、大原麗子との関係まで【ヤ...

工藤会と草野一家の抗争の始まり

工藤会と草野一家の抗争の始まり https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp 工藤会と草野一家の抗争はどのように始まったのか?

田中新太郎組長が草野一家に射殺されたことで始まった

工藤会と草野一家の抗争は、田中新太郎組長が草野一家によって射殺されたことを契機に勃発した。この事件をきっかけに両者の争いは泥沼化し、福岡県警の元捜査員A氏も極政会の溝下秀男会長と初めて接触することとなった。溝下氏との最初の印象は予想とは異なり、溝下氏は事件を認めるだけでなく、協力的な態度を見せたという。 詳しくみる ⇒ 参照元: 元マル暴刑事が語る「工藤会」暗黒の歴史 野村被告も心酔したヤ...

いかがでしたか? 他の記事も ぜひご覧ください ↓↓