Academic Box Logo

桂宮宜仁親王の事実婚についての真実と若い頃のエピソードを探る

桂宮宜仁親王の事実婚についての真実と若い頃のエピソードを探る

YUKOというライターです。今回は、桂宮宜仁親王の事実婚についての真実と若い頃のエピソードを探っていきます。

桂宮家創設の経緯と宜仁親王の病

桂宮家創設の経緯と宜仁親王の病 https://yuko2ch.net 桂宮宜仁親王は1988年に直宮家以外の宮家創設として最後となる出来事を行った

桂宮家創設

桂宮宜仁親王は1988年に桂宮家創設に成功し、直宮家以外の宮家創設として最後となる出来事を行った。桂宮家創設の祝宴は同年2月20日に開かれ、創設からわずか3か月後の同年5月26日に宜仁親王が意識不明の状態で見つかった。宜仁親王は都立広尾病院に入院し、緊急手術を受けたが、病名は未公表のままだった。急性硬膜下血腫と報道されたが、死亡率はきわめて高い症状である。宜仁親王の右顔面、右肩、腰に打撲があったことから、転倒・転落などの事故があったと考えられている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 桂宮宜仁親王

車いすで公務に復帰した親王

車いすで公務に復帰した親王 https://img.jisin.jp 右半身の麻痺を抱えながらも公務に復帰した親王の名前は?

桂宮宜仁親王

桂宮宜仁親王は1948年2月11日に三笠宮崇仁親王と崇仁親王妃百合子の次男として誕生。1971年に学習院大学法学部政治学科を卒業後、1974年から1985年までNHKに嘱託として勤務した。1988年には独身のまま桂宮家を創設して独立したが、そのわずか5か月後に急性硬膜下血腫で倒れ、以後、車いすでの生活を送ることになった。懸命なリハビリを続け、1991年に公務に復帰し、右半身の麻痺を抱えながらも精力的に活動を続けた。2014年6月8日に66歳で薨去された。 詳しくみる ⇒ 参照元: 桂宮宜仁親王は事実婚でパートナーがいた噂?若い頃エピソードも...

桂宮宜仁親王の闘病生活

桂宮宜仁親王の闘病生活 https://livedoor.blogimg.jp 桂宮宜仁親王が病気になったのはいつですか?

1988年5月26日

桂宮宜仁親王は、1988年5月26日に倒れて緊急手術を受けました。意識が戻ったのは3カ月後であり、体の自由がほとんどきかなくなりました。その後、26年間にわたって闘病生活を送りました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 桂宮宜仁親王は事実婚でパートナーがいた噂?若い頃エピソードも...

桂宮宜仁親王の生涯

桂宮宜仁親王の生涯 https://jiji.com 桂宮宜仁親王は、どのような背景を持つ人物か?

三笠宮崇仁親王の次男。

桂宮宜仁親王は、三笠宮崇仁親王と崇仁親王妃百合子の第2男子として生まれた皇族です。学習院大学で政治学を学び、1972年に卒業しました。その後、1976年に日・豪・ニュージーランド協会総裁に就任し、1979年には大勲位に叙勲されました。1988年に桂宮家を創設し、2014年に亡くなるまでその当主を務めました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 桂宮宜仁親王

桂宮宜仁親王が独身だった理由

桂宮宜仁親王が独身だった理由 https://p6-bk.byteimg.com 桂宮宜仁親王には妻子がいなかったのはなぜですか?

皇族が結婚することは苦しむ人間を一人増やすことだからと述べていたから

桂宮宜仁親王は、1944年に誕生し、1988年に桂宮を創設した皇族です。生涯独身を貫き、妻子はいませんでした。その理由は、「皇族が結婚することは苦しむ人間を一人増やすことだから自分は結婚しない」と述べていたためです。1988年に桂宮を創設しましたが、2014年に薨去し、桂宮家は断絶しました。 詳しくみる ⇒ 参照元: 桂宮宜仁親王

桂宮宜仁親王は、三笠宮崇仁親王の次男として生まれ、桂宮家の創設に深く関わりましたまた、彼の病気についても言及されています